偏愛文学館 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.79
  • (6)
  • (11)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062760928

作品紹介・あらすじ

夏目漱石、吉田健一、宮部みゆき、ジュリアン・グラック、ラヴゼイ…。古今東西様々なジャンルの「本」39冊を独自の視点観点で紹介する。ブックガイドとしてだけでなく、『大人のための残酷童話』『パルタイ』といった名作を残した著者自身の作品世界、その背景までも垣間見ることのできる究極の読書案内。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 10年ぐらい前に亡くなった倉橋由美子さんの書評集。評者である倉橋さんの偏った趣味と嗜好がこれでもかと詰め込まれていて、まさに「偏愛」ぶりを楽しむための書評集です。

    恐らく今では入手困難な本もあるんだと思いますが、有名どころからマイナーな作家まで、和洋中織り交ぜて紹介されているので、面白そうな作品を見つけるには事欠きません。自分が知らない分野の小説を開拓するには便利な本かと思います。

  • 没後に刊行された書評集の文庫版。
    「ああ、あの調子だなぁ」(笑)と、
    エッセイ選集『毒薬としての文学』を思い出しながら読み進めた。
    俎上に載った本のうち既読は三分の一ほどで、
    自分の読書経験の貧しさを再認。
    石川淳の現代語訳「新釈雨月物語」には
    訳されずに切り捨てられた箇所がある、とは知らなかった。
    倉橋氏はその切り捨てを「浅慮」(p.32)だとバッサリ。
    でも、大好きなジュリアン・グラック『アルゴールの城にて』が
    絶賛されていて嬉しかった。
    これを機に、手を出しそびれていた『シルトの岸辺』を読んでみようかと
    思い立った。

  • タイトル通りの書評エッセイ。全部で38作品、和洋半々くらいかな。3分の1くらいは既読の本だったけれど、残りの未読もののほとんどは、あんまり気軽に入手できなさそうな本だったので、今後の読書の参考にはなるようなならないような(苦笑)。日本の作家は、三島、谷崎、川端、太宰、漱石、鴎外に、上田秋成、中島敦、澁澤龍彦と、わりと馴染みの深い人が多かったですが、意外だったのは宮部みゆきの「火車」が紹介されてたこと。最近のエンタメ系作家の作品とかもお読みになられてたんですね。吉田健一は読んだことないので読んでみようかなと思いました。

  • 冷やかしで手に取ったが、なかなかどうして短い文章に言いたいことがピシッと詰まった旨い文章を書く人である。川端の「山の音」を書いた文章も切れ味があり、批評作品としても申し分ない。壺井栄「二十四の瞳」を懐かしく再読しようとさえ思った。

  • そもそも文学は偏愛、ですよね。

  • 20120331
    「偏愛の条件にはいろいろありますが、形式的なことをあげてみると、それはまず再読できるということです。二度目に読む時に、いい人、好きな人と再会するのに似た懐かしさがあって、相手の魅力も一段と増したように思われる。そういうものが偏愛出来る作品」と言い切る著者の選んだ古今東西の39冊の書物を紹介したブックガイド。
    岩波文庫のものや怪異譚が多い気がした。
    「メールのやり取りみたいな文章でぼくは…わたしは…調で書かれたものなど、小説だと思っていません」愚の骨頂とまで言い切り手厳しい。
    こういう文章が書けるようになりたい。


    毒舌だがリズムの良い文体で読ませる書評集。

  • 10092

    08/14

  • 小説家が愛着を持つ39冊の小説を紹介するブックガイド的一冊。
    「偏愛」というだけあって、なかなか偏ったセレクトになっています。
    夏目漱石「夢十夜」や、上田秋成、カフカ短篇集など、怪奇幻想な作風がお好みのようです。
    外国人作家は、ジュリアン・グラック、イーヴリン・ウォーなど、全然知らない作家が紹介されていて、今後の読書の参考になりました。

  • ブックガイドのつもりで買ったけど、そういう意味では失敗。手に入りにくそうな本も多いし、あらすじや落ちをここまで明かされてしまうと、改めて読む気はしないかな。ただ、大好きなんだけど私にはその良さをうまく人に説明できない作品について、その素晴らしさを鮮やかに語ってくれている部分にはうっとり。

  • 著者が愛でる文学作品を端整な文章で紹介する。好きなものは好き、嫌いなものは嫌いでいいじゃないという姿勢に共感が持てる

全10件中 1 - 10件を表示

偏愛文学館 (講談社文庫)のその他の作品

偏愛文学館   単行本 偏愛文学館   倉橋由美子
偏愛文学館 (講談社文庫) Kindle版 偏愛文学館 (講談社文庫) 倉橋由美子

倉橋由美子の作品

偏愛文学館 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする