タイタニア3 旋風篇 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.73
  • (13)
  • (21)
  • (17)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 153
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062762496

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一気にアリアバートのは株が上がった。
    まっすぐだが毒がない、個性が薄い?彼が本音を見せ、素晴らしい判断をしたことで動いた歴史。
    ファンヒューリックに負けようとも、アリアバートの方が大物感満載。

    さぁ、AJコンビがこれからどうするのか。
    対するがイドリスとはなんとも物足りないけど、物足りなさを補ってくれる動きがこれからあるはず!

    2016.5.23

  • 4巻を読む前に思い出す意味で手にとった一冊。
    前に読んだのはいつだっけ・・?
    (確認したら1991年だった・・・)

    かなり記憶欠落してたけど読みだすと蘇るから不思議。
    ファン一党が対立軸のはずなんだけどキャラたちが悪く第3勢力っぽいんだよなぁとか、イドリスはなんか可哀想とか・・

    最後にジュスランが将来のタイタニア像を語って終わるのだけど4巻を読むのが楽しみ。
    この頃はまだ田中先生の残光がわずかながらに残っていたなぁと再確認。

  • タイタニア内部で、まさかの内戦が始まり、更に物語が複雑に展開していく気がします。もしかしたら、「銀河英雄伝説」より面白いかも知れない。

  • 宇宙を支配するタイタニア一族。磐石に思われたその支配に綻びが広がるというSF小説です。
    今日は代休です。そして読み始めたら止まらずに一気に読んでしまいました。20年振りの文庫化だそうです。しかも物語は完結していません。だから文庫化されなかったんだろうけども、この続編が読めないのは生殺しです。早く続編を書いて欲しいですね。

  • いくらか大人用の銀英伝の最終巻(今のところ)。

    (2009年07月26日読了)

  • アニメをみて,銀英伝より劣るかなと思ってたんですが,なんのなんの.
    小説を読めば,奥が深くて面白かったです.
    ぜひ読んでみてもらいたいシリーズです.

  • 2009/09/06-2009/09/08

  • 一応、これでラストです。面白いと言えば面白いのですが、やはり中途半端さは否めません。結局どうなるんでしょうね、この物語は・・・。

  • 面白い。さすが田中芳樹。

  • スペースオペラってSFくくりでいいのかな…わからん。いつの間にかアリアバートのことをすごく好きになってました。続きは出ないのか…!

全15件中 1 - 10件を表示

田中芳樹の作品

ツイートする