NO.6♯1 (講談社文庫)

  • 講談社
3.92
  • (515)
  • (465)
  • (560)
  • (37)
  • (4)
本棚登録 : 3940
レビュー : 417
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062755238

作品紹介・あらすじ

2013年の未来都市"NO.6"。人類の理想を実現した街で、2歳の時から最高ランクのエリートとして育てられた紫苑は、12歳の誕生日の夜、「ネズミ」と名乗る少年に出会ってから運命が急転回。どうしてあの夜、ぼくは窓を開けてしまったんだろう?飢えることも、嘆くことも、戦いも知らずに済んだのに…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 美しく衛生的、そして安全な理想都市No.6が舞台です。
    どういった背景でこの都市がうまれたのかわかりませんが、多くを管理され守られたこの都市は美しくも、汚いものに蓋をするような、邪魔なものを排除するような歪さを抱えていて、正直ちょっと、怖い。
    でも、これは何も架空の都市の話というよりも、今私たちが生きているこの世界を揶揄しているような一面もありつつ、ちょっと考えさせられます。

    都市を発展させる鍵は優秀な人間であり、そのために教育に重点を置く。これはどの国家も行っていることですよね。
    社会主義国家だって、理想を追求した形の1つだったろうし、人間はいつも理想を追求しながら発展してきたはず。
    残念ながら人間はみな強いわけでも善人なわけでもないから、包括的に生きることが望ましいけど、なかなか難しい。

    今はこちらの世界も格差が広がっていますが、一度レールを外れたら這い上がることが難しい社会こそが問題です。幸いにもこのNo.6のように一度外れたらもう救いはないなんていう状況ではないですが、今は過渡期な気もしています。
    きっと人は、ただ何かを享受するだけでは満たされない生きものなんじゃないかな…と思いつつ、多くの犠牲の上に成り立っているであろうNo.6という都市の裏に何が隠されているのか、蠢く闇を見つめていきたいと思います。

  • 理想都市の隠された真実や寄生バチの正体など、先が楽しみな要素が多く、テンポもいいので読みやすい。ネズミの過去も気になる。
    ただ、あまりにあからさまなボディタッチやBL的なセリフが多いのがちょっと読んでいてひっかかる。

  • 京都女子大学図書館での請求番号は、「081/Ko192/A-100-1」です。

    「バッテリー」などでも人気のあさのあつこさんの作品です。
    近未来都市、「No.6」の光と影、人間の本性、理想と現実といったさまざまなテーマが入っていて、物語の世界に引き込まれます。

  • 世界観に引き込まれる。
    現実では有り得ないだろう話。
    しかし根は今現代にあり、
    その奥深い所にあるものを探って
    想像し、創造した世界が
    このNo.6という世界なのだろう。
    人間の心の底にある醜さを視、
    原因不明の死など予測不可能なことへの
    恐怖に脅かされた。


    途中途中にシェクイスピアの[マクベス]などから
    台詞が引用されている。
    その台詞がこの世界の声のように感じられ、
    No.6という世界を象徴しているように思った。


    一味変わったあさのあつこを味わえる
    またとない本である。

  • 2013年、9月7日。紫苑12歳の誕生日。ぼくは2歳の時の知能テストで優良と認められて、それ以後母と二人、ずっとNo.6といわれる特別管理地区にでエリート生活を送ってきた。12歳の誕生日までは。その日は台風が近づいて来ていて、風が強かった。ぼくは窓を開けて、叫んだ。「壊せ、破壊してしまえ、何を?すべてを。すべて?」窓の管理ロックを解除したら、そこにネズミとなのる血まみれの少年が部屋に入りこんでいた。ぼくはネズミの傷を手当てしてやり、ココアを飲ませた。その数時間後、ネズミを捕らえに来た市の管理官が踏み込んで来て、ぼくは学校もやめさえられ、母さんと特別管理地区から出ることになった。数年後、ぼくは特別区内の掃除係だった。その受け持ち場所で人が死んでいた。老人に見えた死体は30代の男性だという。次の日、同僚が死に、その現場を目撃したぼくは、彼がどんどん老いていき、首の後ろから蜂のような昆虫がでてくるのを目撃する。どうやら寄生虫。宿主を老いさせて死に至らしめるらしい。しかし市の当局はぼくを犯人にでっちあげ、逮捕しようとする。あわやのところで、ネズミに助けられる。ネズミとともに、汚水を泳いで管理特別区から脱出。ネズミとともに理想都市の外、西区で生きることとなる。


    1巻だけでは正直、おもしろいかどうかわからない。紫苑の幼なじみ沙布(さふ)は海外留学の前に紫苑に告白し、セックスしたいとせまったり、内容的にはハード。中学生から向き。

  • アニメの一話をみて、おもしろそうだったので、読んでみました。
    素直におもしろい。マンガよりの描写がされているので、イメージが膨らませやすいし、適度に簡易にしているので、非常に読みやすい。

  • アニメ化するということで、ミーハー気分で読みたくなり、
    図書館行ったら書架にあったので飛びついた。
    図書館は予想以上に穴場だと思う。

    ふむ、まだ始まったばかりの冒険がどうなるか未知数。
    面白くなるか、つまらなくなるかも、今後の展開次第。
    紫苑とネズミの掛け合いは、確かに面白い。

    この冒険の中で紫苑とネズミが
    変わるかもしれないし、変わらないかもしれないし、
    どんな風に変貌していくのか、そこを追っていく楽しみも
    あるかもしれない。

  • 児童書だったせいで視界に入ってなかった。こんなにおもしろいのにもったいない。もっと早くに読みたかった、と思った一冊です。
    あさのあつこ、SFも書いてたんだ。

    舞台は近未来。NO.6と呼ばれる都市で出会った二人の少年。紫苑と(通称)ネズミ、12才。
    そこから紫苑の運命は転がりだす。二度目の出会いは16歳。治安当局に連行される途中を「ネズミ」に救われた紫苑。
    一見理想郷に見えるのNO.6の暗部。そこに静かにはびこる、人に寄生し異常な死に至らしめるハチ。なにより「ネズミ」、あんたはどういう人間なんだ?
    謎をちりばめ、続きを読まずにはいられない気にさせる第1巻です。

  • 2019.4.22
    BLぼさがちょっとキツいが、サクッと読めた。
    作者が女性だからか…

  • あさのあつこ先生は何と言っても読みやすく面白い。この作品に至っては物語にすっと入ってしまい、世界観に惚れ惚れしてしまう。。これは子供の時に読んだんだけど、5巻くらいで読むのやめてしまった。終わるのが悲しくて読めなかった。。子供だねぇ。。笑笑 もう大人になりましたので一から読み返そうとおもいます

全417件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

あさの あつこ
1954年生まれの小説家、児童文学作家。岡山県英田郡美作町(現:美作市)湯郷出身。幼少の頃から本に親しみ、中学の頃から創作日記をつけはじめ、中学2、3年生の頃から作家を志す。青山学院大学文学部入学後、児童文学サークルに入り活動。卒業後小学校の臨時教諭を2年間務め、結婚。日本同人協会「季節風」同人となり、そこに連載した『ほたる館物語』で作家デビュー。
代表作に、1996年から執筆を続ける『バッテリー』。97年野間児童文芸賞受賞、99年『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、2005年『バッテリー』全6巻で小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。シリーズ1000万部超の大ベストセラーとなり、映画化・アニメ化された。

NO.6♯1 (講談社文庫)のその他の作品

あさのあつこの作品

NO.6♯1 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

NO.6♯1 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする