アフターダーク (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.16
  • (394)
  • (986)
  • (2746)
  • (640)
  • (182)
本棚登録 : 12387
レビュー : 1081
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062755191

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • p.136 何かをうまくやることと、何かを本当にクリエイトすることのあいだには、大きな違いがあるんだ。

    p.159 沈黙の深さは、耳が痛くなってしまうほどだ。

    p.233 私らの立っている地面というのはね、しっかりとしてるように見えて、ちょっと何かがあったら、すとーんと下まで抜けてしまうもんやねん。それでいったん抜けてしもたら、もうおしまい、二度と元には戻れん。

    これまで読んできた村上春樹作品の中では、最も読み終わった後のなにとも言えない虚無感を感じなかった作品。テーマとしては、どの作品にも一貫して、喪失なるものがあると思う。喪失を受け入れる人、足掻く人、喪失から目をそらす人、直視する人。一旦喪失してしまったものはそう簡単に取り戻すことはできない、という前提のもと力強く生きようとする主人公を描き、それが時代を反映しているように思えてならない。たぶん、生きていくというのは自分が考えているよりもいくぶんか大変なことなのだろうと思う。

  • 少女が一歩成長したんだなと思いました。

  • ほとんど村上春樹を読んだことが無かった当時、本書が出た直後に読んだ記憶がある。ほぼ忘れていた。再読して、だいぶ村上春樹に馴染んで来たのか非常に面白かった。とくに結論が出るわけではない物語だが、読者によって幾通りにも読むことができ、それを想像するのがまた楽しい。

  • 周りの空気感に負けて
    読んで
    いまいちわけわからんかった。

  • 話の結果がどうととかでなくて、会話の内容に興味を感じた。

  • めっちゃ好きだった

  • ・2/4 読了.パラストーリーの著者の本領発揮という感がある物語.相変わらず不思議な展開のストーリーだ.もう少し先までストーリーが続いて謎解きまでやってくれてたら腑に落ちたのかもしれないな.ここまでだからいいんじゃないっていう意見もありそうだけど.

  • 私はハルキストにはなれない。たぶん今後は読めない…伏線回収できなくて、読了後に惑う感じ。

  • ファミレスで深夜に本を読んでいる浅井マリに起こる一晩の出来事と、眠り続ける姉のエリを見ている<私たち>
    要旨は全然よくわからないけど、不思議な世界を覗いた気分になってなぜか心に残る。

全1081件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

アフターダーク (講談社文庫)のその他の作品

アフターダーク 単行本 アフターダーク 村上春樹

村上春樹の作品

ツイートする