虚像の砦 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.72
  • (95)
  • (207)
  • (178)
  • (24)
  • (4)
本棚登録 : 1158
レビュー : 152
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062759250

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リアル。

  • 過去に実際に起こった事件を下敷きにしてるし、作者が懸念して訴えたかったであろう「このままいくと近い将来起こるかもしれない」恐怖ももうまさに起こりつつある現状だけど、なんかややなぞってるだけでそこから掘り下がってない感じがした。お笑いと報道との絡ませ方もちょっと微妙で。

  • 2016/5/28読了。

    面白いには面白かったが、心に残る言葉無し。
    番組製作の裏側が垣間見れるところは面白い。

    再読多分無し。

  • 実際、メディアは護送船団のように守られているのだろうか
    メディあの情報操作はある程度信ぴょう性あり。

  • ときに政府の圧力で偏向するマスコミと、その風潮に抗う報道マン、テレビマンたちを描いた経済小説。実際にあったイラク日本人人質事件を下敷きにしていて、被害者に対して「自己責任」というコトバを振りかざし非難する日本国民は、リアルに実感できるテーマだ。ダブル主役のもうひとり、バラエティで笑いをつくるディレクターの話と、最後まで微妙に絡まなかったのは残念。彼のつくる24時間テレビの話がクライマックスかと思ってたけど。最後はまた、テレビ局の買収の難しい話になって、ちょっとしりすぼみでした。

  • テレビ局の2人のディレクターを主人公として、テレビ局という組織を描く。監督する総務省や政治家も入り、物語は複雑さを増す。中東での日本人拉致を通じた日本政府の世論操作、粉飾や赤字を避けるために、憲法で規定された表現の自由を破る上層部。腐敗した局内部を描く。

  • 何が真実か。見極めが難しい時代になっているのは事実。それは情報が少ないからじゃなくて多すぎるから。

  • テレビ局も会社で、社員はサラリーマン。ニュースを全部そのまま信じないように、と。

  • 「ハゲタカ」真山仁が書いた放送業界の内幕に迫る異色の小説。
    プライムテレビ放送(PTB)の敏腕ニュース・ディレクタ風見、PTBのバラエティ担当プロデューサー黒岩。
    中東で起きた日本人誘拐事件を軸に、PTB局内での勢力争い、総務省とのかけひきに揉みくちゃにされながらも信念に基づいた報道を貫こうとする風見を中心にして、テレビがニュース・メディアが持つべき本当の姿勢を明らかにしようとするストーリー。
    アップテンポで幾つもの伏線が絡んで筋としては面白くそれなりに楽しめるのだが、少々詰め込みすぎの感あり。
    特に風見と黒岩の絡みは本当に必要だったのだろうかと、最後には感じてしまうし、何となく回収されない感の多い伏線も欲求不満が残る。

  • ☆☆☆★

著者プロフィール

真山仁(まやま じん)
1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。読売新聞記者を経て、フリーランスとして独立。2004年、熾烈な企業買収の世界を赤裸々に描いた『ハゲタカ』(講談社文庫)でデビュー。これが代表作となり、ドラマ・映画化された。
「ハゲタカ」シリーズのほか、『虚像の砦』『そして、星の輝く夜がくる』(いずれも講談社文庫)、『売国』『コラプティオ』(いずれも文春文庫)、『黙示』『プライド』(いずれも新潮文庫)、『海は見えるか』(幻冬舎)、『当確師』(中央公論新社)、『標的』(文藝春秋)、『バラ色の未来』(光文社)、『オペレーションZ』(新潮社)がある。

虚像の砦 (講談社文庫)のその他の作品

虚像の砦 単行本 虚像の砦 真山仁
虚像の砦 (講談社文庫) Kindle版 虚像の砦 (講談社文庫) 真山仁

真山仁の作品

ツイートする