九十九十九 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.24
  • (50)
  • (77)
  • (162)
  • (57)
  • (17)
本棚登録 : 858
レビュー : 109
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062756242

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 舞城で一番ぶっ飛んでると思う。

  • 前話が次の話の中で作中作として消化されていく入れ子構造をとったとんでもなくメタメタな作品。
    一見すると意味の見えない行動、現象もその後の話の中で見立てとして回収され、意味のないものを全て消し去る勢いであらゆるものに意味付けがなされていく。
    作品内で自分が登場する小説を読まされる九十九十九は読者の視点を共有しながらも自身が虚構内の存在にすぎないためどっちつかずの宙ぶらりんな状態に放っておかれる。
    その不安定さをだんだんと九十九十九自身自覚していき、最終的にはその不安定な状態を積極的に肯定する形で作品は終わる。
    東浩紀の『ゲーム的リアリズムの誕生』で取り上げられていた通りの解釈だけに留まる作品とは思えないが、繰り返される物語と増殖するプレイヤー=九十九十九の部分は確かに一部分言い当てているように思える。
    最後の一文「その一瞬の永遠の中で、僕というアキレスは先を行く亀に追いつけない」がたまらなくかっこいい。

  • 途中まで物語の構造をある程度把握してるつもりで読んでいたのだが、九十九十九が複数人登場し出す辺りから訳が分からなくなった。「不可能性の時代」(大澤真幸)の207ページ以降を読んでさらに混乱。この本ってそんな話だったの?!
    もう1回読まなければ、頭の中で整理出来なさそう…。

  • すごいね。
    めちゃくちゃな設定とグロい描写で惑わされるけど、文学的にうならせる表現が随所にある。加えてストーリーでも感情を揺さぶられる。
    しかし、普通の人間である私には、いささか持て余さざるを得ない。
    清涼院作品よりはまともかという気にはなる。
    紙一重なんだろうなあ。
    「煙か土か…」は傑作だと思ったが、ここまでぶっ飛んでしまうともうついていけない。

  • 2019/01/05 廃棄

  • 一応ファンタジーに分類。清涼院流水のJDCシリーズの名探偵九十九十九(つくもじゅうく)を主人公にした作品。シリーズ自体一部しか読んでないこともあるかもしれないが、誰これ?
    たまに尋常じゃなくセンスのいい文章が紛れているのだが、あとは何がなんだかよくわからない上に、いちいちグロい。細切れで読んだからかもしれないが、最後の謎解き?も、確かに清涼院流水の作品に似通うところがないではなかったが、それまでの流れが既に追えなくなっていたので、うーん、という感じであった。本当の十九(何人目?)にあいたいので、 別シリーズを読むことにしようかな。

  • 訳は分からない。しかし泣いた。

  • 「だからとりあえず僕は今、この一瞬を永遠のものにしてみせる。僕は神の集中力をもってして終わりの時間までを微分する。その一瞬の永遠のなかで、僕というアキレスは先を行く亀に追いつけない。」

  • 九十九十九はその名前を理由に3人いる。最後にラスト6話の九十九十九と前章7話の九十九十九が戦って、更には1話から通して世界を経験している九十九十九とも戦う。戦いを通じて、ラスト6話の九十九十九は次の新7話に移行することを拒む。だけどなんだかんだ6話にいちゃいけないと6話のお嫁さんに説得されて新7話にいくことを決意する。まだアポカリプスの見立ては終わってない。
    家族愛の存在を信じ、その在りかを求める九十九十九永遠の旅。
    登場人物はオリジナルでなくJDCものなので、この後のディスコ探偵水曜日のための習作なのかなと思う。

  • 元の探偵ものシリーズのトリビュートとのことですが、未読のままこちらを読んだ自分も問題なく楽しめました。
    (wikiの該当キャラの項目を先に読んでおいたほうが面白かったかも?)
    それを踏まえても、元小説のファンはこの内容で怒らなかったんだろうか?と心配になる^^;

    ●以下ネタバレ
    章の順番がめちゃくちゃなところからも、この小説がどういうものかがわかる訳ですが、色々時系列を気にして頭を回転させながら読んでも、ああ、そういうことなの・・・みたいなオチだから脱力すると同時にその疲労が全部悲しみに変わるストーリー構築なので再読する自信がまだ無い。

    つくもかわいそうすぎるやろ・・・

    ●以下ラストネタバレ
    ラストの「アキレスと亀」の引用は、時間をどんどん分割していくことによってはたからみたら永遠に静止しているように見える、ということを言っていると思う。
    つまりカーズ様よろしく「考えるのをやめた」のだから結局目覚めないんじゃ・・・という結論になってしまって悲しい。
    ていうか元々加藤さんちの地下室から出てないんじゃないかと思うんだけど・・セシルとセリカも本当はいないんじゃないかな。

    って考えると本当に悲しいのでちゃんと目覚めて現実と向き合う展開で終わってほしい訳ですがそうなるともう別の小説なので続かないんだろうなあ

全109件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

九十九十九 (講談社文庫)のその他の作品

九十九十九 (講談社文庫) Kindle版 九十九十九 (講談社文庫) 舞城王太郎

舞城王太郎の作品

九十九十九 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする