異邦人(上) (講談社文庫)

制作 : 相原 真理子 
  • 講談社
3.23
  • (20)
  • (23)
  • (87)
  • (18)
  • (5)
本棚登録 : 463
レビュー : 51
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062759151

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あー。このシリーズどんどんつまらなくなっていくなぁ。

  • 久しぶりに読んだスカーペッタ・シリーズ。
    何だか場面展開が頻繁かつ急過ぎて、筋を追うのに苦労した。年を取ったのかなぁ...。というわけで、回収し切れていない伏線があるような気もするのだが、良く判らず。

  • このシリーズは、必ずしも真犯人が最初から出てくるわけではなくて、「ええ?誰それ?」な人が最後に出てきて犯人だったりするから、謎ときに主眼を置いているわけではないことは重々わかっているのだけど、やっぱり「こいつが犯人か?」なんて目星をつけながら読んでしまう。

    だって、今回の事件はイタリアが現場なんだよ。
    そして、いろんな人物がアメリカとイタリアを行ったり来たりしている。
    とすると、その中に犯人がいるのでは?って思っちゃうんだよね。
    作者の掌の上で踊らされているんだろうけれど。

    そしてやっぱりケイはイタリア男に言い寄られ、ベントンはそれに対してあからさまに嫉妬する。
    ベントン、もっと大人だったのでは?
    仕事に私情を交える男ではなかったはずなのに。

    そしてマリーノ。
    いよいよダメなやつに成り下がっていく。
    ケイの気を引くためにやるあれやこれやは底が浅く、まるで子どものかまってちゃん。
    酒を浴びるように飲み、大した仕事もしないでケイにぶら下がっている。
    ケイもそんなマリーノを見捨てることができない。
    それって共依存なのでは?

    アメリカ南部に個人で事務所を抱えることになったケイは、以前より格段に生活レベルが落ちているはずだけど、相変わらず世界を股にかけた活躍ぶり。
    世のなかはケイ・スカーペッタを中心に回っているのか。
    そして、脳に腫瘍を抱えるルーシーは、もはやマリーノの監視以外何をしているのか不明である。

    なんというか、世界を股にかけた仕事ぶりの割には小さな人間関係で、ねちねちと話が進んでいくんだなあ。
    ああ、苦手だ、こういうの。
    もうちょっと事件や捜査に力を入れて書いてくれないかなあと思いつつ、下巻へ続く。

  • 今更ながら長年も放置しておいて読了。思い出したら急にいつもの登場人物たちが気になって読み出した。今回は海外も舞台になっていて、新たな登場人物たちがいけ好かない感じで、空間的にもこじんまり感が損なわれているのが好みではなかったし、内容も複雑でいつもに増してグロテスクで読むのがしんどかった。マリーノの一件はとても残念だけど同情票を1票。結局、私自身が身内的な感情移入してるのかも。必ず立ち直ってまた昔のような日々を取り戻して欲しいと祈る気持ちでいる。やっぱりまたこのシリーズ大好きだと思った!再開しよう!

  • 読みづらっ!
    久しぶりだったので前作までの記憶が曖昧なのもあるけれど、訳のせいなのかなんなのかページが進まない。内容は続くであろう次作に期待…><

  • 検屍官ケイ・スカーペッタシリーズ第15弾。シンドい。今回はこの作品の前作や前々作と比べてもシンドい。

    人間関係が悪化し過ぎて読み進めるのが辛いというのもあるし、複雑な事件を緻密に絡み合わせようとするあまり、上巻の時点で既にどんな事件が起きてて、どんな謎が謎のままで残っているのかが追っかけられなくなってる。この状態で下巻に進むのはシンドいぞ。

    これまでの14作を通じて、ダメなところも多々ありつつ、やはりいざという時には頼りになるマリーノという元警察官を堕落させてしまった作者。これまで培ってきた複雑な感情と人間関係を思えば、この状態に陥れるのも一つの物語なのかとは思ったけど、これまでのシリーズを読んできて多くの登場人物にそれなりの思い入れがあるからこそ、マリーノにこんなことをさせてしまった作者が憎らしくもあります。

    そろそろ、シリーズが続いてるから致し方なく続編を読むという、シリーズものにありがちな惰性に陥りつつあるかなー。どこかで見切りをつけないといけないかも。

  • 下巻でまとめて

  •  マリーノ君。独り身の男の頽廃、ここに極まれり。
     確かに、その心根に何があるかは理解できたとしても、行動がレイプ紛いでは、共感されることは全くないだろう。しかも、米国らしく、腰には銃があるとなれば……。

  • 検屍官シリーズ第15弾。
    スカーペッタはデビュー作から読んでいる。
    スカーペッタもベントンもマリーノも中高年になっているため、それなりの熟成さを求めてしまった自分が悪いのだがマリーノが気の毒でならない。
    ピークは とうに過ぎたシリーズ(だと思う)ので、中古で買う事にしている。
    201508 完読

  • なんか、話が、スカーペッタが主人公のサスペンスというより、スカーペッタを取り巻く人達の人間模様となってきた気がします。

    なんだかなぁ。

全51件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

マイアミ生まれ。警察記者、検屍局のコンピューター・アナリストを経て、1990年『検屍官』で小説デビュー。MWA・CWA最優秀処女長編賞を受賞して、一躍人気作家に。ケイ・スカーペッタが主人公の検屍官シリーズは、1990年代ミステリー界最大のベストセラー作品となった。他に、『スズメバチの巣』『サザンクロス』『女性署長ハマー』、『捜査官ガラーノ』シリーズなど。

「2015年 『標的(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パトリシア・コーンウェルの作品

異邦人(上) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする