Frozen Ecstasy Shake (講談社文庫)

著者 : 桜井亜美
  • 講談社 (2008年1月16日発売)
3.37
  • (3)
  • (2)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 50人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062755313

Frozen Ecstasy Shake (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アギト…なんかもー、
    いいわあ。虚無的な。私の欲望の形はどんなだろー…。
    最初の凛花のが1番好きだなあ

  • 多分桜井亜美さんの小説で3冊目に読んだものです。
    オムニバス形式になっていって4人の女性が描かれています。
    相手は同じ人だけど…幻影というか妄想というか…
    後味が不思議な本

  • 誤植が多くて萎えた部分もあったが、カラーで映像として脳内に世界が広がる物語の展開は、よかったと思う。ところどころに挟まれる写真も、真中瞳が彼女じゃなく見えるぐらい奇麗に撮られていて、素敵だった。内容は、4人の女の官能小説といってしまうと乱暴すぎるかもしれないが、SEXシーンの描写も素敵で、それ以上に、物語の中核にある心の描き方も奇麗だったと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

桜井亜美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Frozen Ecstasy Shake (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする