虚像の砦 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.72
  • (95)
  • (207)
  • (178)
  • (24)
  • (4)
本棚登録 : 1158
レビュー : 152
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062759250

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これはおもしろかった!

  • 「虚像」と書いて「メディア」と読ませる本書はあるジャーナリズムあるいはテレビの役割とはなんなのか。あるいはその根底にある日本人の在り方とはなんなのか。小説の体をとっているが、その中身は当時の、あるいは現代においてもメディアにたいするあるいは我々に対する問いかけである。

    面白きゃいい、視聴率を取れればよいといった風潮に支配されているテレビお笑い界と、政府やスポンサーの顔を観ながら買い取りニュースを配信する報道局。そこには人の温かさや笑いが人々を幸せな気持ちにさせるような真の笑いや、政界あるいは産業界からも中立独立し、国民に対し真実を伝え続ける第四の権力としてのジャーナリズムとしての気概は残っていないのか?

    そこに気骨のあるものが現れても、うまく立ち回れないと途端に左遷されてしまう。結果、無難なお笑いや報道記事が蔓延していくという構造的な問題を抱える放送業界にあって、風見や黒岩は異端児である。

    その異端児としての活躍と、業界に巣くうグレーな世界とのやりとりを真山仁独特の語り口とスピード感でドライブしていく。官界の中でも正義心を持ち、お役所仕事をこなしつつも正義感を持って仕事に踏み込もうとする官僚もまた存在する。

    本書でも何度も外の力によるテレビ局の在り方が捻じ曲げられる場面が出てくる。しかし最後の最後で少しだけやり返すような、小さくガッツポーズするようなシーンが存在する。そこで一矢報いるあるいはそこから未来が広がっていくという光を感じることができ、これこそが真山仁の真骨頂だと再認識するのだ。

  • 中東で日本人が誘拐された。その情報をいち早く得た、民放PTBディレクター・風見は、他局に先んじて放送しようと動き出すが、予想外の抵抗を受ける。一方、バラエティ番組の敏腕プロデューサー・黒岩は、次第に視聴率に縛られ、自分を見失っていった。二人の苦悩と葛藤を通して、巨大メディアの内実を暴く。

  • テレビ局を舞台にした物語。決して短くはないが緊迫感あふれる息つかせぬ展開でどんどん読めてしまう。

  • ハゲタカのドラマは見てたけど、本では作者初挑戦。
    序盤の劣勢から逆転するスッキリ爽快社会もので、気持ちよく読めて面白かった。
    独特なテレビ業界の慣習や、構造など知らない事が多かったけど上手に書いてあるため、置いてけぼりにならず、むしろ大変勉強になった。
    現実の事件と重なる部分が多く、当時の裏背景を色々想像してしまう、、、

  • 著者2作目。
    前回読んだ『黙示』同様、綿密な取材の結果が伝わってきて、あたかもノンフィクションを読んでいるかのような錯覚に陥る。
    テレビ局の報道とバラエティ番組、両者に関わる人物たちの苦悩と葛藤と起死回生の物語。
    政治家からの言論弾圧や、華やかさの裏でめまぐるしく展開する裏工作が、妙なリアリティを伴って突きつけられる。
    背景説明の多さも事実ながら、一般人である私にはそれが理解を助けてくれるツールだったと思う。

  • 相変わらずのリアルっぽさ。まあ、っぽさ、なんだけどね。

  • ジャーナリストとは 何か?
    を自問する 風見は イスラエルでの日本人人質事件を
    通じて、ジャーナリストのあり方を 真剣に問う。
    父親も 新聞記者で その姿を追いかけていた。
    日本も二世代目が 物語の中心になっていくのですね。

    お笑い系番組を企画して 視聴率オトコといわれる黒岩。
    父親が 笑いの研究をしていた。
    それを受け継いで、笑いを追求する。
    弱いものいじめや年寄りをバカ扱いする笑いから
    本当の笑いとは何かを追求する。

    風見と黒岩の二人が 同じテレビ局の中で
    苦闘しながら 本当の姿を 求めようとする。

    一方で 『自己責任』という 言葉が どうやって発生し
    どのように操作されるのかを、暴きだす。
    なるほど、こんな文脈で 『自己責任』でてきたのか。

    テレビ局の経営が あまり 
    収益性のないビジネスモデルになってきているなかで
    ドレッシング ですすめるのか?護衛集団に守られるのか?
    いずれにしても マスメディアが 苦悩の選択をせざるを得ない。
    それでも、マスメディアには バーチャル的な権力が存在するのは
    不思議である。
    こんなところに、電通がしゃしゃり出てくるのも 意外な感じがあった。

    真山仁の 追求するテーマが 先鋭化しているのは、
    彼のもつ 志が 大きいのかもしれない。
    大きく物事をとらえながら、言葉の意味を
    事件の背景における 大きな闘いが しのぎあっている。

  • 面白かったけど、他の真山小説よりはもうちょっとだったかなと。

  • テレビ業界の裏側を、報道とバラエティの制作の現場を通してこれでもかと見せつけられる。普段何気なく見ている番組にも、視聴率や色々な大人の事情が絡んでくるものなんだなぁ〜…リアルにドロドロ。ただハゲタカと同様に終わりはスッキリ

著者プロフィール

真山仁(まやま じん)
1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。読売新聞記者を経て、フリーランスとして独立。2004年、熾烈な企業買収の世界を赤裸々に描いた『ハゲタカ』(講談社文庫)でデビュー。これが代表作となり、ドラマ・映画化された。
「ハゲタカ」シリーズのほか、『虚像の砦』『そして、星の輝く夜がくる』(いずれも講談社文庫)、『売国』『コラプティオ』(いずれも文春文庫)、『黙示』『プライド』(いずれも新潮文庫)、『海は見えるか』(幻冬舎)、『当確師』(中央公論新社)、『標的』(文藝春秋)、『バラ色の未来』(光文社)、『オペレーションZ』(新潮社)がある。

虚像の砦 (講談社文庫)のその他の作品

虚像の砦 単行本 虚像の砦 真山仁
虚像の砦 (講談社文庫) Kindle版 虚像の砦 (講談社文庫) 真山仁

真山仁の作品

ツイートする