件獣 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.52
  • (5)
  • (12)
  • (11)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 130
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (616ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062763165

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。

    ちょっと都合よすぎじゃないかな。
    クライマックスで妄想記述言語を書いて鏡に激突するだけで件を使役できるなら、大生部が準備してた儀式の意味はよ。
    時子も奈義の首を切る必要なんてなかったんじゃ?
    この先の展開で龍造寺が二人いる意味みたいなのは出てくるんだろか?
    妖怪バトル小説では「妖魔夜行シリーズ」の方が好みかな。
    面白くなくはないんだけどね。

  • 鬼神 件獣

  • ずいぶんさくさくっと減るなーと思ってましたが、まぁそうですよね、という展開で落着。
    ぼく視点で語られるので、ラノベ風というか、ノリで読めるのがいいですね。
    それにしても、龍造寺さんたちの意思疏通能力?はどこに行ったんだろう。どういう風に行われてたのか気になる身としては、その辺のヒントがなかったのがちょっと残念。
    苑子ちゃんはいいキャラだなぁ~一巻だとちらっと電話に出てたかなくらいだったひとがここまで絡んでくるとは。強いし。素敵です。

  • 人工憑霊こ猫第4段。主体は龍造寺(おれ)です。

    やっぱり龍造寺が語り手だと読みやすくて良いです。さくさく読めます。

    ストーリーの進み方も順調で、伏線もいい感じ。
    件については確かに1~3巻のうちで何回も出てて、なんで毎度この鬼神ばっかりなのかなとは思ってたんだけど、なるほどこうゆうことかと納得です。

    1~3巻はまさに導入でストーリーはこれから始まるかんじです。これからが楽しみ。

    最後のほう、登場人物の大半が死んじゃって、「マジかよ!?」と思っていましたが、やっぱりそんな訳ないですよね(いやまぁ、死んだっちゃぁ死んだのか)

    時空超えるとかカッコよすぎだけど、ちょっと怖くなりました。

    全10巻らしい……道のりは長いです。

  • シリーズ4作目。
    今回はタイムパラドックスとやらで、又々何だか聞いたようなお話が繰り返されます。
    話は進んでるような進んでいないような、次回作ではどうなるんでしょ?

  • 前作までは人物視点を変えて
    同じ時間軸のお話しでしたが、
    今回は龍造寺と白石が学園に戻ってきたトコロから
    お話しが始まります。

    ちょっと展開が進んだの・・・か?

    今回も相変わらず本を盗まれたり
    何だかんだですが、最期よく分からんかった(*´ω`*)

    今回の敵は千文字さんではなく大生部サンでした。

  • 予言できる能力を持つ妖怪、件。時間という概念に氾濫された世界に幸福という概念はまだ残っているのだろうか。巡る回る円環時間のほうが幸福度は高いと思いました。

  • レヴューは蟲猫にまとめたので割愛。

  • 著者の思い入れの深さが窺える渾身の伝奇小説第四弾。

    著者の愛を感じ取ってください。

    その深さを垣間見せる巻末の対談は絶品です。

  • 「蟲猫」シリーズ第4弾。3作目でちょっと落ち着いたのかと思いきや、また本を盗られたりしてかなりピンチっ。古墳発掘の細かいとこまで書かれてたのがGOOD。もちろん衝撃の展開も面白かったですよ

全12件中 1 - 10件を表示

件獣 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫)のその他の作品

化野燐の作品

件獣 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする