九十九十九 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.24
  • (50)
  • (77)
  • (162)
  • (57)
  • (17)
本棚登録 : 858
レビュー : 109
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062756242

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テーマのひとつである聖書の見立てが、私にはさっぱり。
    舞城特有のドライビング感は控えめ。
    主人公が「美しすぎる美」を持つ理由には、ががん!となった。

    MVP:寛大誠実正直

  • 頭がーーーん…となった。これはすごい。

  • 清涼院流水の流れで読んではみたものの
    舞城のすごさに圧倒された感がある。
    流水とはまったく違う。
    しかし、これはこれでありだわなあ・・・

  • 大澤真幸の「不可能性の時代」で紹介されたため読んだ本。
    「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」の
    レビューでもちらりと触れました。


    舞城王太郎が書いたこの小説、
    世間のライトコンテンツで描かれる無限ループ性に、終止符をうってみる、
    ということをしたかったのかもしれない。

    大澤真幸の言う「選択」の象徴、「同人誌の流行」。
    自由にキャラクタの物語を変えられる同人誌は
    「自由」「選択」という時代の表れらしい。
    また、世間のライトコンテンツに見られる「無限ループ」という設定も、
    同人誌のような「書き換え」によって無限な膨張の象徴、らしい。

    ここで九十九十九を見てみる。

    無限ループ性をしっかり備えている。
    そして次章が前章を内包していき、終わりがない。
    「自由」「選択」の象徴である無限ループの世界。

    そこに舞城は、ピリオドを打つという作業をした。

    「自由による束縛感」からの開放が必要なんじゃないの?
    もしくは、それをみんな望んでいるんじゃないの?

    なんて言いたげに。
    そういう社会背景性が、読み取れる(あるいはこじつけられる)。

    というのが大澤真幸の論のばっくりしたものだが、
    やはり、これはいえていると思う。


    何故なら、主人公が狙い済ましたように、同人誌的だからだ。
    主人公「九十九十九」は、別の作家の小説の、主人公なのだ。
    ここに「同人誌性」への意識が見られる。

    つまり、主人公も「自由」「選択」の象徴なのだ。
    その象徴的な主人公が、象徴的な無限ループの物語を生きる。
    おそらく舞城王太郎はこれを意識してやっている。
    それくらいの裏を期待をさせる作家なのである。

  • 美しすぎるあまり、顔を見た人を失神させてしまう名探偵の話。今まで読んだ小説の中で一番意味不明かもしれない。
    この本の影響で、清涼院流水さんの小説を買ってしまいました。

  • わっけわかんない
    と思いつつもページをめくる手が止まらない
    純文学だけが文学だ!って人には受け入れられないだろうけど、こういうのもアリだと思う

  • ぐろい

  • 清涼院流水トリビュートで、JDCの九十九十九をモチーフとして舞城王太郎が描いた小説。
    メタにつぐメタ、限りないメタの世界が構築されている。
    言葉遊びという清涼院流水の作風や設定はある程度意識して用いられているものの,清涼院流水作品とは全く異なる世界がある。
    はっきり言って,理解することは不可能である。
    しかし、分からないが素晴らしい作品であることは間違いない。

  • 読み始めてからすぐに話に引き込まれ、物語が進んでいくうちにどんどんハマっていった。話の構成の仕方もおもしろい!
    さすがは舞城王太郎。さすがと思わざるを得ない。
    かなり分厚い本だったが、全く苦にならなかった。

  • 『ディスコ探偵水曜日』より先に読めばよかった。

    メタ探偵の魂の旅、とか言ってモチーフやらは『ディスコ』とかぶってて、考える探偵というのも同じ。
    もう推理小説とか見立てとかばからしいなあと思えてくる。
    でも頭が3つの、が明かされるくだりはなんかよかったな。まさに推理小説の種明かしなかんじで(笑)

    章の時系列が前後する(ワープする)のは、小説内小説の存在やそのリアルとの関係性(そのリアルでさえ保証されないんだけど)に持ってかれてあんまり目立たないと思った。そんなもんかも。

全109件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

九十九十九 (講談社文庫)のその他の作品

九十九十九 (講談社文庫) Kindle版 九十九十九 (講談社文庫) 舞城王太郎

舞城王太郎の作品

ツイートする