わが家の夕めし (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (5)
  • (3)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062757485

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ここでも気になったのが著者の母の言葉。「私は貧乏をしても、決して夜なべに着物をぬったりなぞしたことはない。むりをしてはたらいたことなぞ、一度もない。」

  • 単行本刊行時に読んで以来の再読。エッセイだけでなく歴史紀行が面白い。

  • 昭和44年以降の6年間に散発的に書かれて埋もれていた単発のエッセイを集めた作品。全51編のエッセイは池波氏の食だけに限らず多彩な趣味等人生の達人を思わせる。

  • これは、池波さんのエッセイ人気に乗じて、こういう題名をつければ売れるだろうという思惑が丸見えのダメな本だ。

  • 2011/11/03完讀

    昭和44~50年間エッセイ共51篇。

    (240page)

  • 歴史ネタ多し!

  • 夏休み帰省中にようやく読んだよ。

全7件中 1 - 7件を表示

池波正太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

わが家の夕めし (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする