チルドレン (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.85
  • (2574)
  • (3637)
  • (3419)
  • (271)
  • (38)
本棚登録 : 25373
レビュー : 2353
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062757249

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分なりのルールを曲げない男はかっこいい。
    けどそれって周囲の人間からすればかなり厄介な事であったりもする。

    自由すぎて周りを困らせる陣内。
    けれどその行動にはきちんと理由がある。
    誰に何と言われようと、彼は自分のルールに従って生きる。
    都合によっては時々それさえも捻じ曲げる場合があるようだけど。
    その不器用さには大いに母性本能をくすぐられる。
    でもたぶん本人はそんなこと望んでないんだろうな。

    大人がカッコよけりゃ子供はグレないんだよ。

    確かにそうです。
    身近な大人に失望した時、子供は進むべき方向を見失ってしまうんです。

    一癖も二癖もある伊坂作品の登場人物中でもかなりアクが強くてひねくれた人だと思う。
    現実ではあまりお近づきになりたくないタイプの、愛すべきキャラクター。
    決して恋愛対象ではない、かな…。

  • 伊坂作品の中では物足りないと感じる人もいるかもしれないけど
    わたしはこの作品が一番好きだ。
    正しいことを「正しい」と言わずに正しいと思わせるこの作品は
    本当にステキだ。

    盲目の永瀬が「かわいそうにねぇ」と通りすがりの婦人にお金をもらった時、
    陣内が怒り狂って「俺もお金が欲しいのにお前だけずるい」と反射的に言い切る。
    話の中では小さな扱いのエピソードだけどここが一番好きだ。

  • この本、伊坂幸太郎さん自身が「短編集のふりをした長編小説です。帯のどこかに“短編集”とあっても信じないでください。」って書かれてるように、語り手が異なる5編の話しで構成されていますが、うまくつながっています。
    陣内を主役として捉えると、スゴく絶妙につながっているし、陣内の魅力(?)がこの物語の中心になるのでしょう。
    で、この本のタイトルにもあるように「チルドレン」=子ども達=少年について語られてるのだと思います。
    子ども達、少年と言っても、高校生くらいの年代ですが…。

    最近読んだ伊坂幸太郎さんの本にあわてみると、「陽気なギャング」シリーズの響野とか、「アヒルと鴨のコインロッカー」の河崎とかとキャラクターが近い陣内を中心に、「アヒルと鴨のコインロッカー」のように、複数の時間を行きつ戻りつする長編小説って感じになります。

    ほんと、上手な作家さんだと思います。

  • おそらく誰から見ても魅力的な陣内。
    そういうキャラクターを作れる作者もスゴいと思う。
    短篇集だが登場人物が全編で絡んでいてある意味長編となっているが、この辺が上手い。
    時系列が逆転し主人公目線が変わる構成なので、何回か前ページに戻って読み直してしまった。

  • テンポ良く進み、読みやすい。

    短編集だが、各話の間で繋がりがある。

    個人的には陣内が非常に好きなので、続編が出てくれないかと期待している。

  • 〜陣内語録〜
    子供は一人きりでいる時は問題なくとも、集団になると歪むやつもいる。子供のことを英語でチャイルドと言うけれど、複数になるとチャイルズじゃなくて、チルドレンだろ。別物になるんだよ。そういう性質なんだ。

    陣内のキャラが最高だった。家庭裁判所ではあらゆる問題を抱えた人に遭遇する。そこの職員となった陣内は驚きの解決策で少年たちを救っていく。意表をつく結末がなんともおもしろい短編集。子どもは親のかっこいい姿を見て生きていく。逆にかっこ悪いところをみると非行に走る。更生という奇跡を起こす拳銃を持った牧師(法律を操った家裁調査官)として陣内は今日も非行少年を救う。

  • これを読んだみんなは陣内のハチャメチャさに驚き、
    そして彼の生き様のかっこよさに羨望すると思う。
    そんな人がいたらいいなぁと思う。
    この本もまた、伊坂幸太郎ならではの
    つながる短編が長編に変化する、という作りだった。
    だからそれぞれの話につながる人物が出てくる。
    でもどれも陣内が登場し、周りを引っ掻き回し、巻き込み、心に爪痕を残す。すごいなって思った。
    それでいて、気取っておらず、ありのまま生きてる彼に私はいいキャラクターを創ったなぁと思った。

  • 私はこの物語、大好きです。陣内は、破天荒て言ってることも適当だけと、誰にも媚びない強さと、どんな人間でも平等で対等に向かい合える優しさを持ち合わせている。近くにいたらめんどくさいヤツかもしれないけど、信頼できる人間。こんな物語を書ける伊坂さんも、カッコいいって思う。読んだらスカッとする一冊!

  • 続編のサブマリンともしっかりと繋がっていて、読み応えのある作品。特に、永瀬の感覚の表現方法は繊細かつ小難しくなく、とてもよかった。

  • 陣内さんが好きです。満点あげちゃう。

全2353件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

チルドレン (講談社文庫)のその他の作品

チルドレン (講談社文庫) Kindle版 チルドレン (講談社文庫) 伊坂幸太郎
チルドレン 単行本 チルドレン 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品

ツイートする