「本能寺」の真相 (講談社文庫 あ 62-15)

著者 :
  • 講談社
3.44
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062760386

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  光秀無双っぷりには驚いたけれど、割と登場人物が淡々としているので、驚きが少なかった。
     というか女子高生が魔性の女すぎる。

  • 明智光秀は実は天王山の戦い以後も生きながらえて,家康のブレーンとして活躍するとともに,将軍の血筋さえも明智に染めていったというストーリー。あくまでも信長討ちは秀吉・家康をも巻き込んだ密約ということで,史料の類はないが,様々な状況証拠が上述のストーリーを物語っていくような,大変面白い歴史小説でした。

  • 歴史の新解釈と現代の事件の2つのストーリーが併行して進行。明智光秀に関わる新解釈は読んでいて面白かったものの、歴史に詳しくないのでどの程度納得性があるものなのか判断できなかったことが残念。そのせいか、歴史のウエイトが高すぎるように思えて星3つ。

  • 立ち読みして面白そうだったので購入。殺人事件と本能寺の変がうまく交差していて読んでいて面白かった。歴史好きな人にはお勧めの一冊かも。【読み終わり】

全4件中 1 - 4件を表示

「本能寺」の真相 (講談社文庫 あ 62-15)のその他の作品

姉小路祐の作品

ツイートする