どちらかが魔女〈森博嗣シリーズ短編集〉 (講談社文庫)

著者 : 森博嗣
  • 講談社 (2009年7月15日発売)
3.71
  • (49)
  • (87)
  • (93)
  • (12)
  • (1)
  • 923人登録
  • 58レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062764186

作品紹介

西之園家のキッチンでは、ディナの準備が着々と進んでいる。ゲストは犀川、喜多、大御坊、木原。晩餐の席で木原に続き、大御坊の不思議な体験が語られた。その謎を解いたのは-(表題作)。ほかに「ぶるぶる人形にうってつけの夜」「誰もいなくなった」など、長編シリーズのキャラクタが活躍する8編を収録。

どちらかが魔女〈森博嗣シリーズ短編集〉 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美しい構成。
    読み終わってからの余韻。
    何度も読みたくなる一冊でした。

  • 他の短編集に掲載されていたシリーズもの(S&M、V、G)だけを抽出してまとめたものです。
    再構成したことにより、最初と最後の物語の繋がりが鮮やかになっています。

  • 読み終わった、と思ったけど、また最初を読み返さないと終われない。

  • 読んだことあるやつだーってがっかりしてたけど、最後まで読んで、この流れと、題名と、うわー!!!って感じ。すごいな。
    キャラクターの時代がごっちゃになってたけどスッキリしたー。

  • 元お嬢様で現役マダムの睦子よりも少しマシなくらいなんだ、萌絵の料理の腕前…。ほんとうに結婚する気あるのか…。というか萌絵が不運なほど料理できないってあるんだろうか?料理は手先の器用さと頭の良さが必要な家事だが、その2つは優秀な理系の生徒なら持ってるはずだと思うんだけど。実験の授業の時とかどうしてたんだろう?お医者さんの正体の目星は容姿描写を読んだときに気がついた。というかあの人と家族になってたのね彼。

  • 人気シリーズの短編集
    佐々木夫人が印象的

  • お馴染みのキャラクター達が登場し、森ミステリィファンには堪らない短編集。
    今までに読んだことがあるものも多かったが、さすが森先生、何度読んでも楽しめる。

    「ぶるぶる人形にうってつけの夜」から始まり、「刀之津診療所の怪」で締めくくるという流れもよかった。

  • ちょっと前に読んだから、やや記憶が薄れ気味。
    西之園家のディナーに行ってみたい。

  • ウィットに富んだ短編集。お馴染みのキャラクターが大満足の物語を紡いでくれる。

  • 短篇集に収録されたシリーズ番外編をまとめた短篇集。
    どれも一度は読んだことがあるので,特に目新しさはないので流し読みしようかと思ったが,懐かしいやら面白いやらで一気読み。
    収録順が素晴らしい。
    「ぶるぶる人形にうってつけの夜」から「誰もいなくなった」で,血は争えないなぁと思いつつ,「刀之津診療所の怪」で締める。
    佐々木睦子さんが素敵すぎる。

全58件中 1 - 10件を表示

どちらかが魔女〈森博嗣シリーズ短編集〉 (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

どちらかが魔女〈森博嗣シリーズ短編集〉 (講談社文庫)はこんな本です

どちらかが魔女〈森博嗣シリーズ短編集〉 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする