半落ち (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.69
  • (635)
  • (1194)
  • (1293)
  • (139)
  • (31)
本棚登録 : 6810
レビュー : 868
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062751940

作品紹介・あらすじ

「妻を殺しました」。現職警察官・梶聡一郎が、アルツハイマーを患う妻を殺害し自首してきた。動機も経過も素直に明かす梶だが、殺害から自首までの二日間の行動だけは頑として語ろうとしない。梶が完全に"落ち"ないのはなぜなのか、その胸に秘めている想いとは-。日本中が震えた、ベストセラー作家の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初から最後まで、一つの謎をずっとひっぱられてじれったいが、ラストで感動した。「そんなことか」と言う人も多いと思うけど、誠実で頑なで聖人みたいな梶さんだからこそ納得かと。それと主人公・梶さんの一人称が一切ないのが特徴的でまた良い。梶さん目線が無いのに、こんなに人柄が伝わるのもすごい。

  • 長い。警察や検察やいろんな組織の内情が、これでもか書かれている。そんなに大変か、組織は。
    謎ときも、あれだけ引っ張ったのだから、もっと驚かせて欲しかった。

  • 同じ場面を違う人の視点で繰り返し描いていて…退屈してしまった。題材がそれなだけに、書き方が調書っぽくて深みがなく…と、思ったら、筆者さん、新聞記者出身なんですね。
    他の作品もこんな感じなのかなぁ。読みたい作品いっぱいあるんだけど、書き方によっちゃ堪能できないかも。(あくまで個人的に)

  • 映画化?ドラマ化?したの知ってたけど、見てない。
    でも、寺尾聰さんが主要キャストだったのは知ってたので、読み始めてすぐ「なんとなく雰囲気あってるなぁ」と思った。

    最初は時系列に沿って、関わった人物の視点で描かれていくので理解しやすかった。
    途中まですごいおもしろかった。

    でも、結末がなぁ、というか、理由がなぁ・・・。
    ちょっとありえないというか、現実味が薄すぎたので、内容おもしろかったけど評価としては3を付けました。

  • 現職警官の梶はアルツハイマー病の妻を自ら殺めてしまい、
    警察に自首する。
    しかし、殺害から自首まで空白の2日間が存在し、
    その梶の行動により警察は隠ぺい工作を行う。

    梶に纏わり刑事、検察、報道、弁護士、裁判官、刑務官と様々な人が関わり梶の行く末を見守る。

    のだが、なんか盛り上げた割に最後の結末はそれだけ?って感じがしました。物語の流れとしては非常にいい話で結末も納得できますが、最後まで空白の2日間を特別なものと引っ張ってきた割に、結末が物足りない印象でした。

  • イマイチだった。ちょっと文体も堅苦しく感じて、あんまり合わなかったなぁ。

    梶警部による妻殺しの空白の二日間の謎を巡る物語。序盤から終盤までずっと謎が引っ張られて…、その謎はラストになってようやく判明するのだけれど、個人的にはう〜んという感じで腑に落ちないというか…、えっ!?ここまで引っ張っておいてそれだけ?って感じもしたな。

    作中も伏線が張られているわけでもないし、空白の二日間以外にミステリーがあるわけでもなし。謎の解明まで、事件に関わる人たちの人間ドラマが展開されるんだけど、組織間の対立とか、社会的地位、名誉、世間体、出世…、みたいな軽薄なドラマの数々にシラケてしまった。これらのドラマを通じて、梶警部の人物描写をしてるんだろうけど、浅すぎて梶警部に全く感情移入できなかった…。

  • 様々な人の視点からひとつの事件、ひとりの犯罪者の謎を追っていく。構成がすごく良かった。
    最初の刑事さんが、取り調べや捜査の中で全ての謎を解決してしまっていたら、ありきたりな話になってしまっていたのだろうと思う。
    話の前半はタイムリミットがあってハラハラしたが、途中からゆったりした流れで話が進んでいったので、いまいち盛り上がりに欠けた気がした。

  • 横山秀夫さん初めて読んだのだけど、想像以上にぐいぐい来て、語りがドラマチックで骨太で、すごく面白かったー!
    警察小説が苦手な人にこそ読んでほしい、と言われるわけがよくわかった。警察小説なのだけど、エンターテイメントでありロマンなのだ。

    一つのホワイダニット(「なぜ」)をめぐって、各章で語り手が変わっていく形式の物語なのだが、特に前半の章の語りは緊張感があり、ガツガツしていてしびれる。
    それぞれの立場から見たしのぎを削る攻防戦でありながら、個人のプライドと葛藤をめぐる熱いドラマに仕上がっている。
    それだけに、後半はやや尻すぼみになってしまう感じは否めないのだが、最後まで引っ張る手腕はお見事。謎は読んでいるうちになんとなく予想はついてしまったものの、それでも真相が明らかになった時には、思わず感動してしまった。

    ところで、ドラマチックな語りといい、キャラの立ち方といい、どことなく司馬遼太郎と連想したのは私だけだろうか。。

  • 「あなたは、誰のために生きているのか?」

    7年前 13歳の息子を「急性骨髄性白血病」でなくす・・・
    そして、その息子の20歳の誕生日に墓参りをした・・・

    妻がアルツハイマーになり、・・・

    アルツハイマー・・・
    意識が正常なとき、記憶を喪失するとき
    その二つが交互にやってきたとき、
    自分が食べたことを忘れてしまう・・
    自分のやったことを忘れてしまう・・
    人間が壊れていく
    殺してほしいと念願する・・・妻
    その妻を殺したのは、夫。
    嘱託殺人を起こしたのは、県警本部教養課次席 梶警部
    温厚。生真面目。年齢が49歳。

    それに関わる取り調べする
    刑事、検事、新聞記者、弁護士、裁判官、刑務官
    それぞれの重い人生がある。

    梶の澄んだ目に、
    修羅場を経験してきた人たちは、なにか心を打たれる。
    妻を殺して、自首するまでの空白の2日間。
    梶は一体なにをしていたのか?
    新宿歌舞伎町に行った?・・一体なぜ

    人間50年と梶は、鮮やかに書をしたためていた。

    「人間50年、化天の内を比ぶれば、夢幻のごとくなり。
    一度生を受け、滅せぬもののあるべきか」幸若舞 敦盛
    ・・・人生の儚さをうたう

    梶は、自殺を選ばず、自首をした。
    汚辱にまみれ、警官としての尊厳と誇りを
    引き裂かれることを覚悟して、
    自分が、あと1年だけ、生きている価値がある・・・・

    この物語の主人公 梶は、実に言葉が少ない・・・
    妻を殺した自分に対して、もうかたる資格がない・・・
    淡々と自分の残りの人生を過ごしていく・・

    ・・・・結末は、予想を超えていた。
    しかし、ちょっと物足りない・・オチが半分かな。

    読み終わったあとの圧倒的な存在感のあるこの作品
    「あなたは、誰のために生きているのか?」
    という問いかけは、今の自分のこころを突き刺す・・

    すべてに納得がいくことが、「完落」というならば、
    人生には、「半落」しかないかもしれない・・・
    残りを解明していくことが、生きている証なのだろうか。
    60年をもうとっくに越えた自分は、
    まだ青春まっただ中である。

  • 面白い。最後にすっきりした。

全868件中 1 - 10件を表示

プロフィール

横山 秀夫(よこやま ひでお)
1957年東京都生まれ。国際商科大学(現・東京国際大学)卒業。1979年に上毛新聞に記者として勤務。『ルパンの消息』でサントリーミステリー大賞佳作を受賞したのをきっかけに退社。以後フリーランスライターとして活動。
1998年「陰の季節」で第5回松本清張賞を受賞し小説家デビュー。2000年『動機』で第53回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞。2002年『半落ち』が「このミステリーがすごい!」1位となり、第128回直木賞候補作となるが、そこで起きた様々な論議から、直木賞決別宣言を出すに至る。『半落ち』は2004年に映画化されて高い評価を得ている。
その後、2004年『クライマーズ・ハイ』で第1回本屋大賞第2位、映画化されヒット。2013年刊行の『64(ロクヨン)』で第10回本屋大賞第2位、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」各1位を勝ち取り、大ヒットとなった。

半落ち (講談社文庫)のその他の作品

半落ち (講談社文庫) Kindle版 半落ち (講談社文庫) 横山秀夫
半落ち 単行本 半落ち 横山秀夫

横山秀夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

半落ち (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする