新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
2.90
  • (61)
  • (140)
  • (284)
  • (174)
  • (82)
本棚登録 : 2771
レビュー : 252
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062763479

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 超絶に一番タイトルが好きです。限りなく透明に近いブルーってなんてエモい名前なの

  • 好きじゃない。ラスト30ページは元気に狂っててよかった。

  • あぁきつかった、本を読むことってこんなに吐き気がすることなんだって。

    解説で綿矢りささんが言うように、文書表現から描写と匂いと吐き気がテレパシーとなって読み手に伝わってくる、これが村上龍の才能なんだとのこと。

    横田基地内に住む数人の男女が終始、パーティと称しドラッグ、セックス、暴力を繰り広げていく、それを主人公であるリュウが淡々と傍観者のように見ている。

  • ドラッグとセックスに溺れた若者のストーリー。独特な描写で描かれた本作は読む人によって評価がわかれると思う。ドラッグで正気を失った登場人物が複数で絡み合い、私には全ての場面をイメージする事が難しかった。


    説明
    受賞歴
    第75回(昭和51年度上半期) 芥川賞受賞
    第19回(1976年) 群像新人文学賞受賞
    内容紹介
    村上龍のすべてはここから始まった!
    文学の歴史を変えた衝撃のデビュー作が新装版で登場!解説・綿矢りさ

    米軍基地の街・福生のハウスには、音楽に彩られながらドラッグとセックスと嬌声が満ちている。そんな退廃の日々の向こうには、空虚さを超えた希望がきらめく――。著者の原点であり、発表以来ベストセラーとして読み継がれてきた、永遠の文学の金字塔が新装版に! 〈群像新人賞、芥川賞受賞のデビュー作〉

    内容(「BOOK」データベースより)
    米軍基地の街・福生のハウスには、音楽に彩られながらドラッグとセックスと嬌声が満ちている。そんな退廃の日々の向こうには、空虚さを超えた希望がきらめく―。著者の原点であり、発表以来ベストセラーとして読み継がれてきた、永遠の文学の金字塔が新装版に!群像新人賞、芥川賞受賞のデビュー作。

  • あまり、意味がわからない。これ作者が経験したことを書いてるならすごいなと。麻薬をした人しかわからない表現なんじゃないかなー。

  • 有名な作品なので読んでみた。
    描写が過激でイマイチ身近ではないいので嫌煙しつつ読み進めていった。後半は、主人公の冷静ながらも傷んでいる心とか感じられて興味も出てきたが、その辺りで物語か終わった。
    最後の綿矢りささんの解説が全てを物語ってるかと。この話を、そういう風に感じる事が出来るんだこの人は!!すごいなぁ!!!と綿矢りささんの評価がやたら上がる果に。

  • 一般人には全く想像ができない世界。
    読んでいて気持ち悪くなった。

  • 混沌としていてどうしようもない世界の物語だと感じました。希望や救いは、私にはあまり読み取れませんでした。
    この作品は、私が読むにはまだ早かったのだと思います。またいつかおもしろさがわかるようになった頃に、読んでみたいです。

  • 気が滅入る。自分には合わなかった。

  • ドラゴン氏2作目。インザミソスープは楽しく(?)読めたけど、今作は読み終えた後、余韻に浸るほど没入する事が出来ず、なんなんだろう?という感想しか出てこなかった。自分の読書能力が低いことを改めて痛感。

  • ドラックに支配された人々の退廃の日々・・・

    ヨシマヤはダメ人間でダメな奴

    オキナワは駄目さ加減はさらけ出していないが駄目な匂いはプンプンとする。

    オンナにタカリ、ドラックにハマる駄目な人達の日常。

    夢と現実の交錯する様な文章は、何が真実で何が幻なのか判らなくなってしまう。
    文章に気持ち悪かったり心地よかったりとトリップさせられる様な作品でした。

  • 著名な本なので読んでみたが、なるほどわからないし後味も悪い。
    だけれども気になって評価を調べて見たところ、様々な感想があり驚いた。
    人によってこんなに評価がわかれる作品は珍しいので、また五年後などに読むと感想が変化しそうで、楽しみである。

  • 入り込めなかった。
    性的表現が生々しくなくてどっちつかずと感じた。

  • 表現が生々しく時々本当に気持ち悪くなる場面もあったが、妙に引き込まれてすべて読んでしまった。面白いかどうかと聞かれたら疑問だ。

  • 自傷行為を繰り返す人は、痛みによって自分が生きている事を実感するらしい。この話は全編自傷行為みたいなイタイ話だ。

    吐き気は胃の中の食物が消化仕切れないで逆流する現象を言うが、この物語に出てくる若者達もここそこに嘔吐物を吐き散らす。

    個人的には好きではないけど、凄い本だとは思う。

  • 一行目から頭がぐらんぐらん揺れているような感覚を味わった。
    本を読んでこんな気分にさせられたのは初めてだったので衝撃だった。
    短いので、読み終わってすぐ詳しい内容は忘れてしまったのだけど、この強烈に酒に酔ったような感覚だけは印象に残っている。
    こんな文章を書けるって、すごいな。

  • 吐き気のする描写ばかりで、最後まで話が頭に入ってこなかった。

  • 読むに耐えなかった。こんな景気をただ見ていられる主人公はやはりおかしいと思う。

  • 2014/10/9読了。

    心をかき混ぜられたような、何とも言えない読後感。平日の仕事終わりに読むのではなく、休暇の一人旅行のときに読むべき一冊。

  • 世の中を不感でしか語れないリュウ。情緒の安定しない仲間の行うことも、自分が行うことにもどこか退廃的。語り口は写実的で感情を伴っていません。カメラのシャッターを切るように物事が細かく蘇ります。だからこそ、映し出す文章は凄みと臨場感があります。ゴキブリの腹から出る黄色い液体。黒色のペニス。そして限りなく透明に近いブルー。これらの色がとても印象的でした。赤く染まる夕焼け。輝く青い海。陽光に照らされる緑の葉っぱ。これらの本当の美しいを言葉で表現することは不可能です。実際に見た人にしか共有出来ない美しさがそこにはあります。しかし、今作はそれらを限りなく再現しようとしています。全ての客観的な表現、辛辣なストーリーは「限りなく透明に近いブルー」を導入する装置です。今作は言葉の壁を超える挑戦、綿矢りささんの言葉を借りればテレパシーに挑戦したのだと思います。文豪である夏目漱石も川端康成も太宰治もリュウと同じくニヒルな人物でした。世の中に斜に構え、苦しみながら、世界を諦観していました。だからこそ、物事を違う視点で描き、紡ぎ出される言葉は読者の心を震わすのでしょう。以後、解釈となりますが、リュウにとって鳥とは自由の象徴です。でも、リュウにとっては自由は恐怖です。それはリュウは痛みとか苦しみでしか生を感じれないから。そしてラストで見た「限りなく透明に近いブルー」。やはりこれは極限の中での希望の光だとは思う。でも、限りなく透明。物凄く淡い希望。それでも、ブルーだ。透明にはなり得ないブルーだ。冷めたように見えるが、実はレッドよりも温度の高いブルーとして希望を与えたのは村上龍の優しさなのでしょうか。本当は、リュウの秘めたる想いは途轍もないのかもしれません。

  • 個人的に、映画にせよ小説にせよ、パーティピープルものが基本的に苦手だから、決して面白いものではなかったが、
    よくもまあこのノリで一行目から最後までこうも巧くまとまったなと感心した。長さが素晴らしい。

    綿谷りさ氏の解説が、何ともしっくりきた。

  • 文章自体がラリってる。
    「面白いかつまらないか」以前に、生理的に受け付けない。無理。課題図書だったから読めたものの、一体何度投げ捨てよう、と思ったことか。凄い作品なんだろうし、それは文章からも伝わって来るのだけど、壊滅的に自分には合わない。
    きっと僕がまだ未熟なんだろうね。かといって、じゃあ何年後かに再読しよう、とは微塵も思えない。
    芥川賞受賞の際にも揉めたらしいが、確かに好みがはっきり二分する作品だと思われる。

  • 嫌な気分にさせられる。
    文章が難しかった。
    綿矢りささんの解説が素晴らしい。

  • 嫌いな作風ではないけれども、性描写、暴力、ドラッグ、気が滅入る。

  • 再読

  • 物語性が読めなかった。
    評価されている作品という先入観が最後まで抜けないまま、理解できない作品として終わってしまった。

  • 描写がえげつない。想像力を掻き立てられるような事細かな描写は、読む人を傷つけるほど。あまりに想像できすぎて、蛾を食べるシーンには思わず顔を歪めてしまった。終始ドラッグや汚泥にまみれる物語というのは、読んでて気持ちのいいものではないが、名作と言われるだけあり、鮮烈な印象を残した。リュウは、限りなく透明に近いブルーの色に触れたとき、自分を取り戻し、変わる決意ができたのだと思いたい。

  • ドラッグに暴力にセックス。
    退廃的な世界が生々しく描かれ、主人公はそれを淡々と心情も無く傍観者の様な立ち位置で見つめている。
    そのためか、存在の希薄さや空虚感なども漂い、全体的に非常に重い作品になっている。

    正直読んでいて全く理解出来なかった。
    最後まで読めたのが奇跡なくらい、最初からついていけなかった。
    だがしかし、本が悪いというよりも、自分自身がまだこのよう世界観になるほど達観しているわけでも、経験をつんできたわけでもないからだと感じる。
    様々な経験して、大人になって、一息ついてからまたリベンジしたい。

  • きっとかなりセンセーショナルな文学作品だったのだろう。
    読んでて気持ち悪くなるし、色々なやる気がそがれるすごい作品でした。
    男の人の描く性描写ってやっぱり苦手だなぁ。
    薄い本だったのに、読むのに凄く時間がかかってしまった。

    解説が綿矢りさだった。

  • そういえば村上龍を読んだことがなかったと思い、
    まずは話題になったというデビュー作から手に取ってみた。

    これだけ読むと、自分には合わない作家かもなぁ。と思ってしまう。
    暴力とドラッグとセックスと。
    70年代を描いた本というのは、どうしてこう、
    無気力というか、退廃的な空気を描いたものが多いのだろう?
    例えばこういう20代、30代を過ごしたとして、そのあとどんな大人になるんだろう?
    いまの自分にはまったくわからない感覚だが、
    この本が発表された当時は、共感をもって受け入れられたのだろうか。

    とにかく、この先の村上作品を読んでみよう。

著者プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

「2018年 『収録を終えて、こんなことを考えた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上龍の作品

ツイートする