文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.64
  • (305)
  • (405)
  • (660)
  • (60)
  • (15)
本棚登録 : 4027
感想 : 301
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (1226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062754996

作品紹介・あらすじ

存在しない犯人。それは鬼神だ。
京極堂、「鳥の城」へ。

「おお! そこに人殺しが居る!」探偵・榎木津礼二郎は、その場に歩み入るなりそう叫んだ――。嫁いだ花嫁の命を次々と奪っていく、白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」。その主「伯爵」こと、由良昂允(こういん)とはいかなる人物か? 一方、京極堂も、呪われた由良家のことを、元刑事・伊庭から耳にする。シリーズ第8弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • せつない一冊。

    今作は前作が派手派手超長編だっただけに、地味目というかスタートから盛り上がりには欠けた。

    でも湖畔に佇む洋館「鳥の城」を舞台に婚礼の晩、死す花嫁の謎を解く展開は雰囲気から好み。

    関口さんと大御所作家とのシーンは書楼弔堂っぽくて好き。
    榎木津さんは叫んでばかりながらもやっぱり癒し。

    5人目の花嫁の死は阻止できるのか…犯人は薄々わかってしまうけれど、京極堂の憑物落としが一気にしんみり、せつなさを運ぶ。

    取り巻く世界、普通か否かのその違いの要因に胸打たれ、ミステリとしてはシンプルながらも忘れられない巻。

  • 百鬼夜行シリーズの中で、結構好きな一編かもしれない。
    冒頭から哲学的な応酬が重ねられ、論理の海に流される。膨大な言葉とページ数を尽くして語られる物語だが、実際の時間は物凄く短期間なのだ。伯爵と、鳥の城。その特殊な世界が読者の感覚も狂わせてくるのだろう。
    ある意味、はじめから全てが明らかであった。それでも、結末が気になって気になって仕方がなかった。視点者が関口くんと、伯爵と、伊庭さんに絞られていたせいか個々の思索論理の底に沈んでいけたのが、体感としてある。前作ではひたすらにひどい目にあっていた関口くんだが、今回は180度変わってひどく活動的だ。「関口巽」というキャラクターに対する印象も、上手く言えないけど変化があった。愚鈍なワトソン役のふりをしながらも、めちゃくちゃ興味深い人物じゃないか。あの連中とつるんでる時点で、只者ではないのか。
    伯爵は、一貫して公明正大で清廉潔白。だからこそ、とてつもなく悲しい。薫子さんが物語の清涼剤でもあったからこそ、なお。そして私は伊庭さんのようなキャラクターが大好物だし、木場修との会話部分を何気にめちゃくちゃ楽しんだのだった。

  • 純粋とは、生死とは、弔いとは、と無意識下の価値観を揺さぶられた。
    百鬼夜行シリーズの中でも本作が1番好きという感想を多数拝見して読んだが、納得の内容だった。

    『謎とは知らないこと。』
    知らない方が良かったことなんて、世の中溢れていて、後悔ばかりだ。
    無知は罪とも思う。いつもせめぎ合っていて目を塞ぎたくなる気持ちを思い出して噛み締めてしまった。

    世の中は汚い。嘘や虚栄、誤魔化しで人を利用しているのを見るのは本当に心が擦り切れる。
    でもはたして純粋なことは良いことなのか?本作で強く考えさせられた。

  • あなたにとって生きているということはどんな意味を持つのですか?

    前半は久しぶりに関くん語り多めで、応援するのが辛くなりましたが、途中からは珍しく大活躍。伊庭さんの存在もとてもよかったな...

    夏に起こった事件、鳥が出てくる、関口くんが深く関わっている、とても不思議な事件、と、「姑獲鳥の夏」との共通点をたくさん感じながら読みました。姑獲鳥の時は何度も読まないと理解できないところがあったのに、今回は早い段階で真相がみえてきました。

    繰り返される哲学的なお話はすべて伏線へと繋がっていて、すとんと納得できるけど、哀しく切ないお話でした。

  • 伯爵に嫁いだ花嫁が嫁いだ翌朝に殺されてしまう事件が4回続いて全ての事件は犯人わからず迷宮入り今回5回目の婚礼を行おうとしてる伯爵が助けを求めたのは私も大好き名探偵榎木津礼二郎!

    奇跡的な偶然が重なり合わないと4回連続で犯人への手がかり無しとかありえへんはずやのに…犯人は誰?5回目の犯行は防げるの!?というか京極堂さんはいつ出てくるの??って読み進めてたら1200ページくらいペロリと読めてしまいました!!

    百鬼夜行シリーズはレンガ本揃いで長編やのに毎回面白すぎて一気読みしてしまう!!すごいページ数を過ごしてるからなんかでてくるキャラクターにもう知り合いのおっちゃんくらいの親しみを覚えてる。

  • 白樺湖近くに建つ洋館「鳥の城」。そこに住む主人、由良昴允。
    伯爵と呼ばれる彼は過去4回、花嫁を新婚初夜に亡くしている。
    5番目の花嫁、薫子を護るために呼ばれた榎木津と関口だが……。存在について考えるシリーズ第八弾。→

    個人的に原点回帰のように感じた本作。関口が主軸、閉じられた空間での事件、儚い謎、登場人物少なめ。
    でも、作中で一年経っているし、読んでいる私も歳を重ねているので、姑獲鳥よりさらに切なく感じた。
    伊庭さんがいいんだよなぁ。木場との絡み、好きだなぁ。
    中禅寺と柴くんと絡みも良い→

    そして中禅寺=京極堂の安定感よ……。クライマックスで京極堂が出てきた時の私の気持ち、たぶん関口とシンクロしてる(笑)

    今作は榎木津があまりかっこよくなかったのが残念(笑)暴れっぷりも控えめだったような。

  • どういった結末を見せるのか?
    犯人やその動機は
    早いうちに目星がつくと思います
    どう気づかせ、どう納得させるのか
    結末へ導く言葉の使い方が
    面白くて仕方なかった

  • 鵺の碑を読む前に、2つ前のお話を再読
    読んだのがかなり前だったので、
    忘れていた内容も多くじっくり楽しく読めました。

    このシリーズは毎回、関口を心配しながら読んでしまいます。
    前巻でついに行くところまで行ってしまったので
    ハラハラしていたのですが、不安定なところはあるものの
    少しずつ回復してるかな?最後は雪絵さんとお買い物に出かけていたし
    鵺の碑でもまた心配しながら読み進めそうです。
    そして益田の人選が酷すぎる・・・・・。
    榎木津と関口って不安しかない人選でよく行かせたなぁ(笑

    子供が生まれ「死」について言葉で教えるのって本当に難しいことを実感しました。
    自分の子なので飼っていたクワガタが死んだとき直接的に教えましたが、
    私の言葉だけでは理解できなかったと思います。
    やっぱり外的刺激は大事です。
    伯爵は立場上、周りにいる大人が全員尊敬語でお話しします。
    山形さんとか使用人に尋ねたとしても、
    ぼかした言い回しになってしまうのかなと思いました。
    唯一しっかり教えなきゃいけない父親は、研究に没頭しているし。
    知識欲を満たしてくれるのが「文字」だけってかなしいです。
    ただ、もう少し死や家族について
    きちんと理解できる本はあったんじゃないかなぁと思いますが
    儒学に精通した頭の良い高等遊民は、あれこれと難しく考えてしまい
    答え合わせが出来ない環境だからしょうがないのかな。


    横溝正史の登場に関口がテンション上がっていましたが
    読んでいて私も上がりました。
    とても人当たりが良く、優しい穏やかな方だったらしいので
    病んでいる関口に、のんびりと話をする様子がイメージできました。

    後巷説百物語「五位の光」は狂骨の夢と陰摩羅鬼の瑕につながっています。
    又市さんが蒔いた種を京極堂が摘みとって行くのは胸熱です。

    次は邪魅の雫読みます!

  • あの夏こと姑獲鳥の夏をパワーアップしたようなお話でした。悲しい悲しい事件です。薫子、生きていてほしかったです。。。あらすじだけ知ってしまうとバカミスですがさすが京極夏彦、深く納得してしまいます。
    とはいえ儒教の講釈のところはしんどかったです。

  • まあ榎さんと関さんが2人で旅してるだけで最高だから……

全301件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞、22年『遠巷説百物語』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『死ねばいいのに』『数えずの井戸』『オジいサン』『ヒトごろし』『書楼弔堂 破暁』『遠野物語Remix』『虚実妖怪百物語 序/破/急』 ほか多数。

「2023年 『遠巷説百物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

京極夏彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ZOO
乙一
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×