ST警視庁科学特捜班 赤の調査ファイル (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.66
  • (66)
  • (152)
  • (170)
  • (15)
  • (1)
  • 本棚登録 :1091
  • レビュー :92
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062754750

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドラマにハマったので赤城さんの話を読んでみた。
    この話は2014年8月20日に連続ドラマで放送されたものだったんだけど、本筋は同じでも話の流れが全然違って新鮮だった!
    巻末を確認したら、この小説が書かれたのは今から10年くらい前だった。10年前にこの話、と考えるとすごい。
    ただドラマの作り方がおもしろいので、別物として読んだ方がいいかも。
    ドラマはテンポ良くスピーディーにやってるけど、小説はキャラを掘って丁寧に仕上げてある。どっちが好きかは人によるかな。
    個人的には、読んでみて良かったです。ドラマでは察しきれないことが、ちゃんと言葉で書いてあっておもしろかった!

  • ドラマから入って、赤城さんが大好きになったので最初これに手をつけました。
    事件の内容自体はとても悲しいし、許せない。ただ最後、赤城さんがSTメンバーを「大切な仲間」というところでほっこりして、読んでよかったという気持ちになります。
    実は私も大学病院内を何時間もウロウロさせられた思い出があり良い印象があまりないのですが、お医者さんのほうもいろいろ大変なのかと感じました。
    そしてキャップらしさ全開のキャップの最後のほうの台詞にも感動。
    読み始めの時はキャラクター設定とかがドラマと違うところがあって違和感を感じていましたが、本質的な大事なところは変わっていないので気にならなくて良かったです!

  • 赤城の過去

  • 【ST警視庁科学特捜班_5(色シリーズ_2)】大学病院ってこんなものなのかな?最近別の小説でも大学病院の悪い部分を読んだばかりなので、イメージが悪くなっている。ストーリーはこれまでの中では一番好きかな。特に最後、「大切な仲間」だと思えるようになったんだなぁと感動。。。インフル、只今職場で大流行であることと、アレルギー体質であることもあって、最初からどうなるの??とのめりんで読んだ。

  • シリーズ二冊目、読んでみました。
    文章は、読みやすいし、展開も良かったのですが、

    最後が、自分の頭かついていってない感じでした。

    あ、そういう終わりなの?

    という感じ。

    医療について、詳しく書かれているのは、すこまいと思いました。

  • 医療モノって難しいとか地味とかってイメージが強かったので少し尻込みしたんですが、
    キャラ立ちが勝っているのか読みやすかったです。

  • 医療ミス?大学病院告発もの?

  • クールな一匹狼をきどる赤城さんの 実は熱い素顔と切ない過去が明かされる。今まで好きでも嫌いでもなかったけど これを読んで赤城さんが好きになったかも。
    小山医師の気持ちも、わからないではないけど 何か他に方法なかったのかな?それだけ思いつめてたのだろうけど 患者の命を奪うという選択肢はないよね…。
    どうかしてる白い巨塔だ…。

  • STの色シリーズ第二弾
    警察モノが好きなうえに、医療モノはまたまた好きな内容だから、さらに楽しんで読むことができました。
    ただ、この内容では普通はやはり病院側の問題にはならないのかなとも感じて、現実はほんとに怖いのかしらとも思ったりして。
    やっぱり、かかりつけの個人医院とかを決めておくほうがよさそうだなとか。

    それにしても、「赤城ちゃん」は良かった。
    次の主役はだれかな?と楽しみです。

  • 刑事告訴された案件の調査を開始したSTのメンバーたち。
    事件かどうかもわからないが、民事裁判ではすでに無罪の判決が出ている事案だった。
    鑑定医として裁判に参加していた赤城は、判決に納得しているわけではない。
    調査が進む中で明らかにされる赤城の過去。
    医療に情熱を燃やし、正義感にあふれ、それでいて対人恐怖症に脅えていた研修医時代。
    いかにも赤城らしいエピソードが物語の中で語られている。
    個性あふれる・・・というよりも、強烈な個性の持ち主ばかりが集められているのがSTだ。
    それぞれに専門分野を持ち、知識と能力をいかんなく捜査に発揮する。
    今回の調査でも、その能力が十二分にいかされている。
    事件の真相には驚かされた。
    大学病院で我が物顔にのさばっている人間もどこか壊れているとは思うが、事件の鍵を握っていた人物も壊れている。
    医師とは人の命を救うのが使命ではなかったのか。
    出世や名声が医療よりも優先される病院など、絶対に行きたくない。
    患者は無条件に医師を信頼する。
    それは真摯に病気や怪我と向き合い、専門的な知識をいかし治療してくれると信じているからだ。
    医師を信じられなくなったら、患者は何を信じればいいのだろう?
    物語とはいえ背筋がちょっと凍るような感じがして怖かった。

全92件中 1 - 10件を表示

ST警視庁科学特捜班 赤の調査ファイル (講談社文庫)のその他の作品

今野敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ST警視庁科学特捜班 赤の調査ファイル (講談社文庫)はこんな本です

ST警視庁科学特捜班 赤の調査ファイル (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする