文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (258)
  • (343)
  • (623)
  • (57)
  • (12)
本棚登録 : 3062
レビュー : 244
  • Amazon.co.jp ・本 (1226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062754996

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  関口先生がどうなったか気になったので短編集すっ飛ばして長編を読むことにしたんですが、やっぱり早まったかな? まあ致命的なレベルではなかったので結果オーライ。
     珍しく高評価されてる関口先生に姑獲鳥以来のスポットライト。というかこれはシリーズが1周した(二度目の夏が来た)という示唆なのだろうか。フーワイダニットの内、個人的に最も気になるWhoは序章で暗示され、Whyも大体推測可能。ただしWhyを形成した土壌が不明という構成。ばらばらに見えた話が一気に収束する様はいつもながらに見事。
     犯行は未然に防げたはずだった。その機会は幾度もあった。けれど、誰もその誤謬に気づくことも、正すこともできなかった。京極堂の「彼以外の全員が犯人」というのも、その視点で考えれば解となりうる。嫌っていたはずの彼を皆が庇ったように、これからは皆がその重荷を背負うのだろう。
     しかし、薫子さん素敵だったのになぁ……絡新婦で大概打ち止めかと思ったけど、京極堂シリーズの女性キャラの使い切りっぷりはもう罪深い域。なんでこうも素敵な女性を次々描いては使い捨てられるのか。こうまでくると秋彦さんと千鶴子さんの馴れ初め話は千鶴子さんの死亡フラグに直結しそうな予感がひしひしとするのであきらめます。関口先生と雪絵さんの馴れ初め話もあきらめます。だから末永く仲良く幸せに暮らさせてやってくださいお願いします。
     関口先生が珍しく明るく事件を終えられたので、これは恢復か成長フラグなのかなあと期待。生きづらい人格なのではあるけどね。雪絵さんのために長生きしてほしいな。

  • 鳥の城、由良昂允

  • 出場人物が大量すぎる

  •  伯爵の目から見た関口君がとても素敵な人に感じられたのが印象的というか、好きだとか好感だとかいう言葉をまあ偶には使うけどそれほど頻出させないでここまで「好意的な解釈」を表現、実践出来るのかと感心した。読んでてこちらが照れてしまう。書斎の対話がとても好き。

     面白くない事態になって、あいつらがちゃんと依頼すればちゃんと出来たんだって拗ねる榎さんが、見ていてとても可哀想に感じた。目も見えないし、分かることは多いけど何をしたらいいのか分からないし、振る舞いはいつも通りでも大変だったんだろうなあと思う。

     関口君がずっと言葉に出来なかったことを、みんなの前で言葉にさせてあげた京極堂の優しいとこ好き。

  • 陰摩羅鬼。
    おんもらき、で変換出てびっくり!(笑)
    難しいよー!読み仮名。(笑)

    相変わらず、面白かった。
    いっきに読みました。
    中盤の榎木津や、木場のかけあいが面白い。

  • シリーズにしては珍しく先が読めてしまったことが印象的。
    比較的わかりやすく、するするっと読める作品だとおもう。
    おもしろいです。

  • 時間と、命。
    生きることと、生きて居ることと、なくなること。

    白樺湖畔に佇む「鳥の城」では、主が婚礼をした翌日に必ず花嫁が殺される。23年前、19年前、15年前、8年前――。そして今日、5回めの婚礼が行われる。花嫁を守るために呼ばれた榎木津と関口を巻き込んで……。

    榎木津さんが体調不良で目が見えなかったり、関口くんがどんどん悪化していたりする感じの第八弾。前回死にかけてた関口くんが心配で読み始めたのに、やっぱり関口くんの独白は陰鬱すぎて、読んでるとこっちまでどんどん陰鬱になっていく‥。鬱だ。でも、今回は花嫁のために奔走したり、榎木津を叱ったりと精一杯頑張ってて良かったよ。

    いつもの面子ももちろん好きだったのですが、退職警官の伊庭さんがとてもかっこよかったです。

    今回は、かなり早い段階から、事件の全容が見えてしまったので、謎解きのビックリは弱め。その分、「こんなに悲しい結末をどう決着つけるのか」が重点だったように思う。

    儒者・儒教の考え方は丸山天寿の琅邪シリーズを思い出したので比較的さっくり読めた。

  • 珍しく、あんまり難しくなく読めました。

  • だいぶ昔に読みました。

  • 犯人はこの人しかいないだろ~
    と思われるんだけど、オチがそれかい!と初見では思ったけど
    ところどころにちゃんと仕込みはされてあるんだよなぁ

    まぁ動きがない話ですわな
    ある意味で館モノと思っていいのか?

    ああ、あと終わりの方で榎木津が亀を探している云々はアリだな

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする