クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

著者 :
制作 : 竹 
  • 講談社
3.84
  • (431)
  • (453)
  • (511)
  • (48)
  • (17)
本棚登録 : 3860
レビュー : 410
  • Amazon.co.jp ・本 (562ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062754309

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界観に慣れるまで少し時間かかる。
    知らない単語がたくさん。
    でも、流して読んでも全く問題ない。

    一文が短くて、語り口調だから、さくさく読める。
    読書に慣れている人は、少し物足りなさをを感じるかもしれないです。

    読み終わった爽快感というよりは、少しもやもやが残る作品でした。

  • 勘当された富豪の娘が住む小島。
    そこに集められたのは、様々な分野の天才と呼ばれる女性達だった。
    戯言?語り部の「ぼく」が遭遇した事件とは。

    孤島、巨大な建築物、そして天才とくれば…森博嗣さんのすべてがfになる、でしょうか。事件の題材も同じかな?、となれば、これは作者の森氏への大きなラブレターかも?

    キャラクターが際立っているのが好みの方にお勧めします。
    本格が好きな方にもお勧め。
    小説の舞台の前提条件にツッコミを入れてしまう方、戯言で済ませられない方には不向きかも。

  • 初「西尾維新」に期待し過ぎたのか・・・
    400ページを超えるまで苦痛が大きかった。
    ミステリー云々より、キャラが前面に押し出されてる作品なので、文章よりも映像のがいいのかもゥー

  • 二度目読了。
    後半からラストにかけてのテンポのよさが好き。

  • 第23回メフィスト賞に輝いた、
    エンターテインメントの異端児、西尾維新が
    描く、傑作ミステリーシリーズ第1弾!

    絶海の孤島X少女X殺人事件。
    面白くないわけがない!

  • メフィストしょおぉぉぉぉ(∩´∀`)∩ 流石素敵多彩素晴らしい。2次元3次元4次元。さすが上手いなー。孤島密室天才ってあるよねー( ・∇・)

  • 主人公のぼくは、友人であり天才の玖渚友に付き添い『鴉の濡れ羽島』を訪れる。

    その島には財閥の令嬢が住んでいて、今回はそれぞれの専門分野に突出した天才ばかり集められていた。

    普通に島で暮らしていたぼくと玖渚だったが、四日目に首のない死体が発見される。

    しかもそこは密室状態の部屋。

    この謎にぼくと玖渚が挑む!

    戯れ言シリーズ第1作目にして、第23回メフィスト賞受賞作品。

    『メフィスト賞受賞作品を読みまくる』っていう企画を自分の中で始め、そのスタートにと選んだのが西尾維新作品。

    これはミステリ?エンターテイメント?んー、バカミスに近いかも(笑)

    正直読み始めは期待していたものとは違い『ハズレか』なんて思っていたけど、後半は夢中で読み進めていました♪

    しかし……これは賛否両論あるのもわかります(苦笑)

    僕は結構好きです♪

    特にその個性的な登場人物たち!

    …まぁかなりの個性派揃いなので、登場人物に感情移入は出来ないかもなー(汗)

    まずは、立ち読みで少し読んでみる事をオススメします!

  • 初めて西尾作品を読んでハマった作品。西尾さん独特の言葉遊びにもどっぷりハマってしまった。確かに【読む人を選ぶ】かもなぁ、って思ったり。賛否両論が本当がっつり分かれてしまう感じですかね。
    最後の最後で赤い人が良いとこ持ってちゃう辺り笑ってしまいましたがw

    物語シリーズが人気ですが、私は戯言シリーズが一番好きですかね(^-^)

  • 天才に圧倒される。
    実際の天才ってどんな感じなんでしょう?

  • 『クビキリサイクル』
    首切り、サイクル。
    そう思っていた。
    クビキリ、サイクル。
    クビキ、リサイクル。

全410件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)のその他の作品

西尾維新の作品

ツイートする