日の砦 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.11
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062759984

作品紹介・あらすじ

郊外に家を構え、還暦を過ぎて会社も勤め上げた父親、結婚を控えた恋人のいる息子、母親の誕生日に携帯電話をプレゼントする娘、老朽化した家屋の建て替えを娘と相談する母親…。人生の区切りを迎えてようやく訪れた家族の穏やかな日常にしのびよる、言いしれぬ不安の影を精緻に描き出した連作短篇集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 具体的な事柄を淡々と組み上げることによって生じる、意外なリアリティ。

  • 芥川賞選んでた人だから偉いんだろうな、と思って読んだら、やっぱり偉かった。書道でよく「字が枯れてる」(褒め言葉)と言うが、まさしくそんな感じの文章。作風は、何か不気味で不可思議なことが起こりそうで超怖いんだけど・・・結局何も起こらない、というもので、非日常と日常の間にあるエアポケットみたいな地点を執拗につついている印象。小川洋子の初期の短編に似ている。

  • 大学入試の模試で、現国の問題文になっていたことで知った作家。その作品も、確か本書と同じ家族が主人公だった。
    定年後の夫婦と、独り立ちした息子と、社会人の娘という家族起こる、心のすれ違い。ごくごく普通の日常で、今日の自分にもあったような出来事ばかりなのに、丁寧に気持ちを描写していくことで、毎日がこんなに深みを持って見えるようになることに、何となく嬉しさを感じた。決して、希望が見えてくる前向きな話ではないのだけれど、それでも、自分の心のあり様を見つめることが生きる力になるかもしれない、と思わせてくれた。

  • サイン本。
    最初の祝いの夜。が、ドキドキして読み面白かった。

  • 同じ家族の日常を様々に切り取った
    短篇集


    おっ、と思ったのは一つ目の作品だけ。
    あとはいまいち。
    最後それっぽく締めようとしてる一文が必ず入る。

    なんとなくの雰囲気は嫌いじゃないけど。


    いまいっぽ!という意味を込めて
    ☆ふたつ

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

黒井千次

1932年(昭和7年)東京生まれ.55年東京大学経済学部卒業後,富士重工業に入社.70年より文筆生活に入る.69年『時間』で芸術選奨新人賞,84年『群棲』で第20回谷崎潤一郎賞,94年『カーテンコール』で第46回読売文学賞(小説部門),2001年『羽根と翼』で第42回毎日芸術賞,06年『一日 夢の柵』で第59回野間文芸賞をそれぞれ受賞.

「2019年 『老いのゆくえ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒井千次の作品

ツイートする
×