遊部(あそべ)〈上〉 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749534

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 織田信長によって正倉院の秘宝の香木蘭奢待が持ち去られる。東大寺の薬師院院主実祐は、古代より正倉院を守ってきた呪術集団遊部にその奪還を命じる。遊部のスガル、オト、ハエン、お国を始め、松永久秀、その家臣村上新左衛門、明智光秀、堺の豪商で茶の宗主の宗久、誠仁親王、前の関白九条種通、美濃斎藤家家臣の娘お通、信長の嫡男信忠たちが、互いに絡み合って物語を編み上げていく。息が詰まりそうな通奏低音として物語を支配するのは、信長の苛烈さ、酷薄さである。たった一人の男によって、世の中はかくも左右されるものなのであろうか。恐ろしい。

  • 堺が題材の本を集めていたらこの本に出会いました。ほんとに近所の地名とか出てくるので臨場感抜群。ああ、ここで昔こんなことがあったのかと...( = =) トオイメをして読んでます。

  • 蘭奢待を手に入れようとする津田宗及の執念深さや憧憬が、脇役ながらもこころ打たれました。戦国時代でありながら、天平の香りを楽しめた。

全4件中 1 - 4件を表示

梓沢要の作品

ツイートする
×