空を駆けるジェーン (講談社文庫)

制作 : S.D. シンドラー  Ursula K. Le Guin  S.D. Schindler  村上 春樹 
  • 講談社
3.60
  • (15)
  • (10)
  • (36)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 164
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (84ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062750325

作品紹介・あらすじ

村上春樹訳“空飛び猫”シリーズ

翼を持った6匹の猫たちは、納屋の前の庭でのんびり平和に暮らしていました。ところが、ジェーンは同じことのくりかえしでしかない毎日に物足りなさを感じていました。彼女はある日、冒険に出かけます。いくつもの農場の上を飛び、たどり着いた都会で彼女を待っていたものは。『空飛び猫』シリーズ第4弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「空飛び猫」シリーズの4作目です。
    トラウマを克服し、活発な性格を取りもどたジェーンが、田舎での「退屈な」生活に飽き、冒険に出ます。

    解説にもありましたが、これまで都市生活への批判と田園生活への礼賛が根底に描かれていたことと異なり、都市のエネルギーに惹かれるジェーンを通して、都市生活の「良さ」も感じることができます。
    ただ、ジェーンを見世物にしてお金を儲けようとしたり、彼女の気持ちを考えずに振る舞う人間たちの姿への嫌悪を強く感じる作品でもあります。

    物語そのものはシリーズの他作品と同じようにあたたかく、綺麗な世界観のなかで展開されていて、素晴らしい童話だと思います。

  • シリーズ4作目!
    今回はジェーンの都会への冒険。
    好奇心旺盛で若いジェーンは、都会での色んな経験から人生を学んでいくんだね!

    続編、もしくは大人向けの長い小説出して欲しいなぁ。

  • ●内容紹介
    村上春樹訳“空飛び猫”シリーズ
    翼を持った6匹の猫たちは、納屋の前の庭でのんびり平和に暮らしていました。ところが、ジェーンは同じことのくりかえしでしかない毎日に物足りなさを感じていました。彼女はある日、冒険に出かけます。いくつもの農場の上を飛び、たどり着いた都会で彼女を待っていたものは。『空飛び猫』シリーズ第4弾。

    ●内容(「BOOK」データベースより)
    翼を持った6匹の猫たちは、納屋の前の庭でのんびり平和に暮らしていました。ところが、ジェーンは同じことのくりかえしでしかない毎日に物足りなさを感じていました。彼女はある日、冒険に出かけます。いくつもの農場の上を飛び、たどり着いた都会で彼女を待っていたものは。『空飛び猫』シリーズ第4弾。

  • 黒猫の妹ジェーンが主人公。好奇心旺盛な彼女は、退屈な牧場を抜け出し、都会へと飛び立つ。そこで出会う人間たち。その強欲な文明社会経に批判も織り交ぜつつ、ジェーンの一大冒険譚が繰り広げられる(おおげさ)。4冊セットで子供にどうぞ。

  • シリーズものは長ければ長いほど感情移入してしまい、
    続きが読めるというだけで、ついワクワクと楽しい心持ちになってしまうのですけれど、
    とりわけ訳注・あとがきが面白く、興味深かったこのシリーズには、
    本当に楽しませてもらいました。

    「jane on her own」を「空を駆けるジェーン」と訳すセンス。
    そもそも「空飛び猫」って。「空飛び」って。今更ですけれど。
    続編できるといいのにな。期待しています。

  • 空飛び猫シリーう第4作目。ジェーンが都会に出て、大冒険をする。

  • 第四作『空駆けるジェーン』では、アレキサンダーのおかげですっかりおしゃべりができるようになったジェーンが自由を求め、たった一人で都会へ飛び立っていく。空を飛べる猫「ミス・ミステリー」としてお茶の間の人気者になるが、おじさんはジェーンを部屋から出さないように窓を閉めきっており、そこでの生活は籠の中の鳥のように自由がない。
    隙を見つけてなんとか逃げ出し、ビルの屋上でおばあさんと一緒に幸せに暮らしているお母さんと再会する。

    都会で味わった恐怖をすっかり忘れてしまったのか、自我に目覚めたジェーンの颯爽とした姿がまぶしい。

  • (2006.10.08読了)(2006.03.08購入)
    「空飛び猫」シリーズ第四作です。原題は、Jane on her ownで、「自立するジェーン」ということだそうです。
    アレキサンダーのおかげで、しゃべれるようになったジェーンが今回の主役です。
    「丘の上農場」で、平和な日々が過ぎてゆきます。ジェーンは、「こうして自由に飛ぶことができるというのに、どうしてわたし達は同じところにじっとしているの?どうして遠くまで行って、いろんなものを見ようとしないの?」とたずねました。(9頁)
    ハリエットの答えは、「もし人間が翼を持った猫を見つけたら、すぐに捕まえて動物園のオリに入れてしまうはずよ」でした。ジェームズの答えは、「あるいは実験室のオリにね」でした。セルマの答えは、「他のみんなと違っているというのは、難しいことなのよ。そして時には危ないことでもあるの」でした。
    ジェーンは「でもわたしは難しいことが好きなんだ。危ないことだって好きなんだ。ここでの生活って、気が遠くなりそうなほど退屈だわ」と独り言を言いました。
    ジェーンは、冒険の旅にでました。翼のない猫には、仲間と見てもらえず、人間はジェーンを不思議がり捕まえようとします。犬には吠えられ、鳥にも仲間と見てもらえません。
    食物と水が必要になり、「さあ、中にお入り」と手招きしているように開いているアパートの窓から飛び込みました。背の低い、丸ぽちゃのポッパと言う男の人の部屋でした。
    ミルクを飲ませてくれ、ベッドも買ってくれ、かごも用意してくれました。ジェーンは見世物にされ、新聞に掲載されたり、テレビに映されました。
    自由を奪われたことに気付いたジェーンは、ポッパに気付かれないように訪問客が開けたドアから逃げ出しました。
    ジェーンは、母親のところに行くことにしました。母猫の飼い主のおばあさんは、母猫と同様ジェーンもかわいがってくれました。
    おばあさんは、翼のある猫を見たなんてほかの人に言っても、「年を取って、すっかりぼけちゃったな」といわれるだけなので、誰にも言わないことにしました。
    それ以後は、母ねこのところに、兄さんや姉さんがやってきたり、ジェーンが丘の上農場に戻ったりして過ごしました。

    人があれこれ言っても、自分で体験してみないと自立はできないということでしょうか?

    ☆関連図書(既読)
    「闇の左手」U.K.ル・グィン著・小尾芙佐訳、ハヤカワ文庫、1978.09.30
    「影との戦い ゲド戦記」ル・グウィン著、岩波・同時代ライブラリー、1992.03.16
    「空飛び猫」ル=グウィン著・村上春樹訳、講談社文庫、1996.04.15
    「帰ってきた空飛び猫」ル=グウィン著・村上春樹訳、講談社文庫、1996.11.15
    「素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち」ル=グウィン著・村上春樹訳、講談社文庫、2000.08.15
    「影との戦い ゲド戦記Ⅰ」ル=グウィン著・清水真砂子訳、岩波書店、2006.04.06
    「こわれた腕環 ゲド戦記Ⅱ」ル=グウィン著・清水真砂子訳、岩波書店、2006.04.06
    「さいはての島へ ゲド戦記Ⅲ」ル=グウィン著・清水真砂子訳、岩波書店、2006.04.06
    「帰還 ゲド戦記Ⅳ」ル=グウィン著・清水真砂子訳、岩波書店、2006.05.10

    (「BOOK」データベースより)amazon
    翼を持った6匹の猫たちは、納屋の前の庭でのんびり平和に暮らしていました。ところが、ジェーンは同じことのくりかえしでしかない毎日に物足りなさを感じていました。彼女はある日、冒険に出かけます。いくつもの農場の上を飛び、たどり着いた都会で彼女を待っていたものは。『空飛び猫』シリーズ第4弾。


  • すき。

    可愛いけん好き

  • 空飛び猫シリーズ。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アーシュラ・クローバー・ル=グウィン(Ursula K. Le Guin)
1929年10月21日-2018年1月22日
ル・グィン、ル=グインとも表記される。1929年、アメリカのカリフォルニア州バークレー生まれ。1958年頃から著作活動を始め、1962年短編「四月は巴里」で作家としてデビュー。1969年の長編『闇の左手』でヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞。1974年『所有せざる人々』でもヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞。通算で、ヒューゴー賞は5度、ネビュラ賞は6度受賞している。またローカス賞も19回受賞。ほか、ボストン・グローブ=ホーン・ブック賞、ニューベリー・オナー・ブック賞、全米図書賞児童文学部門、Lewis Carroll Shelf Awardフェニックス賞・オナー賞、世界幻想文学大賞なども受賞。
代表作『ゲド戦記』シリーズは、スタジオジブリによって日本で映画化された。
(2018年5月10日最終更新)

空を駆けるジェーン (講談社文庫)のその他の作品

空を駆けるジェーン 単行本 空を駆けるジェーン アーシュラ・K.ル=グウィン
Jane on Her Own: A Catwings Taleの詳細を見る 図書館 Jane on Her Own: A Catwings Tale アーシュラ・K.ル=グウィン
Jane on Her Own: A Catwings Tale 図書館 Jane on Her Own: A Catwings Tale アーシュラ・K.ル=グウィン

アーシュラ・K.ル=グウィンの作品

ツイートする