ハゲタカ2(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.07
  • (381)
  • (448)
  • (268)
  • (13)
  • (2)
本棚登録 : 2467
レビュー : 220
  • Amazon.co.jp ・本 (412ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062756877

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ↓を読んで頂けたら嬉しいです。

    http://ameblo.jp/yomuyomunovels/entry-11274402678.html

  • 鷲津政彦の成功と孤独から始まるこの話だが、だんだん出てくる企業が生臭くなってくるのが実に面白い。上巻では鈴紡という繊維企業を軸にした買収合戦が展開されるのだが、元ネタを知っていると「あっ……」となるあの会社である。寝業師として前巻で敗北した飯島亮介がかっこよく見えるのがまた……

  • アランの死とベルボックス

  • 一年間の放浪を終え帰国したゴールデン・イーグル・鷲津が聞かされたのはホライズン・キャピタル社長・アランの不可解な死だった。感情をビジネスに持ち込まない冷静沈着な鷲津を荒ぶらせるこの衝撃と眠っていた猛禽類の捕食感。ゴールデン・イーグルは再び日本上空を舞い始めた!

  • 【028】1504212読了。

  • 鷲津政彦 が 1年間の放浪のすえ、復帰した。
    鳥葬をみながら 鷲津は 思いにふける。

    ハゲタカ ゴールデンイーグル 
    とにかく、とりにまつわる話が うまい具合に絡んでいて
    おもしろい。

    ホライズンキャピタルの
    アランが酔っぱらって電車にひかれて死んだ。
    なぜなのか?
    それがよくわからない。

    その後がまのピーターが リストラを敢行するが
    それが 鷲津の逆鱗に触れる。

    飯島が あいかわらず ヌエ的な存在として
    うまく立ち回り そこの深さを 知らしめる。

    鈴紡は あきらかに カネボウ。月華は 花王。
    その中に 投資会社が絡んでいた。
    たしかに、カネボウが 粉飾決算をしていた。
    その粉飾決算が 会計会社もグルで 取り組まれていたが
    カネボウの 歴史的な負の遺産。

    それに アイロンオックスの 加地。
    ホライズンキャピタルの 鷲津が切り込んでいく。
    どこに ポイントがあるのか が 見えている。
    なぜ、そして、その背景は?なにが 見えているのか。
    かなり、構成的に積極的に。
    前島朱実が感度がいい。期待が持てる。

    芝野健夫 CRO
    アルコール中毒の妻。快方に向かいながらもすすまず。
    そして ヌエの飯島 鈴紡の岩田に 巻き込まれてしまう。
    くじ運の悪いオトコというのは いつもあるものだ。
    それでも、前向きに 立ち向かおうとする。

    それにしても、ミカドホテル 松平貴子。
    どうなるんでしょうか。
    ホテルというものが グローバルの中で
    展開しているが、そのなかで どう独自性を切り開くのか
    ということでしょうね。

  • 前作「ハゲタカ」の続編。序曲 トリガーから始まる衝撃的な話の流れから、前作場人物達の立ち居地の導入、経済小説としてのコアな部分へと話が進む。この小説が書かれた当時の日本で、ホワイトナイト、ポイズンヒル、ゴールデンパラシュートなど企業買収・買収防衛策などの言葉がマスメディアを賑わせていた。もう一度読みたい本。

  • ・あらすじ
    鷲津政彦はその上をいく!
    ・かんそう
    ほぼ鷲津政彦のターン。僕は殲滅戦が好きだ。だから鷲津政彦が好きだ。

  • 2日で読了。

    かつての、カネボウと花王がモデル。

    相変わらず面白い。
    ハゲタカでもうバックグラウンドがわかっている分、さくさくっと読める。

  • ○真山仁氏のヒット作「ハゲタカ」シリーズの2作目。
    ○1作目の登場人物、背景を受け継ぎつつ、より大きな「相手」との戦い(?)を描いた作品。改めて、著者の取材力、表現力に感銘。
    ○以降の作品との関係での単なる「つなぎ」ではなく、今後の展開を充分に期待させるような内容。

著者プロフィール

真山仁(まやま じん)
1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。読売新聞記者を経て、フリーランスとして独立。2004年、熾烈な企業買収の世界を赤裸々に描いた『ハゲタカ』(講談社文庫)でデビュー。これが代表作となり、ドラマ・映画化された。
「ハゲタカ」シリーズのほか、『虚像の砦』『そして、星の輝く夜がくる』(いずれも講談社文庫)、『売国』『コラプティオ』(いずれも文春文庫)、『黙示』『プライド』(いずれも新潮文庫)、『海は見えるか』(幻冬舎)、『当確師』(中央公論新社)、『標的』(文藝春秋)、『バラ色の未来』(光文社)、『オペレーションZ』(新潮社)がある。

真山仁の作品

ツイートする