アンをめぐる人々 (講談社文庫―完訳クラシック赤毛のアン 10)

  • 講談社
3.35
  • (3)
  • (3)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 70
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062753067

作品紹介・あらすじ

始まる、あなたの物語。
平穏な日々にもドラマがある。好評シリーズ最終巻

『アンの友だち』に続いて、アボンリーのユニークな村人たちのエピソードが、しゃれた筆致で綴られる。夫婦に、親子に、姉妹に、恋に恵まれずに晩年を迎えた人々に……頑なな人たちにつぎつぎ起こる15の愛の奇跡。愛の神は、誰をも謙虚で素直にさせる。好評完訳版シリーズついに完結。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いろんな人生のハイライトが詰め込まれた巻
    でも意外と人生のどこを切りとってもそれはそれでステキなストーリーになるかもしれない
    しかしラストがそのお話とは!
    苦い苦い気持ちになる

    しかし、この時代は今よりずっと保守的な割に、結婚しないひとがたくさんいるのが意外だった
    なんとかかんとか嫌いじゃなければ夫婦になるのかとばかり思っていたけど、そうでもないみたい
    神の思し召しみたいなところが強かったのかなあなど思う

  • 『アンの友だち』に続いて、アボンリーのユニークな村人たちのエピソードが、しゃれた筆致で綴られる。夫婦に、親子に、姉妹に、恋に恵まれずに晩年を迎えた人々に・・・頑なな人たちにつぎつぎ起こる15の愛の奇跡。愛の神は、誰をも謙虚で素直にさせる。好評完訳版シリーズついに完結。

    9巻と同じ完全に短編集です。1つだけアンが語り手ですが、残りはすべてブライス家以外のお話。アンやギルバートたちのお話を求める方には物足りないですが、それでもアボンリーで繰り広げられるおかしい話、きゅんとする話、モンゴメリーの物語の幅が本当に広いことを実感します。一番好きなのはロバート兄さんのお話。地位や名誉ではなく、どんな風に生きるのかで人生は変わる。深いなあ。買った当時は唯一の完訳版という触れ込みでしたが、新潮から新たに『アンの想い出の日々』が出版されたので完全というわけにはいかなくなってしまいました。でも個人的には読みやすい訳、装丁ともに大好きなのは講談社版です。ぜひとも想い出の日々も掛川訳で読んでみたい。

全1件中 1 - 1件を表示

ルーシー・モード・モンゴメリーの作品

ツイートする
×