流星ワゴン (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.82
  • (2159)
  • (2831)
  • (2954)
  • (282)
  • (39)
本棚登録 : 17725
レビュー : 2243
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749985

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 重松清を初めて読んだ。
    ドラマで少し見てて、気になっていたから読んだところドラマとはところどころ違うところがあった。
    ただ、ドラマもこの原作も父子が大事なテーマであったし、おそらくあまり父親のことが好きでない男子にはとてつもなく響く小説ではないだろうか。
    救いのあるエンドなのか、ないエンドなのか判断は人それぞれだと思うが、僕はかなり好きな終わり方だった。

  • 危篤の父親、こわれた夫婦関係、親子関係、会社からの肩たたき。

    人生どん詰まりに陥った中年男が、
    オデッセイにのった不思議な親子とともに、
    過去の自分の過ちを紐解いていく旅に出る物語。

    メインの軸は父親と息子のわだかまりの葛藤。父親は子供のことなにもわかってないし、子供は父親の気持ちはわかっていない。
    いつか自分が父親になってわかる事は沢山あるのだろう。

    同じ著者のとんびも似たような話だったような。

    タラレバは無い人生。
    主人公は夢の旅が終わっても、何か変わるようでも、結局は変わらずまた今までの地獄の日常にもどっていく。

    人生は選択の連続とはよく言うものの、
    後悔のない選択をし続けることなんてきっと無理なんだろう。
    ストーリーの終わりも色々と考えさせられる。

  • 死んじゃってもいいかなと思うおじさんがワゴンで過去に行く話。こんな風に時間て意外と複雑にねじくれているのかな、そうだといいなと思う。
    過去に戻ってやり直し系で安易なハッピーエンドなんかには重松清さんなら絶対にしないだろうな!と思っていましたが、さすが!な納得な終わり方。最後には救いというか、ささやかな明かりが見えて物語が終わるし、なんか読了感がいい小説でした。

  • 読もう読もうと思いつつ、重松清作品の"身に迫る痛さ"に尻込みしてずっと後回しにしていたものを、今回やっとの思いで読了。覚悟していたにも関わらず、度重なる現実の滅多打ちにヒィヒィ言わされ、主人公と共に憤ったり悲しくなったりしながら、それでも最後には、冒頭とあまり変わりのない"サイテーでサイアクな現実"でも、それを受け容れて乗り越えようとする父親の姿に、仄かな爽やかささえ感じつつ読み終えることができた。淡々とした描写の中にさり気なく、時には明瞭に、人物の感情を表現する様は見事。そのあっさりさ故に突然胸を突かれて苦しくなるのが、そうそう、これこれ、これが重松清作品だよ、、、という懐かしい感じ。父子メインの話のため、女性の存在感は恐ろしく薄いが、特に気になるほどではない。ただ男女で感じ方が分かれそうな作品だなとは思う。今度は自分が親になってからもう一度読んでみたい。

  • 息子は受験に失敗し家庭内暴力をするように、、、妻には離婚を切り出され。
    会社にはリストラされ、病床の父親を見舞う振りをして御車代を貰わないと生活に困窮する。

    もう死んでもいいかなぁと思った時、5年前に交通事故で命を落とした父子が乗るワゴンに出会う。

    これまで読んだ重松先生のお話の中では一番好きな作品。

    徹底的なハッピーエンドが待っているわけではないが、ほんのり優しい気持ちになれる。

    やり直しの現実で人生が変わるわけではないが、やり直しの世界を体験したことで、主人公自身が少しずつ変わっていった。
    少しずつ変わっていくことで、本当の世界、この本の終わりのその先は、きっと明るい未来が待ってるんじゃないかな?と勝手にほほえましく思いながら本を閉じた。

  • あの時こうしていればという後悔。本当は実際にやり直すことはできないにしても、何気なく見過ごしてしまったその分岐点にもう一度戻って、やれるだけのことをやったら、その後の人生は心持が少しは違うのかも。
    でもなんだかやるせない話でした。自分は親の子供であり、子供の親であり。親の心も子供の心もなかなかわからないものなのだなぁ。

  • 2018年1月28日読了。
    2018年41冊目。

  • 一気に読んでしまったけど、なんだかやるせない話だなぁ。
    あの時ああしとけば良かった、と後になってわかることはよくある。
    だけど、違う選択をしたからといって結果が良くなるとは限らないし、やり直すことは絶対にできない。
    そう思っている「今」も、何年か後にはやり直したくなっているかもしれない。
    だから、「今」を精一杯生きるしかないのだ。
    疲れて、余裕がなくて、面倒くさくて、やりたくない、逃げたいと思ってしまう。でも、その選択は未来に繋がっている。過去の後悔は変えられないが、未来の後悔は変えられるかもしれない。

    あと一つ。
    父と息子の話だから詳しくは説明されなかったが、母親にもたくさんの葛藤があったんだろうと思った。
    主人公は最後まで、なぜ妻があんなことをしたのかわからなかったが、そんな状態になってもまだわからないような夫だからこそ、妻もつらい思いをたくさんしたんだろうなぁ。

  • 「感動もの」という感覚で購入し、暫くのあいだ積読本だった本書。読み出しがとてもカッタルイと思ったが、物語が進むにつれてどんどん引込まれていく。親父を中心に語られる物語は、女性が読むと違和感があるかも知れないが、2児の父親として読むと、妙に納得してしまう。特に、終盤は自然と涙が溢れてしまうという感じ。装丁の暗闇にガソリンスタンドの看板と小さな月(?)が、良く合っている。

  • 38歳ってやはりひとつの人生の分かれ目のようなタイミングなのかもしれないな。そんな気がいたしました。

    昨年(2016年)にドラマ化されたのを見てからの本書読みですが、やはり現実のドラマとはこんな感じなのかもなと読み終わった最初の感想

    あ、といってももちろん、死後の世界の人達やらが登場するこの世界、 「現実のドラマ」なんてわかりゃ~せんのですが。

    筆者は同世代の方でした
    なので、感じかたがなんとなくわかるような気がします。
    この歳で読めて、そして両親、家族も健在でよかった、自分もいままでも、これからもいろんなことがあるだろうけれど、その時を大事にせないかんな
    という思いをもたせてくれる本書でした。

全2243件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

重松 清(しげまつ きよし)。1963年、岡山県生まれの小説家。早稲田大学教育学部卒業。
出版社勤務を経て、フリーライターとして独立。ドラマ・映画のノベライズなどを手がけたのち、1991年『ビフォア・ラン』で小説家デビュー。
1999年『エイジ』で山本周五郎賞、2000年『ビタミンF』で直木賞、2002年『流星ワゴン』で「本の雑誌年間ベスト1」、2010年『十字架』で吉川英治文学賞、2014年『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。
山本周五郎賞、講談社ノンフィクション賞選考委員を務める。2017年、早稲田大学文化構想学部客員教授に就任。
『とんび』、『青い鳥』、『流星ワゴン』をはじめ、多くの代表作がドラマ化、映画化されている。

流星ワゴン (講談社文庫)のその他の作品

流星ワゴン 単行本 流星ワゴン 重松清

重松清の作品

ツイートする