ブラフマンの埋葬 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.51
  • (160)
  • (261)
  • (458)
  • (64)
  • (14)
本棚登録 : 2479
レビュー : 330
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062756938

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブラフマン最後まで謎の生物。想像で頑張りました。ちょっとさみしい気持ちになったりでも現実逃避になったりな作品。

  • ブラフマン。うちの犬の描写に近い。特にしっぽ。でも小さな耳ではないし、水かきもない。泳ぎがうまいところカワウソっぽいかな。ラグビーボールはかものはしのよう?
    あまりの唐突な最後にポカーンとしてしまった。
    うちの犬に重ねるほど哀しく、今以上にもっと濃密に過ごしていきたいとおもった。

  • カフカやコクトーも変な生き物を創作していたけれど、これはその小川洋子版。ブラフマンって結局なんだったのだろう・・・

  • 記録

  • ブラフマン。「謎」。
    ブラフマンは一体なんなのか、それも謎だけど、登場人物のすべてが、実はみんな謎なんですよね。
    顔が見えない、何者かわからない、名前もない。
    でも、存在している。
    そして一人、退場していくのだけど…その後もまた、謎のまま。


    読み終わり、解説を読んでいて思い出しました。
    「あ、これ小川洋子さんだ」
    そうだ、だからこんなに痛いのか、心に突き刺さるのか。
    やられた。
    そんな感じでした。
    前に「薬指の標本」や「密やかな結晶」を読んだ時もそうだったけど…。
    ぐさぐさ、刺される。滅多刺し。
    突き刺さる。

  • やっぱり小川洋子あたりだと、ブクログのレビューも多いな(σΦдΦ)σ。昨日まで読んでた筒井康隆とかとは、文字通り桁違いだ( ´ ▽ ` )ノ。
    まず、ブラフマンとは何なのか? という「謎」で引っ張る( ´ ▽ ` )ノ。犬? リス? ビーバー?
    ペットを飼った経験のある人なら、交流の深まりゆく過程がよーく分かるはず( ´ ▽ ` )ノ。
    一方で、恋する娘とは何をどうやっても距離が縮まらない(>_<)。同じ人間なのに(>_<)。知らない写真の中の家族とか、やがて去って行く宿泊客とか、関わりの薄い人たちほど、主人公にとっては繋がりがはっきりしてくる(>_<)。
    それが人間社会ってもんだ( ´ ▽ ` )ノ。
    碑文とか生物教師とか、気になるアイコンは他にもいっぱいあるけど、あまり分析しない方が、こういう小説を楽しむコツだね( ´ ▽ ` )ノ。
    2015.4.8

  • 何の動物なんだ。。

  • ずいぶんあっさりした結末だった

  • 不思議な世界観です。
    彼女が登場した時から嫌な予感はしてました。
    タイトルのままの内容ですので、終始晴れ晴れした気分にはならない。
    分かってはいたけどラストは思わず涙。

  • 不思議ちゃん小川さんらしいんですが…いまいち。

全330件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

ブラフマンの埋葬 (講談社文庫)のその他の作品

小川洋子の作品

ツイートする