一号線を北上せよ<ヴェトナム街道編> (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.74
  • (50)
  • (82)
  • (89)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 573
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062752718

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホーチミンもフエもホイアンもハノイもホアビンも行ったことあったから、記憶と言葉を重ねて合わせて読んでいたらすごい没入感を味わえた。ホアビンとホアビンホテルを間違えた話とか思わず笑ってしまった(笑)。やっぱりこの人の紀行文はすっと染み渡ってくる。

  • 自分が旅をしてるかのような錯覚に陥る。
    ツアーでは感じられないバックパックの旅ならではのトラブル、出会い、発見が読者をもワクワクさせてくれる小説でした!

  • ベトナム行く前に読んで、旅先にも持っていった。
    同じように1号線をホーチミンからハノイまでバスで縦断した。
    この本なしではおいらの旅はなかったな(^-^)

  • 年を重ねてもこのような旅が出来る精神力、好奇心、そして何より体力に羨ましさを感じます。名著「深夜特急」を彷彿させる語り口は健在で、同じ道程を辿りたくなりますね。

  • #115

  • 沢木耕太郎さんの著書で初めて読んだ本。

    それまで恥ずかしながら沢木さんのことは知りませんでした。

    自然体な旅のスタイルがものすごくかっこよくて、まねしたくてもまねできない。

    またベトナムに行きたいです。

  • 旅というものがなんたるかを考え直すきっかけになった。まだ成長途中の今と、これからと。

  • 沢木耕太郎が、『深夜特急』の旅から20〜25年を経て落ち着きを放った旅を繰り広げます。若い頃の苦悩や葛藤を越え、旅に対する大人の考察がなされているように感じました。

    ベトナムを扱う2編(『沢木耕太郎ノンフィクション?には3編目も収められていますよね)には、馴染み深い地名がたくさん出てきて、5年前に訪れたハノイやサイゴンを懐かしく思い出しました。

    一号線はどこにある?
    メコンの光
    キャパのパリ、あるいは長い一日
    象が飛んだ
    鬼火
    ヴェトナム横断
    落下と逸脱
    記憶の樽

  • この本を読んでベトナムに旅行してみた。ほぼ同じルート。
    著者の体験と自分の体験はまったく違うものではあるが、同じくらい濃ゆい体験だったはず。
    旅行のイメトレというか姿勢を学ぶということは重要だと思いました。

  • かつて「深夜特急」に夢中になった人、そして一度でもベトナムを旅した人は必読!ベトナムの街並、人の生活、たちこめる熱気や空気感までもが再現されています。特にホイアンの章は、私が泊まったホテルに著者も宿泊していてうれしかった。

著者プロフィール

沢木 耕太郎(さわき こうたろう)
1947年東京生まれのノンフィクション作家、小説家。横浜国立大学経済学部卒業。大学卒業後、ルポライターとして活動、注目を集める。
浅沼稲次郎暗殺事件で刺殺された浅沼と、その犯人である少年を描いた『テロルの決算』で第10回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。以後、バックパッカーのバイブル『深夜特急』をはじめ、スポーツや旅などを題材にした多数のノンフィクション作品、小説などを発表。2000年に初めての書き下ろし長編小説『血の味』を刊行し話題となる。
2003年これまでの作家活動で第51回菊池寛賞、2006年 『凍』で第28回講談社ノンフィクション賞、2013年 『キャパの十字架』で第17回司馬遼太郎賞をそれぞれ受賞。

沢木耕太郎の作品

ツイートする