永遠の0 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.42
  • (8998)
  • (4586)
  • (1542)
  • (298)
  • (107)
本棚登録 : 38908
レビュー : 5384
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062764131

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 賛否両論ある作品だけれど、戦後60年(本作品初版発行時)に多くの人に戦争について考えされるきっかけをつくったという意味では、素晴らしいミリオンセラーだ。

    夢を見失った現代の若者が、実の祖父である特攻で亡くなった一人の海軍航空兵の生き様を、生前の彼を知る人に聞き歩き、浮き彫りにしていくというストーリー。

    祖父について調べ終えた若者の変化からは、人権が守られ自由な今を生かされている現代が貴重であることを認識し、懸命に生きよというメッセージを感じた。

    本文の相当を占める戦時下の航空兵の熾烈な環境描写からは、百田氏本人の言う「特攻を断固否定」「反戦」のメッセージも受け取ったが、一方で違和感もある。

    確かに反戦ではあった。
    ただ、こうすれば勝っていただの、上層部の判断が間違っただの、大本営の戦略のずさんさへの批判があまりに多すぎる。戦争自体への否定が、薄れてしまうのも無理はない。

    本作品への批判は、パクリ疑惑や、特攻美化というものもあるが、わたしは元ネタと言われている書籍を読んでいないし、戦争についても詳しくなかったため、その点はわからない。

    わたしはこれまで不幸な話や恐ろしい話、怖い話が本当に苦手で大嫌いで、小さい頃からずっとずっと避けてきた。

    「火垂るの墓」も通して観れたことがないし、例えフィクションでも戦争を題材にした話は読めない・観れないだった。

    けれど、数ヶ月前から急に戦争の史実に興味を持って、「積ん読」だった『永遠の0』もその心情の変化から読むに至った。

    亡くなった祖父は、幼かったわたしに何度か戦争の話を聞かせてくれようとしたけれど、わたしは泣きながら逃げて、結局一度も耳を貸さなかった。まさか後悔する日がくるとは思わなかった。

  • 登場人物の台詞が誘導尋問でもされてるのかという印象に違和感と不信感を抱いた
    都合が良すぎる話の展開や設定に軽蔑した
    誰もが感情を喚起する題材で
    この書き方
    言葉の選び方が無神経で苛立ちを覚えた
    表現力ないセンスない どうして出版社世に出したのまず
    登場人物にも感情移入できず

    真実を突き詰める ことに対しての感覚を読者に養わせたいという意図があったのならば
    この植え付けられた不信感が狙いならば相当な策士
    いや、そんな裏がなくとも
    金太郎飴のような感想文の圧倒的数や実績からして
    恐るべき策士なんですかね
    どちらにしても嫌いです 小説家として

  • "ずいぶん前から気になっていた本だが、中々手に取らなかった。ベストセラーといわれると、つい読みたくなくなる。「海賊とよばれた男」が話題になり、ついに読み始めた。
    この本に限って言えば、もっと前に読んでもよかったし、読んで良かった。
    この作品は映画化されるらしい。期待も膨らむ。本当に素晴らし作品に出合えた。今日はその余韻に浸りたい。"

  • 「永遠の0」(映画は見てないので原作のほうね)がダメダメなのは、現代パートの展開があまりに稚拙とか、回想パートが一本調子なうえにくっそ長いとか、文章がそもそもアレとか、数え上げたらきりがないのけど、なにより物語としての核心部分がまったく描けてないってことなんだよね。
    それは「なぜ宮野久蔵だけが特異な行為者たりえたのか?」という問いに集約できる。本来考えなくてはいけないのは、宮部が特攻に臨んだ理由をめぐる問いではなくて、それ以前において彼がすでに特異な立場にあったことなんだよ。お国のために死ぬことを是とする中で、そもそもなぜ宮部だけが死を避け生きることを公言できそのために行動できたのかという特異さこそ、問われるべきなんだよ。
    んで、その問いへの回答は「妻子のもとに生きて帰りたいという強い意志」なんてのでは十分でない。というか、ぜんぜん足りない。
    だって、戦地には何万という特攻隊員、何十万という日本兵がいて、その多くが、生きて帰りたい、妻子と再会したい、と強く望んだはずだもの。そのことに関しては宮部も他の兵員たちも同じであり、何ら変わるところはない。それにも関わらず、彼らは自らの希望を口に出すことも能わぬまま死地に赴き、宮部だけが自らの意志を口にすることができ、また実際に行為を成すことができた。
    それはなぜか?なにが宮部と他の兵員たちとを分けたのか?意志の力のみには還元できない決定的な要因が宮部と他の兵員たちとの間には横たわっていたはずで、それこそが問いの核心なんです。それを問わない限りは宮部の行為が理解されることはない。
    でも、作中において、その問いに対して何らの回答も示唆も存在しない。だから、宮部はたんたんと話したんたんと行うのみであり、その内側や背景を読み取ろうとしてもなにもない。ただただ空白ばかりがある。そうじゃなくて、宮部が宮部たり得た理由が示唆されなきゃならんし、そうなって初めて最終的に宮部が特攻に臨んだ理由も説得力を持つんです。それがすっかり欠落しちゃってる。
    一方、宮部本人ではなく、他の兵士たちの悲哀をこそ書こうとしているのだから、そこまでは考える必要はないという考えもあると思う。でも、描きたいのが他の兵員たちであるならばなおのこと、彼らが宮部になれなかったその訳を考えなくてはいけないし、だからその意味でも問いは極めて重要性なんですよ。
    そんなこんなで、いちばん大事な核心部分が完全に看過されたまま話は進んでいくわけですから、小説として成立してないんちゃう?と。少なくとも致命的な欠陥だってことは間違いない。
    もしそうと気づかずに看過したのなら作者はあまりにまぬけだし、気づいていながら看過したのなら不誠実にすぎる。僕らだってバカじゃないんだから、そういう手抜きとか不誠実とかはイラっとするわけですよ。読者なめんなよ!ってね。ナイトスクープは大好きなんで、そっちに集中してほしいとこです。

  • 昨年8月広島に、今年8月長崎に行った。
    恥ずかしながら35年生きてきて初めて原爆の歴史に触れた。
    宮崎駿「風立ちぬ」も見た。
    零戦を作った男たちの世界に触れた。
    そして、ついにこの本にたどり着いた。
    零戦に乗って戦った男たちの魂に触れた。

    今ある日本は、たくさんの人々が命がけで守った日本だ。
    なのに、私たちは我がもの顔でこの国に生き、
    この国を汚し、この国を蔑ろにしている。
    愚かなことだ。
    生きたくても生きられなかった人々の犠牲のうえに私たちはいる。
    それを忘れてはならないとこの本は強く訴えてくる。

    今年は戦後68年目。
    戦争体験者の数は減る一方で、増えることはない。
    この本が語り部となり、歴史が語り継がれることを祈りたい。

  • 何を評価するのかによるとも思うが、この本の評価は高すぎる気がする。

    ワンパターンの回想形式。その間に挟まれる主人公達の反応は、狙い過ぎでチープなことこの上ない興ざめする演出だ。

    戦争をネタにして受けてるだけだろうが小説としての良さも面白さも何一つない。今後この作者の作品を読むことはきっとないだろう。

  • 戦死した祖父の過去を孫の健太郎と姉の慶子が
    明らかにしていく物語。

    知人に出会う度に明らかになる祖父の素顔に驚き、零戦のドッグファイトにハラハラし、泣きながら読み進めた。

    戦争について初めて知ることも多く、戦うことの辛さ、恐怖、悲しみなどが伝わり、自分と同じ歳(若い歳)の人がどんな気持ちで生きていたのかが胸を打った。

    物語では零戦の描写が多く出てくるが、とても躍動感があり、映像を見ているような錯覚に陥る。

    冒頭の「俺は忘れない。あの悪魔のようなゼロを・・」でがっちり心を掴まれ、夢中で一気読みしてしまった。

    非常に感動した作品で戦争の惨事を風化しないためにも、たくさんの人に読んでもらいたい♪

  • 先に待ち受ける圧倒的な死の結末が怖くて、途中何度も読むのをやめようと思った作品です。
    でも、天才ゼロ戦乗りの宮部さんにどうしようもなく惹かれて、、ラストまで泣きながら読みました。

    わたしの祖父もサマールで戦死しました。遺体はおろか、遺骨すらありません。祖母はその後、独身を通し、92歳で逝きました。
    この時代を生きた人たちに敬意を感じずに入られません。私たちも懸命に生きないといけないのです。なぜならば、未来を夢見ることすら許されなかった人たちが、この時代には確かにいたのですから

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「この時代を生きた人たちに敬意を感じずに」
      清濁色々あるでしょうけど、先人あっての私達ですから、、、単純に批判はしちゃいけませんよね。そう言...
      「この時代を生きた人たちに敬意を感じずに」
      清濁色々あるでしょうけど、先人あっての私達ですから、、、単純に批判はしちゃいけませんよね。そう言う人は自分自身が後生の方に批判されるでしょう。。。何にせよ、恥ずかしくない生き方をしたいものです。。。
      2013/03/08
    • HNGSKさん
      にゃんこさん>>本当にそのとおりですね。
      恥ずかしくない生き方がしたい。けれど、どんな生き方が恥ずかしくないのか、いまだ分かりません。
      まだ...
      にゃんこさん>>本当にそのとおりですね。
      恥ずかしくない生き方がしたい。けれど、どんな生き方が恥ずかしくないのか、いまだ分かりません。
      まだまだ未熟者の私です。
      2013/03/08
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「まだまだ未熟者の私です。」
      だって、まだまだコレからですもの。。。「熟れて」落ちる時は、種になる時だと思って、それまでは「熟さずに」勉強?...
      「まだまだ未熟者の私です。」
      だって、まだまだコレからですもの。。。「熟れて」落ちる時は、種になる時だと思って、それまでは「熟さずに」勉強?しましょう。。。
      2013/03/12
  • 小説である。

    お話はスターウォーズの着メロから始まる。零戦に乗り、特攻で亡くなった「祖父」について調べたいという「姉」からの電話であった。
    「ぼく」はいくつかの戦友会のつてをたどり、「祖父」のかつての同僚や部下たちの話を聞き始める。たいへんな臆病者であった、きわめて優れた戦闘機乗りであった、そして・・・次々に明らかになる「祖父」の横顔。そして、「祖父」の記憶を通して、語り部たちは戦争や軍の不条理と矛盾に鋭く、深く切り込んでいく。

    そのインタビューは、まるで目の前で語られているような迫力と真摯さで読む者に向かって来る。

    零戦の優れた戦闘能力も、海軍上層部のいかにも場当たり的で拙劣な諸作戦にしても、結局自ら身を賭して戦おうという覚悟もなく、戦闘員を使い捨ての兵器としか見ていない一部のエリートたち(著者はそれを現代の役人たちに重ねてみせる)が、ただの勢いで作り上げたものではなかったのか。そして「大本営発表」を垂れ流したマスコミ、それに無自覚に乗って熱狂した國民たち。

    そこに日本の病巣を見る気がして、背筋が冷たくなった。

    いま、日本人は同じ道を歩いてはいないのか。重要な警世の書である。

  • 戦争について考えるきっかけを与えてくれたこの本には感謝すべきだし、そういう力がこの本にはある。

    ただ、どうしても文章の端々からチラチラと垣間見える著者百田尚樹の傲慢というか、「自分の小説が一番」かのような文章の書き方、酔いしれ方?がすごく鼻につく。(これは私が勝手に受けた印象だが。)
    もうひとつは、宮部の特攻に行った理由。
    「家族のためになんとしてでも生きて帰りたい」というのが芯だった男が、仲間が特攻で死んでいく姿をみて自分も特攻に志願することにする。
    この、ここの心情の変化が一番大事なのではないか。
    ここに戦争の恐ろしさ、理不尽さを見ることができるのではないか。
    しかしそこの部分はほとんど書かれておらず、もう次に出てきた時に宮部は既に生きる希望を失っていた。特攻に志願する心境に至るまでの心情が漠然としすぎており、結局なんでなの言いたくなる。書かれなくとも想像しろということかもしれないが、ただ単純にあまりにも軽く扱われすぎている気がする。

    映画もみたがどうしてもいいと思えない。
    いいところも確かにあったが、私には深部に触れているようで実は表面をなぞっただけの作品にしか感じず、「涙がでた」「感動した」と世間で絶賛されているのが恐ろしくもある。どこにどんなふうに感動したのか理解ができない。

全5384件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

百田 尚樹(ひゃくた なおき)
1956年生まれ、大阪府出身の放送作家・小説家。『探偵!ナイトスクープ』の放送作家として活躍。
50歳の時にはじめて執筆した『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。ヒット作となり、映画化されている。
ボクシング青春小説『ボックス!』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化もされた。『海賊とよばれた男』で2013年本屋大賞大賞受賞。コミック化、映画化された。

永遠の0 (講談社文庫)のその他の作品

永遠の0 (ゼロ) 単行本 永遠の0 (ゼロ) 百田尚樹

百田尚樹の作品

ツイートする