てのひらの迷路 (講談社文庫)

著者 : 石田衣良
  • 講談社 (2007年12月14日発売)
3.27
  • (48)
  • (81)
  • (269)
  • (42)
  • (8)
  • 本棚登録 :1115
  • レビュー :120
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062759083

てのひらの迷路 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集の集まりで、とても読み易く、面白かったです

  • 短篇ってあんまり読まないんだけど、、
    読みやすいっていう点
    話が完結せずに自分で想像できるっていう点
    では面白い。

    そして、この本は石田さんが
    読む人のことを考えずに書きたいように書いた本らしく、
    それが伝わる自由な話が多くて余計面白く感じた。

    片脚、左手(だっけ?)の話、
    不思議すぎて、
    想像したくてもできそうでできなくて。
    でも引き込まれるものがあった。

  • 24つからなるショートショート集です。おもしろいことに、最初と最後がエッセイ風で、真中がフィクションになっています。本当に短い話ばかりなので、ときどき手にとるにはもってこいの本だと思います。

  • ショートショート。

    24篇もあるので、好き嫌いは当然あるにしろ、全体的には良かった。

    他の短編集でもそうだけど、ノンフィクションベースが好き。
    無職の空、I氏の生活と意見、一人ぼっちの世界(若干泣きそうになってしまいました)。

    でも、タクシー、みたいなふわっとした、盛り上がりのないまったりとした作品も好き。

    この本では、各作品の前に講評を書いていて、それがまた読むポイントをすっきりさせたり、共感を呼んだりして、良い発想だなと思った。

  • 24篇のショートショートからなる本で、フィクションからエッセイに近いものまで
    いろいろな作品が楽しめます。

    個人的にお勧めします。特に、本が好きで、ほんのちょっと自分でも創作に携わりたいと思っているような人には。
    著者が楽しみながら書いた、という雰囲気が漂っています。ところどころにある、各話の前説のようなものも読んでいて楽しい。

    石田さんが書くと、恋愛がちょっと素敵なものに見えてきて、喜びたいような拗ねたいような気持ちになるのが不思議です。

  • 「臆面もない」の一言を捧げたいと思う、私小説風超短編集。これでもかと言いたげに、軽々と多才ぶりをひけらかしやがる石田に、クソーこんなんでやられへんぞと言いつつ、きっちりとしてやられてしまうけなげな私。作家って楽しいんやな、いい仕事やなって思っちゃうよ。もちろんどんな仕事もそれだけじゃないですけどね(笑)これ読んで、ホンマに作者は楽天家なんだなあと思った。この軽さ洒脱さが、マコトのあの性格につながるんだよな。やっぱり石田は天才だと思います。

  • 短編集。

  • 石田衣良のショート集。
    毎月原稿用紙10枚程度の物語を連載していたそう。
    ファンタジーもあれば、ホラーもあり、フィクションを元にした物語もあり。

  • 始めは面白かったが、後半はグダグダ感が否めない。

  • ショートショート

全120件中 1 - 10件を表示

てのひらの迷路 (講談社文庫)のその他の作品

てのひらの迷路 Audible版 てのひらの迷路 石田衣良
てのひらの迷路 単行本 てのひらの迷路 石田衣良

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
石田 衣良
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

てのひらの迷路 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

てのひらの迷路 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする