ジャンヌ・ダルクまたはロメ (講談社文庫)

著者 : 佐藤賢一
  • 講談社 (2006年2月16日発売)
3.22
  • (4)
  • (14)
  • (37)
  • (8)
  • (0)
  • 本棚登録 :131
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062753180

ジャンヌ・ダルクまたはロメ (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 佐藤賢一氏といえば長編。それも分厚い作品ばかりという印象があります。本屋さんで値段を見て、ちょっと躊躇してしまうような(笑)。
    この作品は長編(集英社文庫;\705+\648=\1353)の「傭兵ピエール」でも中心的役割を持つジャンヌ・ダルク物2編を含む短編集です。
    短編もいけますね。比べてどうだと問われれば、やはり長編の方に軍配が上がると思いますが、短編もなかなかのものです。ちょっと、気取りすぎてる感じもありますけど。
    西洋歴史物という日本では馴染みの薄い分野に取り組まれている佐藤さんの入門書にはもってこいかも知れません。

  • 再読。

    まだまだ西欧気分に浸かっていたくてのチョイス。
    歴史の流れを分かってないので短編はちと厳しい。
    理解するのに必死で面白さを味わえない不甲斐なさ。
    そんな中でも「技師」はお気に入り。

  • 中世ヨーロッパを舞台にした歴史小説の短編集。表題の通り、ジャンヌ・ダルクにまつわるものと、レオナルド・ダ・ヴィンチにまつわるものが多いが、これらの話はおもしろさとしてはイマイチ。個人的に一番面白いと思ったのはイベリコ半島はカスティーリャとアラゴンを舞台にした騎士の物語「エッセ・エス」。軽妙な語り口と爽快な物語はかなり良い。

  • フランス、イギリス、イタリア、スペインが舞台の短編集。
    解説にも書かれているように登場人物やキーワードを言ってしまうと全てのネタバレになってしまう危険がある。

  • 2013.05.23
    再読

  • 裁かれるジャンヌ・ダルクは、ほんとうに神より遣わされし者なのか?国王シャルル七世の寵臣ジョルジュは、自らの地位を脅かしかねぬ女の素生を洗い出そうと心を砕く。そして最後に彼が気づいたある戦慄すべき事実とは…。西欧中世史に材をとった表題作のほかに六篇を収める、才気横溢の傑作短篇集。

  • 歴史小説。

    小さい頃読んだジャンヌダルクの伝記漫画を思い返しながら読みました。
    どこまでが史実として確かなのかはわからないけれど、楽しめた。

    後半はレオナルド・ダ・ヴィンチの話があって、色んな絵を見てみたくなった。

  • 世界史知ってたらもっとおもしろいんだろーなぁ。なんだか教科書読んでる気分でした。

    小難しい単語(名前とか専門用語とか)が多かったけど短編だからさらっと読めた。ちょっとこの話は好きじゃないなと思ってもあっさり終わるから楽ではあった。

    ただ逆に気に入った話だと、さらっと終わり過ぎて続きが気になる笑 わがままかな…

  • さくさく読める短編集。ジャンヌダルクの話とダビンチの話が中心。
    カルチェ・ラタンよりはよかったけれど、王妃の離婚には遠く及ばず。短編の限界かな。ト書き(というのかな)の部分にも、登場人物の発言が盛り込まれるので慣れるまではちょっと読みにくい。そこが彼の持ち味なんでしょうが。
    「ジャンヌ・ダルクまたはロメ」は、ジャンヌダルクとは何者だったのかという謎に挑んでいて、ほうほうという感じ。権謀術数が渦巻く宮廷の状況と絡められていて面白かった。ただ、オルレアンだのアンジューだの混乱したけ。カルチェ・ラタンに通ずるところがあるかな。
    一番よかったのは、「エッセ・エス」。スペイン王家の話だけれども、中世の冒険ものっぽく、少しコミカルに騎士道ものっぽく描かれていて、ハッピーエンドだしとてもよかった。

  • の通りフランスの救国の聖女ジャンヌ・ダルクを題材とした小説なんだけど、時の筆頭侍従官が自分の権勢を脅かす存在ではないかとジャンヌの正体を探ろうとするという切り口が面白かった。

    けど、やはりこの人の本領が発揮されるのはガッチリ長い長編だなぁ。
    同じジャンヌものでは同氏の『傭兵ピエール』の方が面白かったです。

全18件中 1 - 10件を表示

ジャンヌ・ダルクまたはロメ (講談社文庫)のその他の作品

佐藤賢一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 賢一
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ジャンヌ・ダルクまたはロメ (講談社文庫)に関連する談話室の質問

ツイートする