プラネタリウムのふたご (講談社文庫)

  • 講談社
4.01
  • (409)
  • (268)
  • (316)
  • (26)
  • (9)
本棚登録 : 2501
レビュー : 298
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062755252

作品紹介・あらすじ

だまされる才覚がひとにないと、この世はかさっかさの世界になってしまう。-星の見えない村のプラネタリウムで拾われ、彗星にちなんで名付けられたふたご。ひとりは手品師に、ひとりは星の語り部になった。おのおのの運命に従い彼らが果たした役割とは?こころの救済と絶望を巧まず描いた長編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ふたごは、ひょんなきっかけから生きる道を別ち、それぞれ動と静ともいうべき、真逆の人生を送った。
    立つ舞台は遠く違えど、ふたりは星を通じて繋がっていて、それぞれが自分の役割ないし幸福を見つけた。

    タットルがテンペルのふりをして、罪の重さに耐えかねて憔悴した栓ぬきに「ぼくはね、水になるんだ」と秘密の話を持ちかけるシーンが本当に好きすぎる。ここに至るまで、残酷な描写もあったけど、いしいしんじさんの使い選ぶ言葉は絶対にそこで不快感を感じさせなくて、どこか神話のようで、きれいで。

    テンペルサイド・タットルサイドの人生が描かれている間、私はそれぞれサーカスの一員または観客・村人になったような感覚に陥った。「だまされる才覚がひとにないと、この世はかさっかさの世界になってしまう」って一節が本文の中にあるけれど、小説を読む行為もある意味、だまされることだなあと。映画とか、創作作品もそう。
    だます才覚とだまされる才覚、そしてお互いがその態度を受け入れ許し合う空気ってのには双方にやさしさやしあわせが内包されているんだなあとか思ったり。どっちの才覚も大事にしたいなあと思いました。
    とにかく何が言いたいかっていうと、大事な本になりました。また読み返したい。

  • フォロワーさんからオススメして頂いた、初いしいしんじさん。

    「でも、それ以上に大切なのは、それがほんものの星かどうかより、たったいま誰かが自分のとなりにいて、自分とおなじものを見て喜んでいると、こころから信じられることだ。そんな相手が、この世にいてくれるってことだよ」

    泣き男が言ったこの台詞が、この小説の一番ぐっとくる部分だと思う。

    幼い頃に双子が見たプラネタリウムの星空は、双子にとっての暖かくて大切な思い出で、道は違えどしっかりと受け継いで人に伝えていく。お父さんと双子とプラネタリウムと、それを取り巻く人間模様の、優しさで溢れるお話でした。

  • こころが絶望した時に読みたくなる本。
    本物とまがい物、だまされることと信じること、この世とあの世、そして生と死。
    その狭間で生きるヒントをくれる、温かくて哀しい物語です。

  • 人からおすすめされて。
    ひらいてすぐ、文調や世界観が児童書っぽくて、なんだか懐かしい気持ちになりました。
    話を読み終わって、この物語に一貫したなにがしかの「おもいをとげる」ものがあったか、というと、そういったものはとくにないように思います。この物語に明確なゴールはありません。ただ、ふたごに終止符が打たれたという、それだけ。
    テンペルは手品師に、タットルは郵便配達夫とそれからとうさんの仕事のプラネタリウムの解説員になって、別々の道を歩むことになります。
    外を巡る者と地元に残る者、舞台に立つ華々しい仕事と「まあまあ」な仕事。それぞれ正反対だけど、人をだましてしあわせにする点は一緒。
    ふたごは別々の道になってからというもの、出会う人も事柄も、知識や思想も違うものを手に入れ、それぞれ大切なものを失いました。けれどふたごの根本は変わらなかったなと思いました。
    ふたごはとうさんと星空が愛しくて、とてもやさしくて、いたずらがすき。
    いつだって、「六本目の指」でふたごはつながっていて、同じ星空を思っていたのだろうなと。
    わたしは、サーカスの動物たちが哀れで、いい子で、かわいいです。
    人間も動物も、ゆがんだ世界でゆがんだ自分として順応して、けれど芯には太いものをもって生きている。
    決して、ハッピーエンドではないけれど、星空の下で強く地面を踏みしめる感触を味わうような、少しさみしくて、あったかい気持ちになりました。
    また年を重ねたとき、読み返したいなと思う作品です。

  • 全体通して美しくて、涙がこぼれる場面もありました。一部の描写が少しグロテスクに感じたのが(動物の吐息の表現など)、世界観の美しさと対称的でショックで強く印象に残っています。
    読了感は、切なくて悲しいけれど爽やかなものでした。

  • もう大満足。
    胸ときめくのは、タットルや泣き男が解説するプラネタリウムにテンペルの手品&サーカス。
    そして、波乱の鉄道王のパーティーや、熊騒動、山の危機のシーンなどなど、
    今まで読んだいしいさんの作品の中で、一番ワクワク!

    それでいて今回も感じる、生きていくことの残酷さや哀しさ、切なさ。
    それらがからまりながら最後にはほわりとしたあたたかさを置いていってくれる。

    いしいさんの話は合う合わないがはっきり分かれるところだとは思うけれど
    ぜひ いろんな人に薦めてたくなった。

  • 幼い頃、母に読み聞かせてもらった絵本を思い出した。
    挿絵なんてひとつもないのに
    幸せも悲しみもバランス良く配合されている、キラキラした温かさは
    読み聞かせられた物語を反芻しながら眠りについた、あの頃を思い出す。

    騙される才覚。
    味気ない毎日に、彩りを添えるもの。
    わたしは、きちんと磨き上げることが出来ているだろうか。

  • 読み始めたのは数ヶ月前だけど笑、あいだにいろいろ挟みつつ読み終えましたー

    栓ぬきが登場してからは早かったなぁ

    一冊を通して、一貫して、複数の視点の複数の出来事から"だまされる才覚"について描かれてる

    (手品をみて、しっかり騙されて楽しめる?とか、そういうこと。フィクションを楽しむこと。それをあなたの真実にできるかということ)

    たしかになぁと思います
    そしてわたしはその才覚ありすぎるなぁと笑
    おかげさまで楽しすぎるぜー!

    あと泣き男が言った「どんなにつらい、悲しいはなしのなかにも、光の粒が、救いのかけらが、ほんのわずかにせよ含まれているものなんだよ。それをけして見のがしちゃならない。」ってゆう言葉を忘れないでいたいと

    • すぴかさん

      はじめまして。

      辻村深月さんの「名前探しの放課後」
      のレビューをだーっと拝見していたところ
      "だまされる才能"の言葉にぶち当...

      はじめまして。

      辻村深月さんの「名前探しの放課後」
      のレビューをだーっと拝見していたところ
      "だまされる才能"の言葉にぶち当たり
      この方プラネタリウム読んでらっしゃる!!
      と、わきゃーっと興奮してしまいました。

      泣き男のその言葉、素敵ですよね!
      プラネタリウムのふたごに出てくる人たちの言葉はどれもすごいキラキラしていて全部大切にしたいくらいです。


      辻村深月さんの作品は"だまされる才能"があるととっても楽しめますよね(*・∨・*)

      私にも素晴らしい"だまされる才能"があります。(鈍感…とは言わない。)

      プラネタリウムのふたごで教わって、その才能を良い意味でフル活用しております(笑)



      登録したばかりでコメントの使い方があっているかよくわからないのですが、こちらに残させて頂きます。


      長文失礼しました。

      2012/07/30
    • hrnr0さん
      すぴかさんコメントありがとうございますー*
      お返事すごく遅くなりましたすみません、いかんせんブクログ使いこなせていなくて……!
      でもこうして...
      すぴかさんコメントありがとうございますー*
      お返事すごく遅くなりましたすみません、いかんせんブクログ使いこなせていなくて……!
      でもこうして本の話ができるのとても嬉しいです!ブクログさん万歳!

      “だまされる才覚”って、印象的だし、すごい汎用性のある言葉ですよね!あらゆる場面で実感するというか……便利に使わせてもらってます笑
      はい!素敵な言葉がたくさんありましたね*

      辻村作品、ラストの畳み掛けるような種明かしは、だまされる才覚本領発揮で楽しいですよねー+*'・゜゚

      お話できて嬉しかったです、
      ありがとうございました!*
      2012/10/17
  • 童話のような小説。
    悲しいのに温かい。悲しいから温かい。
    そんなお話です。

    プラネタリウムに置き去りにされた銀色の髪の双子、テンペルとタットルの物語。
    父親となって二人を育てる解説員の泣き男。
    郵便配達の仕事、熊の棲む森、村にやってきた手品師の一座。
    少し不思議で静謐な雰囲気が漂う世界に徐々に慣れていくにつれて、物語も動き出していく。

    テンペルの身に起きること、タットルの身に起きること、それぞれがドラマチックで、でも大げさでなくて、自然とひきつけられてしまいます。
    常に頭上に広がる夜空の星々に見守られているような、静かなぬくもりが感じられる不思議な感覚。

    読み終わって心が洗われるような思いにひたってしまい、
    そんな自分を新鮮に感じた一冊。

  • (ジャケットとタイトルにひとめぼれ)

  • 嘘をつく優しさ。
    だまされてあげる優しさ。
    いしいしんじさんの描く物語には、なんて優しさが溢れているんだろう。
    http://matsuri7.blog123.fc2.com/blog-entry-165.html

  • 2/5は
    ふたごの日
    だまされる才覚がひとにないと、この世はかさっかさの世界になってしまう―拾われたふたごの物語。

  • プラネタリウムの解説員である「泣き男」は、村で水死した女があとに残した双子を引き取って育てることになる。
    双子には、太陽の周りを三十三年周期で回っているテンペルタットル彗星から、テンペル、タットルと名が付けられる。

    勝ち気で活発なテンペルは、村にやってきたサーカスの一座についていき、やがて世界的な手品師として、旅から旅の暮らしを送るようになる。
    対する穏やかなタットルは、村に残り、郵便配達員として、また父の仕事を手伝ったりして暮らしている。
    中身は対照的でも見かけがそっくりなこの双子は、「熊」に関わってそれぞれの運命を歩んでいく。

    いしいさんの作品には、いろいろなものが詰まっている。
    身体の苦しみ、心の痛み、思いやりや知恵。
    ここで描かれる世界は決して理想的なものではなく、雑駁で残酷なものも含まれているけれど、どこか温かい。
    『麦踏みクーツェ』よりも、本作の方が好きかもしれない。

  • プラネタリウムに置いて行かれたふたご。テンペルタットル彗星の解説中に泣いたことから、テンペルとタットルというなまえで呼ばれるようになる。銀色の髪をした美しいふたご。
    紙製品の工場が動き続ける村では、もやや煙で星が見えない。
    ふたごは解説員「泣き男」のもとでプラネタリウムや星、神話に親しみながら育つ。
    あるとき、魔術師テオ一座が村にやってきたことからふたごは離れ離れになる。タットルは郵便配達をしながら星を語り、テンペルは手品師へと。

    「麦ふみクーツェ」以来の、いしいしんじ作品でした。
    クーツェを読んだのも思い出せないくらい昔のことで、いしい作品をほぼ知らない状態での読書でした。
    優しい文章は気持ちを暖かくさせる。でもその優しさは、シリアスな展開では不思議な感覚にさせました。
    登場人物に名前がない(ふたごとテオを除いて)、時代や場所の背景がはっきりと描かれていない分、私の想像が世界を作っていくので楽しかった。


    作品の中には、ふたごも村の人も、一座の人も、人を「だます」シーンがある。「だます」というとちょっと聞こえが悪いけれど、悪い意味ではなく、誰かを思っての行動だった。

    村に新しい工場ができることになり、それまで村や人々にとって畏怖や畏敬の対象だった北の山が崩されることに。何十年も熊が出ていない山で、毎年狩りの時期に行う儀式。なんのためだったのだろう、と肩を落とす狩人。しかし北の山に熊が出たことによって、再び村は盛り上がる。
    でも実はその熊、タットルだった。
    山を開かせないようにという思いでした行動なのだと思う。(撃たれないか撃たれないかとハラハラ読んでた。)
    しかし村の人たちは、熊はタットルが正体だと知っていた。知ったうえで作戦をねり、山へとのぼっていた。
    これはお互いにだましあっていたってことなんだろう。
    でもそれでいい、と村人は思っていたのだろう。
    毎年毎年、儀式的に行ってきた自分たちの行為、村を思ってのタットルの行動。嘘とか、本当とか、そんなことではなくて、誰かを喜ばせたいという気持ちがそうさせたんだろう。

    そしてお話の最後には、みんなが大きな「嘘」をつくことになる。それでも一人の男の子を救った。
    喜ばせたい、幸せになってほしいという気持ちが生んだことなのだろう。

    個人的には、死と星が結びつかなかったことに不思議な安心を感じた。(これは私の個人的な死生観?)
    氷山の氷から、ゆっくり解けだして水になる。水になったらすべての海とつながりをもち、雲になってどこかに降りそそぐ。
    そうやってもっと広い世界へとつながりを持つのかもしれない。

    思えば、プラネタリウムの中でも人をだますことになるのかなぁ、と。
    天井に広がっているのはにせものの空で、にせものの星。時間も操作できるので、にせものの時間の中にいる。そのなかで、本物とおなじように見せる。
    星座に描かれた神話は、実は出典がごちゃごちゃになっていたりして、生まれてから長い年月と人の営みを経て変化してきたもの。だからはっきりとした正解がない。でもそれを、きちんとお話をする。
    小さい地球上ではわからない天体の動きや、その科学的なものを、空間や時間を操作して(にせものの世界のなかで)お話をする。
    でもそれは、誰かを喜ばせることのできる。ちょっとした手品なのだ、と教えてもらったような気がした。

  • 「手品師の舞台は、演芸小屋や劇場にかぎらない。私たち手品師は、この世のどんな場所でも、指先からコインをひねりだし、カードを宙に浮かせ、生首のまま冗談をとなえつづけなければならないのだ。いうなれば私たちはみな、そろいもそろって、目に見えない六本目の指をもっている。手品師たちのその見えない指は、この世の裏側で、たがいに離れないよう、密かに結ばれあっているものなのだよ」

    ファンタジーの名手いしいしんじの傑作長編。
    山間の村にただひとつあるプラネタリウム。そこに捨てられた双子のテンペル・タットルを中心に悲喜こもごもの人間模様を綴る。
    剣も魔法も出てこないけど、この人の書く本はすべからくファンタジーだと思う。
    どこかにありそうでない街。現実離れしてるようで、現実を引き継いだ世界観。よい人もいれば悪い人もいる、正直者もいればずるい人もいる。金持ちも貧乏人も、大人も子供も、強者も弱者も……そして彼の作品の主人公は普通の人より少し不器用で、少しだけ世界からずれたところに存在する者。
    プラネタリウムに捨てられた双子は泣き男に拾われ育てられ、銀色の髪の美しい少年に成長する。
    毎年工場では父親のわからない子供が産まれ養護施設に預けられる。煙突が吐き出す煙のせいで空は曇り、星は見えない。労働者は皆疲れている。そんな村で唯一、村人の娯楽として偽の星空を映し続けるプラネタリウムでは様々な出来事が起きる。
    十四歳になった時、テオ座長率いる手品師一座が村を訪れたことによって、二人はそれぞれ別の道を歩むことになるのだがー……

    優しくて哀しくて痛くて切なくて、いろんな感情で胸が一杯になる。
    綺麗で楽しいばかりがファンタジーじゃない。
    実際、作中では少なからぬ悲劇がおき、少なからぬ涙が流される。
    時に、不幸に打ちのめされた人の心は絶望の闇で塗り潰されそうになる。
    けれど

    「くらやみなんです」
    「もちろん、そこには何も見えません。見えないから、闇というのです。でもだからといって、そこに、なにもないとは、いえませんでしょう。なにかがあると感じるからこそ、われわれはきっと闇にひかれ、そして闇をおそれるのでしょうから」

    作中泣き男が語るこの台詞こそ、本作の、ひいてはいしいしんじ作品すべてに通底するテーマを象徴する。
    作者は目に見えないことやものを軽んじず、尊重し、あくまで純粋に向き合い、描き出そうとする。
    哀しい過去を背負った不器用で真摯な人間達。
    彼らが哀しみと折り合いをつけなんとかやっていこうとする姿勢が、自分が辛い時さえどん底の誰かをすくい上げようとする優しく気高い志が、「感動」の一語で括れない深遠な余韻を帯びて胸に迫る。

    犬と兄貴のエピソードには思わず泣いた……。

  • ある村のプラネタリウムで拾われた双子のお話。

    これはファンタジーなのだろうか、それともそうではないのか、と不思議に思う程、摩訶不思議なことだらけなものだったと思います。
    泣き男が語る星の話は、普段はあまり興味のない分野なのですが、ひとつひとつ星には物語があるのだなと新たな発見が出来たような気がします。また神話についてもっと知りたいとも思いました。
    ふたごだからといって双子の括りにせず、分けてよく書かれているのでとても面白かったです。

  • だまされる才覚がひとにないと、この世はかさっかさの世界になってしまう。
    ―星の見えない村のプラネタリウムで拾われ、彗星にちなんで名付けられたふたご。
    ひとりは手品師に、ひとりは星の語り部になった。
    おのおのの運命に従い彼らが果たした役割とは?
    こころの救済と絶望を巧まず描いた長編小説。

  • こころから信じられる、そんな相手が、
    "この夜"からいなくなってしまうお話。

    本当は"この世"だが、
    今作品には夜のほうがぴったりくる。

    そばにいると確信するラストだが、
    そうではないと私と感じた。


    過去に読んだいしいしんじ作品と比較すると
    主人公の二人が運命に翻弄されるばかりで、
    本当は何がしたいのか動機がよく読み取れない。

    残酷さと幸福が入り交じるが、
    全体を通すと非常に哀しい。

  • やさしい気持ちになる物語。

  • 雰囲気は良い。
    良作感はあるが、話自体にメリハリがなく、読ませる感がない。
    返却期限が来たため挫折。

全298件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

1966年生まれ。作家。著書に「アムステルダムの犬」(講談社)、「ぶらんこ乗り」(新潮社)、「トリツカレ男」(新潮社)、「悪
声」(文藝春秋)ほか。「麦ふみクーツェ」(新潮社)で坪田譲治文学賞受賞。京都府在住。

「2019年 『靴のおはなし2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

プラネタリウムのふたご (講談社文庫)のその他の作品

プラネタリウムのふたご 単行本 プラネタリウムのふたご いしいしんじ

いしいしんじの作品

プラネタリウムのふたご (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする