傷口にはウオッカ (講談社文庫)

著者 : 大道珠貴
  • 講談社 (2008年2月15日発売)
3.00
  • (1)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (2)
  • 36人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062759656

傷口にはウオッカ (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 乾いた文体と乾いた思想。
    教室の隅で唯我独尊、相当に捻じれた考えを持った少女がそのまま中年女性になったような主人公。
    痛みを好む。子供以上に子供的な振る舞い。ずっと続く弟へのプラトニックな愛。付き合う男はどこか精神的に不健康で、しばしば現れる乾いた性へ言及。
    乾いた表面のひび割れの中に、何かが隠れて居るような気もするけど読み解けず。
    生身の大道さんってどんな女性なのか考えてしまいます。
    読者に読んで貰う為というより、自分の生き方を見つめるために書いている作家さんのような気がします。

  • 【本の内容】
    40歳の永遠子は、もう晩年期じゃないかと思いつつ、生への執着はなまじっかじゃない。
    恋人の寿一郎を手放せばあとがないけれど、恋愛が終わるとわかっていればそれでいい。
    しかし恋愛は思いがけずしてしまうもの―。
    自らの体で感じる痛みを確かめながら生きる永遠子の愛のかたち。
    ドゥマゴ文学賞受賞作。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    40歳のフリーター永遠子の恋愛遍歴を綴った物語。

    主人公の家族も含めて、この物語に登場する人物たちはみな普通で世間並みの良識をもった人たちである。

    そのような中で主人公のグダグダぶりがなかなかよい。

    この安心感は、両親、姉弟たちとの良好な関係からくるのだろう。

    このような関係は本質的に言葉を必要としないところがあり、そのため主人公は必要な場面でうまく言葉にできず、つきあっている男性と親密になれずに終わる。

    一人の女性のこころの傷口を描いた半生記。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 傷口には ウォッカ  あははは

    もうちょっと 恋愛小説とか・・そういうのを・・

    あ~恋愛小説よんだことないな~あははは




    大道さんは 福岡出身の人ですね

    使う言葉があたしと全くいっしょ

    わたしは ~やんっ て よくいうんですよね

    福岡でも 言葉は 住むとこによってちがうので

    すごく 彼女の書く小説にことばが

    あたしに近くて びっくりしました




    お話は ちょっとかわった女性が主人公

    40歳で 未婚 彼氏あり

    弟に 淡い恋心をもち ふたりの妹に

    少し 馬鹿にされながらも

    自分の思うように ゆるく生きてる感じが すごく

    魅力的な 主人公ですね

    考え方とか これまた ちょっとかわってるあたしに

    結構似ていてわらってしまう




    たとえば 恋愛について

    客観的に みてるとことかね

    どこか 世の中にさめてるとことか

    人間を生物として みるとことか

    そういう見方が すごくおもしろかったですね

    やっぱり 福岡でうまれたかたということもあり

    言葉のニュアンスがすごく わかるんだよね

    それも たのしかった

    痛みを わざとあたえて

    生きてる実感を かんじる・・




    わかる気がしますね・・とても




    こちらは 第15回 Bunkamuraドゥマゴ文学賞を

    とった作品でもあるの

    彼女は 他の芥川賞なども とってるもんね




    やっぱ芥川賞作家さんって

    ちょっと変わってるというか

    世界観が独特なの

    あたしも きっと考え方が独特なので・・ははは

    とても 共感できるとこがありますね

  • 「肛門様だね、まさに。働くときは役割をちゃんと果たして終わったらまたきゅっと寡黙になる。括約筋のあの皺はデリケートで伸縮自在。」いつもと変わらぬ大道節は健在。相変わらずストーリーには感情的高揚もなくただ漫然とした時間が流れてゆくだけ。この退嬰的でなげやりな感じが何とも良い。あくせく毎日蟻みたいに生きてる自分には、一服の清涼剤のようにも。「人間は衝突もするけど、おしくらまんじゅうみたいにぶつかれば体もぽかぽか温かくなる。手ごたえが感じられる」もイイ。何だか家族の存在に対する感謝がこみ上げてくる。何度も噛み締めてた。

  • 独身40女の自堕落人生記。ストーリー性はない。ゆるい空気感とちょっと笑える主人公の言動が良い。読む人を選ぶ作品。独身中年女性向け。

全5件中 1 - 5件を表示

傷口にはウオッカ (講談社文庫)のその他の作品

1-B00JA0KEYSの詳細を見る Kindle版 1-B00JA0KEYS 大道珠貴

大道珠貴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

傷口にはウオッカ (講談社文庫)に関連する談話室の質問

傷口にはウオッカ (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする