新版 名探偵なんか怖くない (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.66
  • (8)
  • (14)
  • (11)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 114
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062754590

作品紹介・あらすじ

三億円事件で殺人が!? 4大探偵の推理合戦! 「三億円事件を再現してお見せしよう」真犯人逮捕のために大富豪が入念に計画した推理ゲーム。クイーン、ポワロ、メグレ、明智といった往年の名探偵たちは抜群の能力を競い合う。だがクリスマス・イヴに予想もしなかった殺人事件が! 驚天動地のトリックが圧巻の西村ミステリー。綾辻行人氏との特別対談も収録。(講談社文庫)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2+

  • ジュースへ誘導するトリックは無理があると思う。皆でコーラを飲む展開になるとは限らないわけだし。名探偵の過去作のネタばらしがあちこちにあるので、その部分は読み飛ばす必要がある。

  • 大富豪の佐藤大造は、かつての「三億円事件」を再現させて、エラリイ・クイーン、エルキュール・ポワロ、メグレ警部、明智小五郎に推理させるのですが、予期しない事態に発展します。

    他作家の探偵を拝借し代表作のネタバレするのはあまり感心しませんが、そのお陰でキャラの書き分けや、一旦解決させておいて三億円事件再現の裏に隠された真相を浮かび上がらせる誘導が効いています。「読者への挑戦」まで用意されており、ユニークながらも本格的な推理が楽しめます。
    尚、巻末の綾辻行人との対談も必読です。

  • 面白かったです。

  • 私が産まれる以前に刊行された作品ですが、古臭い感じが無く、とても読み易いです。꒰ ´͈ω`͈꒱
    名探偵たちをもっとよく知りたい!と思える、面白い作品です。

  • うーん…?
    こんな事件の誘いで名探偵がわざわざ集まるか…?
    と、思ってしまった私は読者として失格なのだろう。

    スーパーかっこよくいて欲しい名探偵たちが、あまりステキに描かれていないな…と感じてしまった。

  • ポワロ、メグレ、クイーン、明智といった還暦を越えた名探偵達が一同に会して演出された三億円事件に挑む本格ミステリー。
    筆者によると評価が芳しくなかったそうですが個人的に大好きな作品です。

  • 西村京太郎が,電気系の学校を出て人事院に就職していたことは,
    赤川次郎が,日本機械学会に就職していたことと並んで,
    不思議な気がする。

    波瀾万丈の人生ではなく,手堅い生活を送っていたのに,
    文筆業に乗り出して行った2人。

    2億冊を売り上げているのは2人だけという。

    そういう大御所だから,
    メグレ
    エラリークイーン
    ポアロ
    明智小五郎
    の4人を登場させることができたのだろう。

    4人のファンからの苦情もさしたるものはないように思われる。

    誰もが一度やってみたいと思う,組み合わせを実現していることに敬意を表する。

    3億円事件を模擬してみるという企画もすごい。
    犯人が誰かという設定や最後を手紙で閉めるところも文学的。
    努力あっての大作家だということがわかった。

  • 富豪である佐藤大造に集められた名探偵たち。エラリー・クイーン、エルキュール・ポアロ、メグレ警部、明智小五郎の4人。3億円事件解決の為、3億円事件を再現した事件を起こす大造。犯人として選ばれた村越克彦。村越の購入したマンションを盗聴する探偵たち。クリスマスイブの夜に殺害された村越。同棲中の金城ゆり子が発見。消えた3億円。燃やされた3億円の秘密。

     2010年10月27日読了

  •  モチーフになっているのが3億円事件ですから、かなり古い作品ということになります。しかし、エラリー・クイーン、メグレ警部・エルキュール・ポワロ、明智小五郎が競演するミステリは、今読んでも魅力的です。
     こういう話は、作者がどこまで凝ってくれるかが勝負を分けるのですが、そういう点ではとても楽しめました。特に、最後の方に挿入される「読者への挑戦」は秀逸です。また、作品内に仕掛けられている心理トリックは、なるほどと納得させられました。名探偵の競演という「けれん」そのものが、実はトリックと結びついているあたりがいいですね。
     ユーモアミステリとしても、ハードな本格ミステリとしても楽しめると思います。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

西村京太郎

1930年東京生まれ。63年オール讀物推理小説新人賞「歪んだ朝」で推理作家としてデビュー。65年『天使の傷痕』で第11回江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で第34回日本推理作家協会賞を、2004年にはミステリー界における多大な功績が評価され第8回日本ミステリー文学大賞を、10年には第45回長谷川伸賞を受賞する。01年10月、神奈川県湯河原に「西村京太郎記念館」を開設した。

「2021年 『十津川警部書き下ろし(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村京太郎の作品

新版 名探偵なんか怖くない (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×