乱歩賞作家 黒の謎 (講談社文庫)

  • 講談社
3.00
  • (2)
  • (3)
  • (16)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062754637

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ミステリではなかった。…タイトルの「黒」がちゃんとに反映されていて、どこか闇のある話ばかり。

  • 江戸川乱歩賞受賞の作家たちのアンソロジー。
    第3弾といいますが、
    黒という言葉にひかれ、まずはこの本から・・・・。

    ●花男   鳴海章
    ●グレーテスト・ロマンス  桐野夏生
    ●ひたひたと   野沢尚
    ●声   三浦明博
    ●秋の日ヴィオロンのため息   赤井三尋

    知っている作家さんもいれば、
    恥ずかしながら初めて読む作家さんもいました。
    内容紹介に書かれている短いあらすじ、そのままなので、
    あえて内容は書きませんが、
    読み応えあったのは、「ひたひたと」。
    ヒロインのモノローグですが、
    どんな結末が待っているのか、どんでん返しもあり、
    こんな復讐劇もあるのか、と思える内容でした。

    ちょっと切なかったのは「声」。
    事故死した父親の不器用な父性愛が
    じんわりと感じられる作品でした。

    短編だからこそ凝縮された何とも言えない恐怖が伝わり、
    乱歩賞受賞作家さんたちの力量はさすがだと思いました。
    久しぶりに面白いミステリーを読んだ気がします。

    このアンソロジーは他にも、
    赤の謎、白の謎、青の謎、とあるようです。
    機会を見つけて読んでみたいと思いました。

  • 乱歩賞作家5名によるアンソロジー。

    満足度は今一つ。物足りなかった。

  • 乱歩賞作家5人によるアンソロジー
    さすがに読み応えあり。
    「謎」というほどのものでもないのもあったけど

  • 桐野夏生のミロシリーズの短編目当てで読んでみた。 乱歩賞作家の短編を集めた割にはミステリ色が薄め。 サスペンスあり幻想小説風あり、でテイストがバラバラな印象を受けた。 シリーズ番外編の話もあるので、本編を読んでいない読者には少し不親切。 単に乱歩賞作家の寄せ集めアンソロという感じ。 三浦明博「声」・・・読後感がさわやかで、意外に一番良かった。 野沢尚「ひたひたと」・・・ルーティンなんだろうけど、さすがにうまいと思いました。 桐野夏生「グレーテスト・ロマンス」・・・成瀬の独白が読めたので、それだけで収穫でした。

  • 江戸川乱歩賞受賞作家によるアンソロジー。シリーズものの続編の作品もあるので、(桐野夏生の探偵ミロシリーズとか)予習をするとさらに楽しめます。

  • 流石江戸川乱歩、って感じで、この「黒の謎」ってネーミングにもピッタリなエログロな話もありました。私はそれはちょっと…でしたが(笑)等々力教授が素敵です☆

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1958年、北海道生まれ。日本大学法学部卒業後、PR会社勤務を経て、91年に『ナイト・ダンサー』(講談社文庫)で第37回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。『マルス・ブルー』(講談社文庫)など、航空サスペンスで一世を風靡したほか、映画化された『風花』(講談社文庫)、『輓馬』(文春文庫)などの作品で新境地を拓いた。その他の近刊に、『謀略航路』(講談社)、『刑事小町 浅草捜査機動隊』(実業之日本社文庫)、『中継刑事〈捜査五係申し送りファイル〉』(講談社文庫)などがある。

「2019年 『悪玉 熱海警官殺し』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳴海章の作品

ツイートする