ファミリー (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.19
  • (2)
  • (4)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062757133

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1993年刊行。
    不慮の事故で恋人を亡くした弓子は上司の薦めで結婚。優しい夫と理想的とも思える仲の良い家族関係。だが、やがてこの家族の円満さに異常を感じ始める。
    面白かった!!
    家族の正体、隣人との関係、納得の結末だった。
    (図書館)

  • 裏テーマは背乗り? 角川ホラー文庫に頼まれて書き下ろした感プンプン。これで応募しても乱歩賞もホラー大賞も横溝賞も最終候補は残らないでしょうね。商業出版には値するけど、ブックオフで100円コーナーならお得程度。エロ描写は期待したらダメ。

  • 嫌悪感が湧いてくる設定と追い詰められる主人公におぉ…と手に汗握る。
    すかっとするオチはない。
    ループにする必要あったのかなぁ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

一九三三年、埼玉県熊谷市に生まれる。五八年、青山学院大学英米文学科卒業。ホテル・ニューオータニに勤務し、六七年退社。六九年『高層の死角』で江戸川乱歩賞、七三年『腐蝕の構造』で日本推理作家協会賞、七六年『人間の証明』で角川小説賞、二〇〇三年に日本ミステリー文学大賞、〇八年『小説道場』で加藤郁乎賞、一一年『悪道』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『運命の花びら』『棟居刑事のガラスの密室』『棟居刑事の黙示録』『戦友たちの祭典』など多数。公式ホームページのアドレスは、http://www.morimuraseiichi.com/

「2018年 『棟居刑事の追跡 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ファミリー (講談社文庫)のその他の作品

森村誠一の作品

ツイートする