熊の場所 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (99)
  • (178)
  • (276)
  • (16)
  • (0)
本棚登録 : 1150
レビュー : 171
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062753319

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 熊の場所が好きすぎる!恐怖を感じて逃げたくなった時、いつも心の中で思い返す大切な短編。

  • 書店でバイトしていた頃、年上の後輩に勧められて購入。
    正直、舞城は代表作とされる「阿修羅ガール」の時点でいまいちピンと来てなくて、この作品も1年近く積読状態にあったんだけど、読んでみたら、どの作品にも愛と暴力が溢れていて、良いじゃないですか!

    短編がいいのかな、舞城は?

  • 「熊の場所」「バット男」「ピコーン!」の3作品が載った短編集。抑圧と噴出があって、最後には何も残らないんだけど、ちょっとスッキリするような感じ。グロだけど。悲惨だけど。サクサク読めて面白かった。

  • 高校の頃に読んだ本。
    文庫化したので社会人になって読み直してみた。
    自分の弱さと向かい合う話。
    弱さに立ち向かうことで恐怖が無くなるか答えは出ないけど、
    立ち向かわないといつまでも恐怖はついて回る。
    人生が引き分け試合っていうのはいい言葉。
    それだけで終わらないところが舞城最高。

  • 猫殺しのまー君。可愛い表紙にだまされていろんな人が読めばいいのに。

  • 舞城王太郎の第3作。
    相変わらずの疾走ぶりと破天荒さが素晴らしい。
    メタファーを駆使しているようであり、あくまでストーリーを重視しているようであり。

  • もともと、リズミカルでつい頭で音読してしまう文章に惹かれていたけれど。
    近々に読んだ「阿修羅ガール」と「九十九十九」がそんなでもなくて、あれ?という感じだった。でも、「熊の場所」をふと手に取ってみたら、やはりとても好みなリズムが展開していて、一瞬でご機嫌に。w

    特に「熊の場所」が。グッド。

    苦手な暴力的シーンも、筒井康隆にも感じるようなポップさとリズム感でいつのまにかそのままシーンに必要な情報として浸透して来る。嫌じゃない。(他の表現との温度差が見えてしまう/誇張されているものは苦手なようだ)

    超、好み。超、オヌヌメ。

  • <object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/shKb9sf1dMk&hl=ja&fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/shKb9sf1dMk&hl=ja&fs=1" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="425" height="344"></embed></object>

    <b>■文学
    現代文学という事1「熊の場所」</b>

    <object width="345" height="275"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/shKb9sf1dMk&hl=ja&fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/shKb9sf1dMk&hl=ja&fs=1" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="345" height="275"></embed></object>

    <iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yokohamaoyafu-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4062753316&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

    ////////////////////////////////////////
    今年の目標の1つ、動画作成。
    紙とかネットとか、
    静的コンテンツの作成を
    仕事、プライベート問わずやってきたので
    そろそろ動かそうと…。
    で、やってみたかったのが
    文學ト云フ事の現代版。
    しかも、EeePC 901-Xのみで作業しますよ!!

    <iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yokohamaoyafu-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B001E7BTYE&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

    やってやります!!
    ソフトはAdobe After Effects 6.5。
    古いですよ〜。
    でもこれで十分。
    素材の動画はYou Tubeから…。
    音楽は素材屋さんからいただきました。
    シューベルトの魔王です。
    で、結果が上の動画。
    う〜ん、ところどころ作業が止まりましたが、
    4時間ほどでできました。
    今度はオデッサの誘惑やりたいなぁ。

    <iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yokohamaoyafu-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4087744418&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

    機会があれば。

    よいバレンタインデーを。

  • <object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/shKb9sf1dMk&hl=ja&fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/shKb9sf1dMk&hl=ja&fs=1" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="425" height="344"></embed></object>

    <b>■文学
    現代文学という事1「熊の場所」</b>

    <object width="345" height="275"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/shKb9sf1dMk&hl=ja&fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/shKb9sf1dMk&hl=ja&fs=1" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="345" height="275"></embed></object>

    <iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yokohamaoyafu-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4062753316&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

    ////////////////////////////////////////
    今年の目標の1つ、動画作成。
    紙とかネットとか、
    静的コンテンツの作成を
    仕事、プライベート問わずやってきたので
    そろそろ動かそうと…。
    で、やってみたかったのが
    文學ト云フ事の現代版。
    しかも、EeePC 901-Xのみで作業しますよ!!

    <iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yokohamaoyafu-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B001E7BTYE&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

    やってやります!!
    ソフトはAdobe After Effects 6.5。
    古いですよ〜。
    でもこれで十分。
    素材の動画はYou Tubeから…。
    音楽は素材屋さんからいただきました。
    シューベルトの魔王です。
    で、結果が上の動画。
    う〜ん、ところどころ作業が止まりましたが、
    4時間ほどでできました。
    今度はオデッサの誘惑やりたいなぁ。

    <iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yokohamaoyafu-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4087744418&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

    機会があれば。

    よいバレンタインデーを。

  • 12冊目。

    表題作と『バット男』が秀逸。

    どちらも軽妙な語り口でありながらテーマが明確で、行間詰め詰めの改行なしながらも、舞城ワールドをコンパクトに収納させちゃいましたってゆー感じです。

    『バット男』は『ソマリア〜』にも通じるような、弱い者いじめは社会のシステムであり暴力は居場所を求めて連鎖していく、とゆー主題をなぞりながらも、めずらしく愛情への渇望にもがく恋人の姿を描き、それがこの話を出色豊かなものにしています。個人的には『好き好き〜』に並ぶ良作。

    恐怖を払拭するには、恐怖の場所に戻らねばならない(熊の場所)。舞城の作品には、そんな幼い頃の恐怖と対峙させられるような高揚感であふれています。

    『ピコーン!』が中途半端に推理物になっていたのが少し残念でしたけど、まあこの作品は遊びと捉えても星5つ。

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

熊の場所 (講談社文庫)のその他の作品

熊の場所 (講談社文庫) Kindle版 熊の場所 (講談社文庫) 舞城王太郎
熊の場所 単行本 熊の場所 舞城王太郎

舞城王太郎の作品

ツイートする