神の手 (下) (講談社文庫)

制作 : 相原 真理子 
  • 講談社
3.13
  • (17)
  • (24)
  • (119)
  • (20)
  • (7)
本棚登録 : 527
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062752688

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2005/12/22購入分

  • 初めてこのシリーズを読んだけど、人間関係は理解できた
    場面がころころ変わりすぎて混乱した
    多重人格オチはいいのかなー?とは思う
    犯人が主人公サイドに絡んでくる理由がよくわからなかった
    ぶっちゃけ読んでてダレた

  • もう検屍官ケイ・スカーペッタシリーズはミステリーではなくなりましたね。かと言ってどのジャンルに分類されるのかは分からないけど、なんかもう単純にただの「小説」。推理したり、展開を予想して楽しんだりということはできなくなりました。

    最後に一気に話をオチまでもっていく作者の技量は変わりませんが、これまでのシリーズに比べてもオチの弱さというか、上巻であれだけ滔々と述べてきた「赤い手」の伏線はどこに行ったのよ、どうして「赤い手」が必要だったのよ、というところについてはほとんど全くと言っていいほど触れられず。一応、作品としてページが尽きているのでこの事件についてはオチがついたということになるんでしょうが、かなり釈然としないオチになってます。

    そして、それ以上に読むのがシンドくなっている理由に、第一作の頃からずっと登場している主要人物たちと、主人公であるケイとの関係がどうもギクシャクしてきたというのがあります。人間、長く付き合えば付き合うほど関係が複雑になって愛憎入り混じるのも分かるんですが、それを上下巻合計700ページ超にわたって繰り広げられるとやっぱり辛い。

    この先のシリーズで、初期の作品を彷彿とさせるような緊迫感やスピード感、軽妙な登場人物間のやり取りが復活するようなら読了後に本棚に残してもいいかなーと思いますが、今作と前作の『痕跡』あたりからは、読んだら手元に残さず売るパターンでもいいかな、という感じです。
    あ、でも、海外ドラマ特有のドロっとした人間関係が好きな人なら、むしろこのぐらいの面倒臭さが丁度いいのかも。その辺が好きならどうぞ。

  • なんだか今回はなかなか作品に入り込めなかった。お馴染みの登場人物達の人間関係がギクシャクしていたせいか?
    後半になって、バラバラだった事件がにわかに関連性を見いだされて徐々に繋がっていく辺りはすごく読みごたえあってよかったんだけど、最後の事件の真相解明部分が全然物足りなく感じた。消化不良。記憶力の問題か?
    そしてルーシー、脳腫瘍って!?大丈夫なの?

  • 今までと少し毛色の違った結末。とは言え相変わらず傷つけ合うケイの人間関係。
    ルーシーについては中途半端で終わってしまったけど、いつ居なくなってもおかしく無いような扱い。うーん。
    シリーズモノならではの面白さより不快さが大きくなったらもう読まないかも。

  • なんか、釈然としない。

    以前は、ドロドロしながらも、これほどドンヨリとした感じにはならなかったのに。やっぱり、ベントンやマリーノとの関係が崩壊しかかっているのが原因なのかな。

    それと、ルーシーも厄介なことになっている模様。大金持ちなのはいいけど、人嫌いなのだな。

  • (上巻より)

    誰か専門家に、作者の心理状態を解説してほしい。

    前回ひどい目にあったマリーノにできた彼女、
    今度こそうまくいってほしい。

  • えっΣ(゚Д゚)
    これだけのページ使っても全く何も解決しない?!
    しかも、ベントンとギクシャクしてるのもなにもかもルーシーのせい?!
    きっかけはうかつだったルーシーが作ったけど、あまりにもルーシーが可愛そうな気が。。。。

  • ≪あらすじ≫
    被害女性の体内で発見された薬莢から、凶器は二年前に警察が別の事件で押収した銃であることが分かる。新たな殺人が起こり、捜査が進展しない一方で、スカーペッタとベントンの信頼関係に重大な危機が。固い絆を引き裂く"許されざる裏切り"とは何か!驚愕必至、予測不能の最終章ですべてが明かされる。
                                 (BOOKデータベースより)

  • 駄作

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

マイアミ生まれ。警察記者、検屍局のコンピューター・アナリストを経て、1990年『検屍官』で小説デビュー。MWA・CWA最優秀処女長編賞を受賞して、一躍人気作家に。ケイ・スカーペッタが主人公の検屍官シリーズは、1990年代ミステリー界最大のベストセラー作品となった。他に、『スズメバチの巣』『サザンクロス』『女性署長ハマー』、『捜査官ガラーノ』シリーズなど。

「2015年 『標的(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パトリシア・コーンウェルの作品

神の手 (下) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする