文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (258)
  • (343)
  • (623)
  • (57)
  • (12)
本棚登録 : 3062
レビュー : 244
  • Amazon.co.jp ・本 (1226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062754996

作品紹介・あらすじ

存在しない犯人。それは鬼神だ。
京極堂、「鳥の城」へ。

「おお! そこに人殺しが居る!」探偵・榎木津礼二郎は、その場に歩み入るなりそう叫んだ――。嫁いだ花嫁の命を次々と奪っていく、白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」。その主「伯爵」こと、由良昂允(こういん)とはいかなる人物か? 一方、京極堂も、呪われた由良家のことを、元刑事・伊庭から耳にする。シリーズ第8弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  精神分析から哲学にまで話が及ぶ。――京極先生の造詣の深さを堪能できる一冊。伯爵/関口/伊庭の一人称視点が入れ替わり、各自の持つ瑕(ありふれた言い回しだが所謂トラウマや悔恨の念)に入っていく。しかし、……その独白部分が中々読むに骨の折れるところで、そこのところで評価が分かれそうな印象だった。えらく短い文章が淡々と続く辺りが、講談社ノベルスの小説といった感じ。メフィスト賞作家の作品を好む人が好みそう。正直、伯爵の独白パートが読むのにきつかった。彼は、薫子を護る自身と行為に酔っている感じで、具体的に護ることがどういうことか。護るためになにをすべきか、なにかしらの犠牲を払わなければならないことを理解していなかったのだと思う。教えてくれる人も居なかったのだろうけれども。自己犠牲とも無縁というか、そこのところを、彼自身が把握していないのが、一番の悲劇だと思う。

  • 恐縮ながら、シリーズもここまでくると京極堂の衒学的な演説も少々読み苦しくなってきたのは事実だし、また、他作に比べて割と早い段階から真相の予断が可能な作品ではあるが、それ以上に、これまでのシリーズの中でもっとも“感情を動かされた”ことが印象的だった一作。

    読み進めていくうちに、「ああ、そういうことなのかな」と段々と想像がついてきて、そして終幕は果たしてそのように展開していくんだけど、その最後の情景の途中で、なんだかとても物哀しく切ない気分になった。

    これまでの京極堂シリーズにも、悲哀、といった類のテーマは込められていたこともあったとは思うが、正直私はそれを剥き出しの心根で感じたことは、今までなかった。
    しかし今作に至って、作中人物のあまりの哀しさをリアルに読み取ってしまった、というのは、私の内面に変化が起こったからなのだろうか?

  • 『絡新婦の理』まではいくつかの並行する事件がやがて絡み合うという性質上、その長さ・分厚さにも必然性か感じられたが、どうも本書はいたずらに厚いというだけな気がする。
    無駄な語りが多いわりにたいした事件も起きず、存在や死に対するいくらか哲学的な対話はあまりに露骨に結末を暗示している。
    『魍魎の匣』を読んだときの衝撃をもう一度味わいたいなぁ、などと思う。

  • まあ榎さんと関さんが2人で旅してるだけで最高だから……

  • 相変わらずの千ページ超の大長編。ただ、今回は死生観や儒教、しっぺい太郎などのウンチク話が全体の大部分を占めていたり、やたらと改行の多いページが続いたりと、密度的なことでいえばちょっとボリュームあるかな?くらいの内容。

    そして本シリーズの真骨頂である憑き物落としが始まるまでが長い長い。全部で1200ページ近くあるのに、それが始まるのは1000ページを超えてから。ウンチク話が多少(個人的に)興味深かったので、何とかテンション落ち切らずに読み切りましたが、思い返すとストーリー的に起伏のない間は結構辛かったかもしれないです。

    だけどやっぱり憑き物落としが始まると、取り憑かれたように読みふけってしまう吸引力がありますな。おぼろげに犯人が誰かと想像できたとしても、その真相はいかに?といった部分で大いに楽しめました。

    まさにレンガなみの分厚さを読み切った達成感と、読了直前の憑き物落としによるアゲアゲテンション効果で、★の数が1つ2つ多くなってるかもしれませんが、現段階での正直な評価なんで…

  • 優しいお話で、哀しくも良かったです。
    榎さん関口くんコンビで少しいつもと違った雰囲気。
    ラストといいとにかく関口くんへの愛が深まった。

  •  関口先生がどうなったか気になったので短編集すっ飛ばして長編を読むことにしたんですが、やっぱり早まったかな? まあ致命的なレベルではなかったので結果オーライ。
     珍しく高評価されてる関口先生に姑獲鳥以来のスポットライト。というかこれはシリーズが1周した(二度目の夏が来た)という示唆なのだろうか。フーワイダニットの内、個人的に最も気になるWhoは序章で暗示され、Whyも大体推測可能。ただしWhyを形成した土壌が不明という構成。ばらばらに見えた話が一気に収束する様はいつもながらに見事。
     犯行は未然に防げたはずだった。その機会は幾度もあった。けれど、誰もその誤謬に気づくことも、正すこともできなかった。京極堂の「彼以外の全員が犯人」というのも、その視点で考えれば解となりうる。嫌っていたはずの彼を皆が庇ったように、これからは皆がその重荷を背負うのだろう。
     しかし、薫子さん素敵だったのになぁ……絡新婦で大概打ち止めかと思ったけど、京極堂シリーズの女性キャラの使い切りっぷりはもう罪深い域。なんでこうも素敵な女性を次々描いては使い捨てられるのか。こうまでくると秋彦さんと千鶴子さんの馴れ初め話は千鶴子さんの死亡フラグに直結しそうな予感がひしひしとするのであきらめます。関口先生と雪絵さんの馴れ初め話もあきらめます。だから末永く仲良く幸せに暮らさせてやってくださいお願いします。
     関口先生が珍しく明るく事件を終えられたので、これは恢復か成長フラグなのかなあと期待。生きづらい人格なのではあるけどね。雪絵さんのために長生きしてほしいな。

  •  何もない田舎に聳える洋館。その中には無数の鳥の剥製があって、その館に嫁いだ花嫁は必ず死ぬ。
     そんな感じで始まる今作は、京極作品では珍しく普通の探偵小説みたいな舞台設定だった。話の筋も読みやすくて、その点でも異色な感じがした。たまにはシンプルなのも面白い。
     文章の書き方も意図的に変えてきているのかなという印象。視覚的な単語の並べ方が目に映った。あまり分からないテクニックを入れている。
     榎木津は相変わらずで、関口は基本的に落ち込んでいた。この組み合わせは面白い。太極図みたい。
     林羅山とハイデッガーを繋げるという技巧も楽しい。なんでも読んで勉強しているし、それをやりすぎない範囲で小説に盛り込むのが非常に上手い。
     京極堂が語る宗教の話は、自分も昔考えたことがあったので共感できた。私は子供の頃に死者を敬うということを考えていた。それには仏教も、キリスト教も適さない。というより何かを挟んで祖父や祖母と向き合うのが不埒だと考えていた。結局思ったのは、記憶の中に止めておけば人は死なない。ある意味生きているのではないだろうか。死んだ人のことを時折思い出すこと、そして自分が生きることが一番の供養だと思った。否定はしないし効果も理解しているが儀礼式典は全部嘘だ。
     伯爵が犯人だろうというのは早めに分かった。丁寧に説明しているし、死についての齟齬も、剥製に囲まれていることで明瞭だった。わざと分かりやすくしていると思う。答えに近づいていく不安を味合わせるために。外れるわけないのに外れてくれと思う。読者はいつの間にか関口と同じ気持ちで京極堂の憑き物落としを聞いていたわけだ。
     伯爵は、人が死ぬということを勘違いしていたわけだが、最初の妻を殺して、そのまま一緒にいたら喋らないし腐っていくしで、気づいたことだろうと思うが、その最初が無かった。誰もそういうことは教えないという特殊な環境もあった。人が死んで無になる。亡くなる。それは本当に無くなってしまう。人というのは精神であって体ではないのかもしれない。伯爵にとっては家族は動かない体だった。伯爵は聡明だったので、自分の間違いを理解して、亡き妻たちへの贖罪をするのだろう。

  • 鳥の城、由良昂允

  • 今作は犯人探しというより、そこに至るまでの過程が特に重要。タイムリミットが示され、榎木津事件簿のようでもあった。本編と言うより別巻というのがあっている感じ。
    京極も最後の憑き物落としが、あまり冴えていない感じ。
    最近では少し物足りない。


    凄い!京極小説。
    あの「夏」の衝撃が甦る。未体験の京極ワールド。

    白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」は、主の5度目の婚礼を控えていた。過去の花嫁は何者かの手によって悉く初夜に命を奪われているという。花嫁を守るよう依頼された探偵・榎木津礼二郎は、小説家・関口巽と館を訪れる。ただ困惑する小説家をよそに、館の住人達の前で探偵は叫んだ。――おお、そこに人殺しがいる。

  • 過去の既読本

  • 百鬼夜行シリーズで、今のところ一番影が薄い作品。

    ここまでシリーズを読んできた人なら、塗仏で出てきた気になる人物や、もっと不思議な事件を期待していたはず・・・

    塗仏とは違い、限定された場所の殺人、容疑者も絞り込めるといった、よくあるミステリーになっている。

    とにもかくにも、謎が解けやすいのが残念。
    榎木津のぶっ飛んだ発言を読み返したり、冒頭に戻ったりと、読了後の余韻も少ない。

    ただ、林羅山が行った儒教の解体と再構築、また、横溝正史本人が登場するあたり、飽きることはない。

  • 京極堂シリーズの第8弾。
    長野県の白樺湖畔にある由良「伯爵」邸では、当主に嫁いだ美人のお嫁さんたちが婚姻した翌日の朝に殺されるという事態がずっと続いているらしい。

    それでも結婚する世間知らずの「伯爵」さん。
    もう50歳で「おじいちゃん」って年頃なのにね。
    次の奥さんも若い美人さんらしい。

    お家は鳥ちゃんの剥製だらけで、豪華な洋館は「鳥の城」と呼ばれているらしい。
    この剥製は幼い頃にお母さんと死に別れた「伯爵」さんの「家族」なんだって。

    そして、5度目とは言え「新郎」である「伯爵」さんは「生きて居ること」がどういうことなのか、大人なのによくわからないもよう。

    案の定、京極堂さんは江戸時代に朱子学を大成した儒家の林羅山さんについて長々と講釈をたれるあたりから登場し、ラストまで顔を出さない。

    京極さんのお話は、物語に絡むのか絡まないのかわからない、おそらく作者さんの研究成果発表の場が長いのが難点だよなぁ…。

    まぁ、連続殺人事件は予想どおりの内容でございました。
    この内容をこの長さで読みたいかってあたりで、評価が大きく分かれそう…。

    でも、動機の観点からして司法は殺人として訴追できるか、公判が維持できるかで困るわけだけれども、誰が殺したかについてはシンプルだから最初から逮捕できたんじゃないかな?

    時代が戦時中&戦後すぐって設定だから、今ほど鑑識とかレベルが高くないだろうし、沢口靖子さんもいなかった時代だからムリかな?

    いずれにしても、過去も未来も「今」があってこそ。
    今だけは自分の意思で選べる。
    今を大切に生きなくちゃね。

  • ★3.5
    再読。「亡くなる」ことと「無くなる」こと、冒頭で繰り広げられる関口と伯爵の会話だけで概ねの展開が分かってしまうけれど、それでも最後まで読ませる筆力はさすがの一言。そして、関口、伯爵、伊庭の3人が語り部となり、それぞれの瑕に焦点が当てられているものの、誰よりも瑕が広く深いのは執事・山形な気がしてならない。勿論、伯爵が此方側に来た時の絶望も計り知れないけれど。それはそうと、横溝正史との邂逅に浮かれていたらしい関口が何だか可愛い(笑)。あと、解説で紹介されていたミステリ小説が気になるので読んでみたい。

  • 独特な世界観に引き込まれます。

  • 出場人物が大量すぎる

  • 京極堂シリーズの中では一番先の展開が読めてしまったので辛口評価。「鳥の館」と呼ばれる白樺湖の湖辺に佇む巨大な屋敷。主人である伯爵の元に嫁いだ花嫁達のいずれもが、新婚初夜の明ける頃には何者かに殺されていた。5人目となる花嫁の婚礼が迫る中、謎の解決のため屋敷に招待されたのはあの榎木津礼次郎と関口巽。果たして犯人はだれなのか。そして黒鳥の妖、陰摩羅鬼の祟りは解けるのか。冗長な部分を削れば半分くらいの長さに出来たのではないか。でも募るものはあったのか、最後は少し泣けた。

  •  伯爵の目から見た関口君がとても素敵な人に感じられたのが印象的というか、好きだとか好感だとかいう言葉をまあ偶には使うけどそれほど頻出させないでここまで「好意的な解釈」を表現、実践出来るのかと感心した。読んでてこちらが照れてしまう。書斎の対話がとても好き。

     面白くない事態になって、あいつらがちゃんと依頼すればちゃんと出来たんだって拗ねる榎さんが、見ていてとても可哀想に感じた。目も見えないし、分かることは多いけど何をしたらいいのか分からないし、振る舞いはいつも通りでも大変だったんだろうなあと思う。

     関口君がずっと言葉に出来なかったことを、みんなの前で言葉にさせてあげた京極堂の優しいとこ好き。

  • 死とはそれを認識できる生者の精神世界であって「人は生と重ね合わせることでしか死を認識できない。死後の世界は生きる者の中にしかないし、それは即ち生きること、生きたことに対する敬意」時間と経費を大いに費やし、多くの他人をも巻き込んで催す葬儀とて、死者のためと思い疑わぬものの、実際には生者が自らのためにするもので「人は、亡き人の生に対し篤き敬意を払うことで自らの生の尊厳を保証する」儒仏混合ともいうべきか、魂が依り付く位牌と、魄すなわち肉体が寄り付く墓の二つを別に祀る日本の簡易複葬の成り立ちなど、死生観を学ぶ。しかし、我が敬愛する榎木津よ、いくら体調が芳しくないとはいえ何たる体たらく。自分への依頼が明確でないとばかりに、存在価値を示さぬとは。京極堂曰く「この世には不思議なことなど何もないのです」否、君だけは不思議の権化でなくてはならん。

  • ミステリとしての意外性や衝撃はいつもよりかなり少ないかな。
    読者も読んでる最中に気付ける部分が多いと思います。
    でも京極堂の講義が自分の興味があるところどんぴしゃだったのと、関口が前回よりは行動的で元気になったかな…?という点がシリーズファンとして嬉しくて大満足です。

  • 大好きなシリーズであるが、さすがにネタ切れを心配させるほど、今回はクオリティが落ちていた。『このミス』でもやはり評価はさほど高くないようである。もちろん、中禅寺秋彦や榎木津礼二郎など、お馴染のキャラクターが登場し、いつもどおり「憑物落とし」のシーンなどもあるため、そういった点で楽しさはあった。しかし、肝腎のミステリイとしての要素がどうにもいただけない。真犯人をあのような「特殊」な人物に設定してしまえば、それこそ「警察相手にウソを吐いてはいけないと知らなかった」とか「じつは日本語がよく理解できなかったので適当に頷いておいた」とか、そういった真相でも許されてしまう。そもそも、真犯人が容疑者から外されていた根拠じたい、「とうていウソを吐いているようには見えない」という、感情論に基くひじょうに薄弱なモノで、論理性の欠片もない。そんな貧弱なロジックが破られたところで、なんの驚きもなかった。それ以外の周りを固める小さなナゾにかんしても、由良公滋が覗き行為をしていたことは簡単に推測できるし、由良昂允がじつは屍姦しているのではないか――コレは真相とは異なるけど、まったく的外れでもない――のようなことも、想像の範囲内である。わざわざありえない世界観を築き上げた挙句、わりと妥当な線でまとめて来るのであるから、さすがにコレでは高く評価できないであろう。それでいて、いつもどおりの作品の長さ。このシリーズにかんしては、ペダンティックな部分も含めて評価すべきであろうから、たんに長いことだけを取り上げてことさら批判するつもりもないけれど、それにしてもやはりこの長さでこの結末では納得がゆくものではない。せっかくココまで辿り着いたので、今後もシリーズは読みつづけるとは思うが、それだけに余計にこの内容は残念に感じる。

  • 2015年9月20日読了。
    2015年142冊目。

  • 陰摩羅鬼。
    おんもらき、で変換出てびっくり!(笑)
    難しいよー!読み仮名。(笑)

    相変わらず、面白かった。
    いっきに読みました。
    中盤の榎木津や、木場のかけあいが面白い。

  • 長すぎて遅すぎて無理でした。

  • 長いみすてりー小説。

    以下は読み返して作った整理のためのメモ。登場人物と名詞が多いので。
    【目次兼メモ】 [章--頁数--視点-]
    プロローグ 0012頁  関口
    01章 0036頁  康允
    02章 0096頁  関口
    03章 0218頁  伊庭
    ・0326 『獨弔(どくてう)』
    04章 0338頁  関口
    05章 0422頁  伊庭
    06章 0540頁  関口
    07章 0628頁  康允
    08章 0688頁  関口
    09章 0808頁  伊庭
    10章 0940頁  関口
    11章 0992頁  康允
    12章 1022頁  関口
    13章 1188頁  伊庭

  • 本屋大賞、2004年度9位。珍しく、このミスベスト10には入ってないだけあって、途中で大体、結末が見えてくるし、探偵の榎木津もなんだか邪魔な感じ。ミステリー的にはいまいち。いつものうんちくをベースとした、難解なやりとりも、あんまり興味持てない。関口が真相を認識するあたりで、議論についていけてれば楽しいかとも思うけど自分には無理。いつもながら製本技術には感心するほど、分厚くって電車で読むのとかも苦労するけど、ブクログとか見ると上下分冊版より分厚いやつの方が人気あるのね。確かにミステリーだと、何度か、途中で振り返りたいときがあるので1冊の方ば便利とも言えましょう。

  • 儒教と仏教と死生観が至る所で論じられている。
    色々と目からうろこ。
    実は読むのは2回目だけども、ただ驚かされた1回目とは違う視点でじっくり読めて面白かった。

  • 長すぎる。挫折した。。
    やはり持ち歩けないのが痛すぎる。
    そして、話の展開が遅すぎる。

  • シリーズにしては珍しく先が読めてしまったことが印象的。
    比較的わかりやすく、するするっと読める作品だとおもう。
    おもしろいです。

  • 時間と、命。
    生きることと、生きて居ることと、なくなること。

    白樺湖畔に佇む「鳥の城」では、主が婚礼をした翌日に必ず花嫁が殺される。23年前、19年前、15年前、8年前――。そして今日、5回めの婚礼が行われる。花嫁を守るために呼ばれた榎木津と関口を巻き込んで……。

    榎木津さんが体調不良で目が見えなかったり、関口くんがどんどん悪化していたりする感じの第八弾。前回死にかけてた関口くんが心配で読み始めたのに、やっぱり関口くんの独白は陰鬱すぎて、読んでるとこっちまでどんどん陰鬱になっていく‥。鬱だ。でも、今回は花嫁のために奔走したり、榎木津を叱ったりと精一杯頑張ってて良かったよ。

    いつもの面子ももちろん好きだったのですが、退職警官の伊庭さんがとてもかっこよかったです。

    今回は、かなり早い段階から、事件の全容が見えてしまったので、謎解きのビックリは弱め。その分、「こんなに悲しい結末をどう決着つけるのか」が重点だったように思う。

    儒者・儒教の考え方は丸山天寿の琅邪シリーズを思い出したので比較的さっくり読めた。

全244件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)のその他の作品

京極夏彦の作品

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする