冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (922)
  • (1241)
  • (1018)
  • (147)
  • (30)
本棚登録 : 8642
レビュー : 923
  • Amazon.co.jp ・本 (584ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062758239

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • たくさんの伏線、全部回収したよ!FFでいうと全員主人公のFF6といった感じ。

  • 上・下巻ともに読み返しました。
    引っ越しのたびに本を売り払う自分ですが、辻村さんの本はほとんど買い直していたり。つまりとても好きなのだ、ということに今さらながら気づいたので今度の引っ越しの時は売りません。

    前置きが長くなりました。
    青春がぎゅっと詰まっております。オカルトちっくなトンデモ設定があるところもまた良し。まじでか!ううんでもそれもありそう。なんたって思春期だものー。で、納得しちゃいました。

    おそるべし深月さま。

  • 一人また、一人。
    校舎から消えていく友人たち。
    ホストとは一体誰なのか、そしてその真意とは。

    またしても、やられました。
    自殺したのはやはりというかんじです。
    しかし、菅原と鷹野にはしてやられました。
    いや、気づくべき布石はあったはず。
    辻村さんの作品はいつもこういうトリックが使われているとわかっていたにもかかわらず、まんまとはめられました。
    うう、くやしい。

    やはり、未熟な人間と閉塞感の中にある小さな希望というのが辻村さんの作品のテーマなのでしょうか。
    全体的に後味スッキリとはいきませんが、とてもいい作品だと思います。

  • 進学校を舞台にしたミステリーホラー。学園祭の2カ月後、雪が降り注ぐ校舎に高校生8人が集まる。次々に起こる不可解な出来事に誰もが疑心暗鬼になっていく。閉じ込めたのは誰?消えてしまった記憶とは?最後の展開に「そういうことだったんだ」と伏線の張られ方に納得。感受性豊かな高校生の悩みにも触れられていて、大人が読んでも良い本だと思う。

    冒頭に辻村さん自身が「名刺かわりの一冊」になったという「冷たい校舎の時は止まる」オススメです。

  • 長かった!非常に長いお話でした。
    だけど、続きが気になり一気に読んでしまいました。

    あー成る程。
    ここでこう繋がるのね!

    ずっと不思議に思っていた事がカチリとハマる瞬間がとても気持ち良かったです。

    皆それぞれの微妙な恋の行方が密かに気になっている私です。

  • 大人にも読める高校生の話だ、とつくづく思う。

    最終目的地に到達するまでの伏線が、あまりにも多い。
    最後の方になって、そのことをとても実感する。
    そして、著者のあとがきにすべてがまとめられていると思う。

    中高生は多感な時期、とはよく言ったものだ。誰もが自分の能力、境遇、人間関係に悩んでいる。それを忘れてはいけないし、そういうものだと理解していかなければいけないと思った。

  • 先に言うと、僕のような大学生に2度読んで欲しい。できれば、1年時と4年時みたく時間をあけて。


    一気に読み切ってしまった。午前3時過ぎ。

    深夜に読むにはあまりに不気味で、あまりに不思議で、後に残るようなやや重たい爽快感である。重たい爽快感。

    ミステリー小説としても驚くストーリーであるが、それ以上に僕の心にダイレクトに響くメッセージがある。それを表しているのが以下だ。


    「『だから、お前も逃げるなよ。……こうしててもまた五時五十三分は来るし、今度こそそれはお前や俺かもしれない。でもその時にそこから逃げるのはやめようぜ。きちんと向きあわねぇと駄目なんだ』
    いう菅原の目が宙を激しく睨んでいた。痺れたような感覚を残す左手に菅原の体温を感じながら、きっと彼もまた怖いのだと思う。今深月に聞かせている言葉の半分は、きっと自分に言い聞かせるための言葉なのだ。現実を受け止めること、逃げないで闘うことと必死に対峙している。」


    僕らには、それぞれ抱えるものがある。悩み、苦しみ、苦難。僕たちが抱える悩みは、他人とっては取るに足らないことかもしれない。ただ当人にとってはとても重くて大きい悩みだ。

    だからこそ、僕らは自分自身の悩みに正面からぶつからなくてはならない。それはとても怖いし、逃げ出したくなる。だがぶつからない限り、僕らはそれより先には進めない。いつまでも、子どものままである。

    逃げ出したくなる現実を受け止め、闘わねばならない。そして正面からぶつかったその瞬間から、僕らの時間はまた動き出す。

    この物語は単なるミステリーではない。「自殺した誰か」は確かにある生徒だが、同時に自分自身でもあるのだ。「自殺」という自分が自分に起こしうる最悪の事象で、つまりは各人が抱える悩みの象徴である。


    僕らはそれに立ち向かい乗り越えなければならない。



    若干長いが、自分自身を見つめ直したい時にオススメする本。

    9/4

  • 下巻の勢いがすごい。

    こんな仲間、理想だなぁ。皆いいひと過ぎて、非現実的だと思いつつも好きになってしまう不思議。

  • 会社の人に借りた辻村さん第一弾。
    たまたま貸してくれたのが読みたかった本だった。

    上下巻とも分厚い本で読み始めるの不安だったけど、読んでくと面白くてあっという間に読めた。
    誰かの精神世界の話と、現実と、それを交互に出してくるから飽きもせずに読めたのかな。
    私の頭では想像もつかない展開と結末だった。

    誰かにすすめたい本です。

    • naokoさん
      おもしろそうだな。私も読んでみる。
      おもしろそうだな。私も読んでみる。
      2012/08/16
    • チエ。さん
      この私のつたないレビューで読もうって気になったの??
      でも、是非!
      ツナグ書いた人だよね??
      この私のつたないレビューで読もうって気になったの??
      でも、是非!
      ツナグ書いた人だよね??
      2012/08/19
  • うっわー、騙された!ずるいよ、こんなの!と思いながら、キレーに騙されて得した感でいっぱい。
    実はあの人の過去ばなしの途中で一回寝落ちしてしまい30pくらいとばしてた事を謎解きの章で気付いたのだが、ソコ読んでなくてよかったかも。
    読んでたらトリックに気付いちゃったかもしれない。
    読んでいる途中で、この話400pぐらいでスッキリまとめた方がいいんじゃないか?と思ってたけど、上下巻読み終えた今は必要だったんだと。
    そういえば若い時って色んな事をグダグダ考えてたな。歳をとるにつれ様々な事に折り合いをつけて生きてくようになる。この話は現役青春真っ只中じゃないと書けないと思った。

全923件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

辻村深月(つじむら みづき)
1980年山梨県生まれ。千葉大学教育学部卒業後、2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、2017年『かがみの孤城』で「ダ・ヴィンチ ブックオブザイヤー」1位、王様のブランチBOOK大賞、啓文堂書店文芸書大賞などをそれぞれ受賞。本屋大賞ノミネート作も数多く、2018年に『かがみの孤城』で第6回ブクログ大賞、第15回本屋大賞などを受賞し、2019年6月からコミック化される。他の代表作に『子どもたちは夜と遊ぶ』『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『スロウハイツの神様』『名前探しの放課後』『ハケンアニメ!』『朝が来る』など。新作の度に期待を大きく上回る作品を刊行し続け、幅広い読者からの熱い支持を得ている。2020年、河瀬直美監督により『朝が来る』が映画化される。

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)のその他の作品

辻村深月の作品

ツイートする