暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.57
  • (110)
  • (192)
  • (260)
  • (48)
  • (7)
本棚登録 : 1962
レビュー : 144
  • Amazon.co.jp ・本 (616ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062758550

作品紹介・あらすじ

蒼白い霧に峠を越えると、湖上の小島に建つ漆黒の館に辿り着く。忌まわしき影に包まれた浦登家の人々が住まう「暗黒館」。当主の息子・玄児に招かれた大学生・中也は、数々の謎めいた出来事に遭遇する。十角塔からの墜落者、座敷牢、美しい異形の双子、そして奇怪な宴…。著者畢生の巨編、ここに開幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み終わるのに時間がかかったぁ(´Д`;)
    しかし、あと三冊も続くのか…。しかも、なんか話がエグいし(涙)
    スープの中の肉はダリアの肉なのかなぁ。
    話がドロドロして気持ち悪い(´Д`)

  • 綾辻行人初読。長いな~とちょっと気が引けていたのですが、文の読みやすさにまず驚きました。こんな文章量なのにめちゃくちゃ早く読み進められる。随分勿体ぶる書き方だけれども、それも腹立たないくらい丁寧で読みやすい。
    そしてとても玄児と中也君が萌ゆるのでいくらでも読めるってのもある

  • あまりに萌えすぎてサイトで別コンテンツ作ったので、感想・妄想・イラストなどはサイトの「ミステリ」から


    まさかの綾辻作品で萌えたがきたよ…!!!!!


    私生まれて初めて読んだミステリが高校生の時の「十角館の殺人」だったのです
    それ以来綾辻さんの作品は「殺人鬼」(←気持ち悪いらしいので読んでない)以外は多分ほとんど読んでいる

    …そんな綾辻さんの作品で…まさか…

    けっこう衝撃だったんだよ(笑)

  • 世界観とか言葉遣いとか(同じか?)とにかく雰囲気があって、劇場みたいな感じ。大ボリュームだけど読み応えあり。
    また読みたいけどいかんせん長いから覚悟が要る。

  • 作者の新たな試みに注目。毎シリーズ表現方法を変えている。今回はまるで映像を観ているような演出!

  • 初投稿♡

    こちらは大好き綾辻行人さん♡
    館シリーズ7作目!
    デビュー作の『十角館の殺人』に衝撃を受けて、
    順番に館シリーズを読んできたけど、
    これは長すぎて1度途中で断念したもの

    なんてったって長い〜
    この分厚さで全4巻
    しかも590Pもあったのに、まだ幕開け感満載

    この作品から読むのはまったくおすすめできず、
    最初の十角館の殺人をまず読んで、
    シリーズを順番に読んで、
    綾辻さんが大好きになってから(その頃にはなってるはず)
    読むことをおすすめ!

  • 前回途中で読むのをやめてしまったのだが、暗黒館が一番面白かったと聞いて再度挑戦。あれ、こんなに面白かったかしらと思うほど世界観にはまり一気に読み終えてしまった。続きが早く読みたい。今のところ鹿谷さん出番なし。記憶喪失の江南君はまさか最終巻までこのままってことはないですよね。ダリアの宴に出てきた肉とは?おぞましい想像しかできません。事件らしい事件はこの巻ではまだ起きません。まだ物語は始まったばかりです。

  • 2017年12月3日読了。
    2017年106冊目。

  • 読了日2013/08

全144件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

綾辻 行人(あやつじ ゆきと)
1960年京都市生まれ。京都大学教育学部在学中、京大推理小説研究会に所属。研究会同期に、後に結婚する小野不由美がいる。1982年、同大学大学院教育学研究科に進学。1987年、大学院在学中に『十角館の殺人』で作家デビュー。講談社ノベルス編集部が「新本格ミステリー」と名付け、その肩書きが広まった。1992年大学院を卒業後、専業作家に。
1990年『霧越邸殺人事件』で「週刊文春ミステリーベスト10」1位。1992年『時計館の殺人』で日本推理作家協会賞長編部門を受賞。2011年『Another』で「ミステリが読みたい!」1位。2018年第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。
主な代表作として、デビュー作『十角館の殺人』以来続刊されている、長編推理小説「館シリーズ」。

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)のその他の作品

綾辻行人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)に関連するまとめ

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする