オルファクトグラム(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.84
  • (49)
  • (48)
  • (60)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 384
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (508ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749855

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • つまらなかった。
    前半はオルファクトグラムの説明ばかりでうんざりだし、犯人=彼の存在や殺人の動機、意味など何もかもが不明瞭。
    下巻でおもしろくなりかけたかと思ったがあえなく失速してツマラナイ結末となった。

  • 手に入れたのは犬以上の嗅覚。この能力があれば何ができるのか。コック?探偵?モルモット?なかなか順風満帆だけど破滅の予感がします。下巻へ。

  • 面白くて、サクサク読めたんだけど後半は、ペースダウンしちゃったな

  • 説明多いけど読みやすい。面白い^^
    匂いが目に視えるってどんな感じなんだろう??体験してみたい。すごく不思議だけど、違和感なく読み進められる。
    下巻も楽しみ♪

  • 下巻に記載

  • 姉の殺害現場に偶然居合わせてしまい、犯人に襲われた片桐稔。
    かろうじて一命は取り留めたものの、通常の”匂い”を失い、イヌ並みの嗅覚を得てしまう。新たな特殊能力に戸惑いながらも、失踪したバンドメンバーと犯人を捜索することに。

    通常のヒトではまずありえない、「匂いを見る」という能力。その発想力とその感覚の描写力はすばらしい。

  • 下巻へ。

  • (上下あわせての感想)
    単純に面白かった。異常な嗅覚を持つ主人公が姉の殺害、友人の失踪から犯人を追い詰めていく。この本の面白いのは、特殊能力に頼るだけで解決するのではなく、特異体質の主人公が苦悩しながら普通の人々にその能力を理解させ調和して生きていこうとするところ。

  •  お気に入りの作家なので読んでみた。上下巻購入。
     相変わらず読みやすい文章ですらすらと読み進めました。必ずしもハッピーエンドで終わらない作品も多いので、どうなるか心配しながら下巻に続く。

  • 時間があったのもあるけど、ほぼ一日で上下巻を読み終わってしまった。
    井上夢人のリーダビリティはハンパない。

全36件中 1 - 10件を表示

オルファクトグラム(上) (講談社文庫)のその他の作品

井上夢人の作品

オルファクトグラム(上) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする