刻謎宮(2) (講談社文庫)

著者 : 高橋克彦
  • 講談社 (2006年10月14日発売)
3.63
  • (5)
  • (9)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :84
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062755368

刻謎宮(2) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 刻迷宮Ⅰのラスト2章分を含んだ第2巻。
    とりあえず歴史の歪みを元に戻し、敵にも逃げられたところで
    再開です。

    今度の舞台は古代中国。
    封神演義でおなじみの時代、敵に察知されないように、と
    その時代の人間の身体を借りたところ、思わぬ誤算で沖田総司ピンチ!
    危機を乗り越えたところで、残りの仲間ヘラクレス、マルコと
    合流するため、三蔵法師ご一行様に扮する一同。
    …まぁもともとが「ごった煮」の世界なので、面白ければそれでいいです(笑)。


    【収録内容】
     星天の章
     約束の章
     再開の章
     幻美の章
     昏迷の章
     光輝の章

  • 歪められた歴史の影に日本の歴史を動かしたあの男が。
    意外な人物の登場に沖田は・・・。
    次々と出てくる歴史の大物に目が放せません。

全2件中 1 - 2件を表示

刻謎宮(2) (講談社文庫)のその他の作品

高橋克彦の作品

ツイートする