ハゲタカ2(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.07
  • (381)
  • (448)
  • (268)
  • (13)
  • (2)
本棚登録 : 2467
レビュー : 220
  • Amazon.co.jp ・本 (412ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062756877

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白い、GSの話し、

  • すでに3・4回読み返している大好きな小説。ダーティー・ヒーロー鷲津政彦がとにかくカッコいい。

  • ハゲタカの第二弾は企業の事業部を切り売りする話。面白かったです。「企業合併で最も気を付けるべきなのは両社の文化が似ていること」。身につまされます。冒頭の伏線には全く触れないまま(上)が終了。(下)では大仕掛けが待ってるかも?

  • 話の生々しさとスピード感は前作に比べるとちょっと劣るかも。
    しかし前作のキャラをうまく使って読者をニヤリとさせる展開は流石の一言。

  • 小説って当たり外れがすごく大きい。絶対にハズさないと分かっている小説は、なんだか安心して手に取ることができる。真山仁氏の小説もその一つ。

    ハゲタカⅡでは、「鈴紡」の買収がテーマ。事実についての真偽の程はわからないが、K社をモデルにしていることが一目で理解でき、より物語に深く引きこまれる。

    前編で終わったと思っていた物語が、またここから走り出す。なんて上手にできた話だろう。経済界と同じように、ハゲタカの世界も新しい伏線を敷きながらどんどん前に進んでいく。

  • 企業買収シリーズ2。カネボウと花王がモデルかな。ラストにテキーラバーのアガヴェ出てきた!あと、ミカドのモデル、金谷ホテルのマーガリンでサンドイッチ食べたらめっちゃおいしかったー。作中と自分の生活が偶然にもリンクしておぉとなった。ストーリーも変わらずおもしろい。初っ端からまさかの展開。

  • 一作目に続いて読了。
    面白いが、なんだか疲れる。話が長い。面白いが、一作目よりも現実味が薄まり、新鮮味というか、充実感というか、心を刺激されるような気持ちにならなかった。疲れるんだけど、続きが気になるので読んでしまう。惹かれてしまう。主人公鷲津のような作品だ。

  • 前作からかなりの年月が経ち、周りの仲間や環境ががらりと変わる本作。
    リンもアランもいないのが寂しい…
    と思いきや!
    早くも下巻が楽しみになる展開、裏切らないなあ。

  • 面白いんですが、アランの死の謎が明らかにならないのが消化不良かなぁ。

全220件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

真山仁(まやま じん)
1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。読売新聞記者を経て、フリーランスとして独立。2004年、熾烈な企業買収の世界を赤裸々に描いた『ハゲタカ』(講談社文庫)でデビュー。これが代表作となり、ドラマ・映画化された。
「ハゲタカ」シリーズのほか、『虚像の砦』『そして、星の輝く夜がくる』(いずれも講談社文庫)、『売国』『コラプティオ』(いずれも文春文庫)、『黙示』『プライド』(いずれも新潮文庫)、『海は見えるか』(幻冬舎)、『当確師』(中央公論新社)、『標的』(文藝春秋)、『バラ色の未来』(光文社)、『オペレーションZ』(新潮社)がある。

真山仁の作品

ツイートする