キマイラの新しい城 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (14)
  • (44)
  • (84)
  • (10)
  • (5)
本棚登録 : 382
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062758178

作品紹介・あらすじ

「わが死の謎を解ける魔術師を呼べ」フランスの古城を移築後、中世の騎士として振舞い始めた江里。750年前の死の真相を探れ、という彼の奇想天外な依頼で古城を訪れた石動戯作(いするぎぎさく)は、殺人事件に遭遇する。嫌疑をかけられた江里が向かった先は……。ミステリの枠に留まらない知的エンタテインメントの傑作! (講談社文庫)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 殊能先生が亡くなられて、もう1年が経つのですね…。ご逝去の報に接した当時、ハサミ男を是非読もう、と思いながらも時間ばかりが経ってしまった(汗)。そして、何故かハサミ男ではなく、絶筆の作品となってしまった今作から入るという邪道っぷり…←
    だって、お城の平面図に…滾ってしまったんだもの…←←

    ※以下、トリックのネタに触れまくってます(一応伏字)。未読の方はご注意ください。

    750年前に殺害された亡霊が、「自分の死の真相を解明してほしい」と依頼する設定や、亡霊の視点から見た現代日本の描写が面白い(笑)。
    ぶっちゃけてしまいますと、750年前の殺人事件と現代で起こった殺人事件の謎解きは、呆気に取られるくらい味気ないです。平面図に書かれていない出入り口、っていう設定そのものは綾辻先生の館シリーズで免疫がある私には許容範囲ですよ。それでも、×××はないでしょ、×××は~(笑)。

    実際の殺害トリックよりも、やはりミステリスキーの端くれとしては、名探偵イスルギー(笑)が途中でぶっこんできたトンデモトリックが良かったですね~。城がまさかの××しちゃうなんて、盲点でした(笑)。
    赤川作品にも、【建物が凶器】っていうトンデモトリックがありましたが、このトリックもそれに類するものですね。こういうネタは、現実性とかどうでもよくなるくらい、「ようやってくれた!その意気やよし!」と嬉しくなってしまうのが常でございます(笑)。

    GW中にハサミ男も読めたらいいな~


    750年前に密室と化した塔の中で背中を刺され死亡した騎士が、現代の日本に甦った?!「我が死の真相を探る魔術師を呼べ」――そうして呼び出された探偵・石動戯作だったが、事件検証後に関係者の一人が撲殺されてしまう。嫌疑をかけられた騎士の嫌疑を、石動は晴らすことができるのか?

  • 夭折を心から悼む。もっと読みたかった。

    <blockquote>なぜなら、論理的とは、構造の問題だからだ。各要素の属性を捨象し、それらの関係性だけをとりだして初めて、構造が見えてくる。

    さて、このふたつの感想はどちらもイメージにすぎず、抽象的であることとはいっさい関係がない。抽象的であるとは、アクリル板に描かれた三角形も、血まみれの三つの生首も正三角形であると認識することだ。

    最も初歩的な誤謬は、論理を日常的・現実的なものとみなすことだ。実際には、論理はどんなに非日常的・非現実的な要素にも適用できる。いいかえれば、いかに論理的に正しい推論であっても、日常的・現実的な意味において正しいとはかぎらない。ある推理が正しいかどうかは、論理的整合性の外部で決まる。探偵は論理一辺倒じゃやっていけないんだよ。 p378</blockquote>

    論理は点検の具であり、プレゼンテーションのツールだと思う。
    論理的であるとして喋り倒しながら、自分の思い付きを点検している。

  • 石動戯作シリーズ最後の作品。
    とはいえ前作の『鏡の中は日曜日』をとばしてこちらを先に読んでしまった…。
    そっちに出てくる登場人物がでてくるのでやはり順番通りに読むべきだったかな…と。

    750年前のエドガー卿の死の真相を探ってほしい、というとこから入って現代の事件も起こってしまい…という話でエンタメミステリというかバカミスというかアンチミステリというか…。
    本格ミステリのようにカッチリした動機やトリックを重視する人は難色を示すかもしれませんが、どんなんであれ楽しめればという人にはいいと思います。

    エドガー卿いいキャラしてました。
    生真面目だったり大暴れしたり現代の物に戸惑ったりと事件の最中ですがなんだか微笑ましかったです。

    オチには賛否ありそうですがあの切ないような爽やかなような感じは私は好きです。

    石動とアントニオのコンビはかわいくて個人的に好きだったので、これでお別れだと思うと寂しい…アントニオが手ふってバイバイしてるとこがこっちに向かってサヨナラしてるように思えてきてなんだか…切なく…。

  • これはトリック呼べるのか…

  • テーマパークの社長に憑依した中世の騎士が自分の死の真相の解明を名探偵(?)石動戯作に依頼。そこから始まるドタバタが最高に面白い!こんな迷探偵はそういない。テキトーな推理で済ませたり、丸投げしたり、えっ?そこに気づかない?と失笑させてもいただきました。稲妻卿の現代文明の表現も笑ってしまった!そして過去と現在の密室殺人が共鳴したかと見せかけ、なんですかその結末は!これがバカミスというものなのですね。ムアコックのエルリックサーガを読んでからだと更に面白いらしい。知識と考証に裏付けられた極上のエンターテイメント!

  • 石動シリーズ、探偵役の情けなさがすごく好き
    設定が有りそうでない感じ
    全体を通して微妙な空気感というか、堅苦しさがなく読みやすい
    大昔の密室殺人を解き明かす!といった気負いはなく、謎自体はだいぶ大味のバカミススレスレ…
    ほんわか読んでいられる

  • 2015年12月31日読了。
    2015年240冊目。

  • 殊能将之の作品は,掛け値なしに面白い。文体も肌に合うが,名探偵役の石動戯作,ワトソン役のアントニオ,鏡の中の日曜日に続いて登場しているもう一人の名探偵,水城優姫。そして,この作品の主人公,エドガー・ランペール。どのキャラクターも個性たっぷりに,生き生きと描かれている。
    本格ミステリとして読むと,完全なるバカミス。750年前の密室と,現代の密室,二つの密室の謎が出てくる。現代の密室トリックは,抜け穴があったという信じられないトリック。一応,心理的なトリックは用意されているが,密室を扱った事件で,「抜け穴があった」というトリックの作品を読むことができたのは,逆にラッキーだったと思える。750年前の密室の謎は,被害者が犯人であったというもの。自殺は神に対する背信行為なので,自殺はできない。塔の梁から剣を糸でつるしておき,毎日その下で祈りをささげる。糸が切れて剣が落下したとき,下にいるかもしれないし,いないかもしれない。このような状況で自分自身を殺したというトリック。
    750年前の密室の方は,エドガーのキャラクターの魅力も合わせ,なかなか考えさせる。
    密室トリックがアレなので,本格ミステリとして読んだ場合は三流だが,エンターテイメントとしては一流。バカミスとして読んでも一流。好みの作風であり,★4をつけたい。

  • 石動戯作の密室講義やドタバタ推理、社長に取り憑いた古代人の霊が現代社会を見た時の反応など楽しめましたが、肝心の殺人事件に関する記述が少なく冗長に感じました。
    二つの密室殺人事件はどちらも人を喰ったような真相で脱力気味。途中披露されたトリックは某作家の作品に酷似していた為、驚きはありませんでした。

  • 剣と魔法のテーマパーク シメール城に住み着いた社長は自らを中世の騎士エドガー・ランペールだと名乗り、750年前の密室殺人の解明を名探偵に依頼する。
    そして新たに起こる殺人。
    背後に蠢く陰謀。
    再登場する安楽椅子探偵。
    騎士エドガーの稲妻のような太刀振る舞い。

    不遇でミーハーで残念な名探偵 石動戯作シリーズ最終作。

全52件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年、福井県生まれ。名古屋大学理学部中退。1999年、『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞しデビュー。著書に『美濃牛』『黒い仏』『鏡の中は日曜日』『キマイラの新しい城』(いずれも講談社文庫)がある。 2013年2月、逝去。

「2016年 『子どもの王様』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キマイラの新しい城 (講談社文庫)のその他の作品

殊能将之の作品

キマイラの新しい城 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする