水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.49
  • (129)
  • (475)
  • (603)
  • (74)
  • (11)
本棚登録 : 3433
レビュー : 323
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062760324

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 綾辻行人の館シリーズ第2弾。少しずつ読み進めつつ最後はやっぱり一気読み。
    嵐の夜。奇妙な館。仮面の主人と客人たち。古典ミステリーのような舞台設定で怪しく怖い雰囲気を味わえる作品。
    現在と過去が交差しながら物語は進んでいく。
    トリックは比較的にわかりやすくヒントが散りばめられていてじっくり推理を楽しめた。
    犯人も予想してた通りの人物で納得。難解な推理小説を求める人には少し物足りないくらいかもしれない。
    謎解きのさらに後にある著者からのサプライズにぞくぞくした。
    ますます興味が湧いてきたので このまま館シリーズを読み進めたいと思う。

  • 館シリーズ第2弾。
    十角館の殺人と比べれば、トリック見え見えでちょっと物足りない。
    でも雰囲気は十分!!

  • 十角館から2作目の館シリーズ。
    全体的に暗いし、レビューで多くあるように十角館ほどの衝撃はない。
    犯人についても、プロローグで焼死体は違う人だと気付いたし、仮面&手袋はもうね、定番。
    過去と現在が交互で語られるのも読みにくい。

    ーーーと、文句ばかりなのは、それほど十角館が面白いということ!

    しかし島田さんはいい!
    謎解きもクドくないし、安心感がある。しかしそれは反面、容疑者が一人減るということでもあるが。。。

    次の迷路館に期待!

  • 綾辻行人の三作目

    犯人が途中で分かってしまった
    過去と現在とを挟んだ手法は面白かった

  • 館シリーズ第二弾ということなのでついつい期待をMAXにして
    突入した『水車館の殺人』でしたが見事に期待を裏切られました。
    一つ、一つの事件もいまいち盛り上がりにかけて、
    きっと最後にはあっと驚くラストが待っているんだと信じていましたが
    上記の通りです。まぁ、金田一少年よりは面白いのですが
    残念でなりません。ですが、館シリーズを楽しむんだという想いで
    読むのならば面白い発見が見つかるのかもしれません。

  • 山奥に建てられた水車の館、そこに住まう仮面の主人と外界を知らない少女、そこで一年前に起こった事件――。館シリーズ第二弾!

    うーん、『十角館~』に続いての本書だが、どうも私は綾辻氏が苦手のようである。登場人物たちに全く愛着が湧かないので、読み進めるのが少々辛い。
    島田潔のひょうひょうとした無邪気さは好きなのだけど、彼だけが他の登場人物たちと全く違う現実で一人にこにこと戯れているようで、読んでいてなんだか変なかんじ。
    綾辻さんの本に、私は「匂い」を感じないのかもしれない。彼の本を無味だとは思わない。こくもあるし、繊細でもあるし、美しいというのもわかる。しかし、「匂い」が感じられないのである。それでおかしな感じがするのかもしれない。

    この巻では、早い段階でトリックの一つがわかってしまった。
    最後の最後で犯人が「対峙」する場面はよかったのだが(何に対峙するのかは秘密)、トリックがわかってしまっていただけに、最後の場面のためだけにこの本を読む価値があったかとなると、ちょっと首肯しかねる気持ちが残る。

    館シリーズ、続きを読むかどうか思案中。というのは、実は私が『人形館の殺人』だけ持っているからなのです(^^;)。
    図書館の持ち帰りOKの棚にあったので、ついもらってきてしまったのだけど、どうしようかなぁ。

  • うーん。普通。
    普通なので、☆3でも良いんだけど、期待が大きかったので、2になりました。
    決して悪くないけど、とにかく普通すぎて、予想通りにことが進み、予想通りの犯人で、予想通りにあっけなく終わる。
    という展開に、少しもどきどき出来なかった。

    前作の「六角館の殺人」は、突っ込みどころが色々あっても、なかなか犯人にたどりつけなかったり、目星がついても、そのトリックの謎が解けなくて面白かったんですよね。

    本作は、きれいにまとまっていて読みやすいのですが、私としては、見えすぎてトリックにも謎にもならなかった。

    ただ、ラストは流石!
    いやーな汗が流れる感じでした。

    館シリーズ「迷路館の殺人」の新装版、出たら、あた読みます。次に期待♪

  • いやぁ仮面つけてるとはいえ気付かんもんかね。とは思った。まーお嬢さんが協力してたなら意外とそんなもんかも。しかし、焼死体が別人というのは予想し得たかな。

  • 館シリーズ#2

  • 現在と過去を行き来する手法は苦手。序盤はさっき起こった出来事が現在のことか過去の事かわからなくなり…何度も前のページに戻ったので疲れました。

    犯人は予想通り。

著者プロフィール

綾辻 行人(あやつじ ゆきと)
1960年京都市生まれ。京都大学教育学部在学中、京大推理小説研究会に所属。研究会同期に、後に結婚する小野不由美がいる。1982年、同大学大学院教育学研究科に進学。1987年、大学院在学中に『十角館の殺人』で作家デビュー。講談社ノベルス編集部が「新本格ミステリー」と名付け、その肩書きが広まった。1992年大学院を卒業後、専業作家に。
1990年『霧越邸殺人事件』で「週刊文春ミステリーベスト10」1位。1992年『時計館の殺人』で日本推理作家協会賞長編部門を受賞。2011年『Another』で「ミステリが読みたい!」1位。2018年第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。
主な代表作として、デビュー作『十角館の殺人』以来続刊されている、長編推理小説「館シリーズ」。

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)のその他の作品

水車館の殺人 (YA! ENTERTAINMENT) 単行本(ソフトカバー) 水車館の殺人 (YA! ENTERTAINMENT) 綾辻行人

綾辻行人の作品

ツイートする