日照り草<梟与力吟味帳> (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.53
  • (1)
  • (7)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062757782

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんだ、フクロウ与力!
    面白いぞ
    キャラ立ってる人物が仲間にたくさん!
    敵も巨大だが、しつこくポイント勝ちしてる!
    鳥居耀三がここにも!

  • 梟与力吟味帳シリーズ
    これはNHKで TVドラマ化(オトコマエ)もされました^^
    幼馴染3人組が 色んな問題に巻き込まれて解決する・・みたいな話(超適当^^;)

    文庫書下ろしのシリーズですね
    井川香四郎さんは 書下ろしでは定番の人気作家さんですねー

    このシリーズはまーまー好きで読んでますね^^
    間違いはないと思うけど 少~しキャラが強いので
    好みが分かれるタイプの内容かもしれないです

  • 女公事師真琴と藤堂逸馬の対決。
    今でいう、弁護士のような人が江戸時代に存在していたのが驚きである。

  • 北町奉行吟味味方与力の藤堂逸馬とその友、八助、信三郎が活躍する、梟与力吟味帳シリーズ第二弾。
    晩夏あのある日、北町奉行所にひとりの女が訪れる。真琴と名乗るその女は、公事宿『叶屋』の女主人だった。真琴は逸馬に吟味のやり直しを要求して――表題作『日照り草』他三篇を収録。

    * * *

    二冊目にして、女公事師・真琴が登場です。かなりのやり手で、逸馬にも負けぬ正義感溢れる女性。
    が、自分が女だからと舐められたくない所為か、かなり態度がつっけんどんなのであまり好きではないキャラクターです。上から目線が鬱陶しい。文句しかいえないのか、この人は……
    四篇とも真琴が登場していて逸馬に絡み、どちらかというと真琴が勝っているようなイメージです。
    『月傾きぬ』は泣けました。最後におくみが兼助の言葉を用いておかねを説得する場面が一等好きです。

  • 相変わらずスルスルっと読めます。ドラマも2が始まりましたし、このまま続きを全部読んでしまおうか。

  • 5/6

全7件中 1 - 7件を表示

日照り草<梟与力吟味帳> (講談社文庫)のその他の作品

井川香四郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

日照り草<梟与力吟味帳> (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする