新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)

著者 : 司馬遼太郎
  • 講談社 (2007年9月14日発売)
3.84
  • (23)
  • (53)
  • (39)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :289
  • レビュー :39
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062758338

新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「王城の守護者」を読んでから「八重の桜」を観るとそらもういろんな深読みが(笑)
    八重〜の松平容保像は少なからずこの容保を下敷きに描かれているのではないか、と思われるほどに、八重容保と共通する姿が。

    個人的には「容保の鮭」のエピソードが好きです。

  • 友達に本をもらった。初の歴史小説。容保は綾野剛に脳内変換して読み進める。清廉潔白な容保の姿が印象的だった。忠義を尽くしたにもかかわらず、会津の悲劇的な運命に涙を禁じえず。もう少し
    歴史的背景について知識を得なければいけないな。

  • 久振りに司馬遼太郎の作品を読む。人物の描き方が素晴らしい。それぞれ個性的な人物を、本当にそんな人いるのかと、生き生きと描く。
    幕末に活躍した人物、数人を描くが、短編ならではのエッセンスを凝縮した作品になっており、極めて個性的な人物ばかりを集めている。

  • 幕末の動乱に生きた人々に関する短篇集です。幕府側についた人の話が主だから仕方がないけれど、各々の不遇っぷりにやるせない気持ちにさせられます。八重の桜を見るのも、これを読んだあとでは切ない。

  • 高校生の頃に読んだ本。35年ほど前か。
    最近、天地明察で保科正之が登場していたり、NHK大河ドラマ「八重の桜」で幕末の会津を見るにつけ、読み返したくなった。

    松平容保に京都守護代を押し付けた松平春嶽は結局官軍につき、将軍慶喜は敵前逃亡。薩摩は会津と組み、長州を京都から追い落とすが、後に長州と同盟。会津だけが貧乏籤を引く。
    容保は京都方に嘆願書を何度も送ったにもかかわらず、官軍の討伐を受け、会津は女性、子供に至るまで奮戦し、敗北。その後も長州から会津は非情な扱いを受け続ける。

    孝明帝に対しても容保は忠節を尽くし、帝も容保を頼みとされたことは歴史の皮肉というもの。この短編を読み返し、改めて歴史の渦に呑まれた犠牲者として哀切の念が尽きない。

    その他、岩倉具視の参謀として錦の御旗を作った玉松操、桂小五郎から見た大村益次郎、同塾の若い友人の覚え書を基にした河井継之助伝、そして人切り以蔵について。そういう幕末の人物についての短編。つまり「花神」「峠」のもとになった作品達。こうして読むと、明治維新なんていい加減なものだったんだと、つくづく思う。
    「峠」はまだ読んでいない。いつか、読まなくては。

  • 表題作が好きすぎて、そればっかり読み返し、先に進まない。このままでは永遠に読み終わらない気がする。困った。

  •  幕末、最後まで幕府を助けたがために「賊軍」として天下の官軍に追いつめられた会津藩主・松平容保。彼は純粋で正義感の強い人物だった。
    「勝てば官軍」
    という文句を彼ほど悲痛を以て実感した者は居ないだろう。

     明治維新は勝者である薩長の目線で描かれる事が多いが、幕府側に立った物語がもっとあっても良いと思う。その点、この『王城の護衛者』や『峠』、『燃えよ剣』は輝きを放っている。

     ところで、明治維新という革命は正しかったのか、という問いに対する答えはいつか出るのだろうか。

  • 幕末の動乱から戊辰戦争、明治維新へとなだれ込む時代のうねりの中で、幕府側と薩長側それぞれで準主役・脇役を張った人々をとらえる短編集。
    佐幕か倒幕かのどちらかに振り分けられはするけど、それ以上に個々の信念やこだわりを持って動いた結果だった、そういう描かれ方をする登場人物たちだと思う。将軍家に殉じながらも勤王家だったり、自分が属する側への帰属意識はなく自分の美意識や政治的な観念に従って兵を動かしたり。
    以蔵が惰弱さによってではなく、自分が置かれてきた境遇への反逆を込めて仲間を売った、という話の持って行き方は、ほほう?となった。
    短編仕立てなので、総じて話の端折られ感はある。

  • 松平容保、大村益次郎、河井継之助

  • 幕末の、松平容保(会津藩主)・玉松操(岩倉具視のブレーン)・大村益次郎(花神の圧縮版)・河合継之助(峠の圧縮版)・岡田以蔵(4大一斬りのうち土佐出身)の5人を取り上げた作品。
     河合継之助の’’英雄児’’は馬上少年過ぐにも掲載されていたので2度読みになったが、やっぱ面白い「英雄というのは、時と置き所を天が誤ると、天災のような害をすることがあるらしい」

全39件中 1 - 10件を表示

新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)のその他の作品

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする