クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

著者 :
制作 : 竹 
  • 講談社
3.84
  • (431)
  • (453)
  • (511)
  • (48)
  • (17)
本棚登録 : 3860
レビュー : 410
  • Amazon.co.jp ・本 (562ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062754309

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 変格ものとして本作を捉えていたので、
    島を去るところまではとても客観的に読めて、
    各事件のトリックも、犯人も想定通りで、
    ああ、本格ミステリ+αの要素が評価されたのね。
    なんて思っていました。

    が、

    後日談で二転三転。非常にわくわくした。
    そして、自分の認識が逆であることに気づいた。
    西尾維新の物語が本格の被り物してた。
    そうであっても、本作はミステリとして大好きでしたし、
    小説の自由さって素晴らしいと感じた一冊でした。

  • 登場人物皆はっちゃけてます。笑
    でもそれがこの作品の魅力なのかもしれません。
    気が狂うような事件の裏に隠された様々な謎、それを紐解く伏線の数々。わくわくしながら読ませて頂きました。
    西尾先生の独特な表現方法や言い回しなど、インパクトのある言葉の数々も非常に印象的です。
    物語に嵌まれば、のめり込むこと間違いなしだと思います!

  • 語り口がスピーディでウィッティだった。
    初めて西尾維新の文章を読んだけれど、面白かった。

  • なんとなくオタクっぽくて、どうしても手が伸びなかった西尾維新。しかし映画化された『傷物語』を観て興奮。めっちゃオモロイやんか。ならばとまずはこの「戯言」シリーズの1作目を読んでみることに。しかしメフィスト賞の受賞作ってどれもこんなに分厚いのでしょうか。京極夏彦氏のおかげで(せいで)創設された賞ではありますから、分厚いのは致し方ないのかもしれません。これも京極さんよりは薄いけれども、550頁超。

    財閥の令嬢でありながら、何をやらかしたのか絶海の孤島に送られたイリア。金なら唸るほどある彼女は、4人の忠実なメイドを雇い(そのうちの3人は三つ子)、暇つぶしに島に「天才」と言われる人々を招待する。このたび招かれたのは、天才画家、天才料理人、天才七愚人、天才占術師、天才技術屋の5名と、車椅子利用者である画家の付き添い1名と、強迫症により階段等の上がり下りをひとりではできない技術屋の付き添い1名。技術屋の付き添い=「ぼく」の一人称で展開されます。

    まずは画家が首を斬られた死体となって発見され、アリバイがないことから第一容疑者とされた七愚人も同様に死亡。アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』のごとく、次々に殺されていくのかと思いきや、この第二の殺人後に「ぼく」が推理、事件を解決に導くのでした。

    もしも西尾作品の映画を1本も観たことがなければ、もっと戸惑っていたと思います。登場人物は男女どちらとも区別がつかないような名前ばかり。しかも喋ってもわからない。技術屋は自分のことを「僕様ちゃん」と呼ぶのですから、私は今までに読んだことがないような世界です。しかし読みづらくはなく、キャラがわかってくると愛おしくなってきたりもして。ミステリーの面白さも十分あります。最後の最後までドンデン返しがあり、ちょっとくどさは感じるものの、シリーズ2作目以降も早く読みたくなっている自分に気づくのでした。

  • トリックは途中で分かってしまったけど最後まで面白く読むことができた。

  • 【僕は今優越感でいっぱいだ】

    久しぶりに面白い小説を面白いくらい序盤で最後の章まで見通せた。

    パズルが気持ちよくはまっていって、爽快感だけが残る。

    ありふれた使い古された話ではあるけれど何度読んでも面白い。

    西尾維新もフリックだけ巧妙のありふれたままで終わらない筈なので、これから読み進めたいと思う。

    夜更かしして読む価値はあった。

  • 赤神イリアー鴉の濡れ羽島の主人。
    班田玲ー屋敷のメイド長。
    千賀あかりー三つ子メイド・長女。
    千賀ひかりー三つ子メイド・次女。
    千賀てる子ー三つ子メイド・三女。

    伊吹かなみー天才・画家。
    佐代野弥生ー天才・料理人。
    園山赤音ー天才・七愚人。
    姫菜真姫ー天才・占術師。
    玖渚友ー天才・技術屋。

    逆木深夜ー伊吹かなみの介添人。
    ぼくー玖渚友の介添人。

    哀川潤ー人類最強の請負人。


    才能が一つ多い方が、才能が一つ少ないよりも危険であるーニーチェ

    三日目(1)-サヴァンの群青
    そうあわてるなよ。まぁ、のんびりやろうや。

    三日目(2)-集合と算数
    君の意見は完全に間違っているという点に目を瞑れば概ね正解だ。

    四日目(1)-首切り一つ
    上には上があるが頂点には下しかない。

    四日目(2)-0.14の悲劇
    あなたはいったいなにがしたかったんですか?

    五日目(1)-首切り二つ
    狼は死ね、豚も死ね。

    五日目(2)-嘘
    あんた、他にすることはないのか?

    五日目(3)-鴉の濡れ羽
    終われ。

    一週間後ー分岐
    そこはどこ?あなたはだあれ?

    後日談ーまっかなおとぎばなし

  • 図書館にて借りる。

  • なつかしー。これ初めて読んだ高校生のときだったなー。久しぶりに読んでも犯人わかんなかった。そして言葉遣いが面白い

  • 再読。

  • 140118*読了

  • 西尾維新氏の用いることばの一つ一つには豊かな意味が含まれている。
    今の自分より若い時にこんな作品を書いただなんて、その能力への驚嘆を隠せない。
    自分の中では予想外の結末、プロットであって、ラストで一気に引き込まれた気がする。

  • 星4つつけておきながら、実はこの世でたぶん唯一
    さっぱり理解出来ない西尾作品だと思います、これは。


    二回、違う時期に読み直しているんですが
    どうしても分からない。
    天才についての語りとか全然意味分からない。


    でも…このデビュー作で彼が世に出ていなかったら、
    クビシメもないし
    刀語も世界シリーズもめだかボックスも
    もちろん化物語も羽川翼も安心院さんも
    出夢ちゃんも撫子ちゃんもいないのかー…!!


    とか思うとこの一作は偉大です。
    ありがとうメフィスト編集部の皆様。
    そして若かりし頃の、二十歳の西尾維新さん。


    読書の一期一会って素敵。
    素晴らしい出会いをありがとう。

  • 人間の醜い部分や様々な感情が描かれていると思いました。特に天才についての記述、誰のために生きるかとの記述にはっとさせられました。

  • 本棚に眠っていたこの作品を今更ながら読了。

  • 主人公のぼくは、友人であり天才の玖渚友に付き添い『鴉の濡れ羽島』を訪れる。

    その島には財閥の令嬢が住んでいて、今回はそれぞれの専門分野に突出した天才ばかり集められていた。

    普通に島で暮らしていたぼくと玖渚だったが、四日目に首のない死体が発見される。

    しかもそこは密室状態の部屋。

    この謎にぼくと玖渚が挑む!

    戯れ言シリーズ第1作目にして、第23回メフィスト賞受賞作品。

    『メフィスト賞受賞作品を読みまくる』っていう企画を自分の中で始め、そのスタートにと選んだのが西尾維新作品。

    これはミステリ?エンターテイメント?んー、バカミスに近いかも(笑)

    正直読み始めは期待していたものとは違い『ハズレか』なんて思っていたけど、後半は夢中で読み進めていました♪

    しかし……これは賛否両論あるのもわかります(苦笑)

    僕は結構好きです♪

    特にその個性的な登場人物たち!

    …まぁかなりの個性派揃いなので、登場人物に感情移入は出来ないかもなー(汗)

    まずは、立ち読みで少し読んでみる事をオススメします!

  • 天才に圧倒される。
    実際の天才ってどんな感じなんでしょう?

  • 絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢“科学・絵画・料理・占術・工学”、五人の「天才」女性を招待した瞬間、“孤島×密室×首なし死体”の連鎖がスタートする! 工学の天才美少女、「青色サヴァン」こと玖渚友とその冴えない友人、「戯言遣い」いーちゃんは、「天才」の凶行を“証明終了”できるのか? 新青春エンタの傑作、ここに誕生! 第23回メフィスト賞受賞作。

  • 主人公の思考に共感できるような、まったく共感できないような、そんな気分にされる。
    主人公の周りからの責められ方ってのは半端ないし、なんか読者である自分も傷つく(笑)

    何もかも入れ替わってたってかんじ。

  • 戯言シリーズ 1作目

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)のその他の作品

西尾維新の作品

ツイートする